2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« オートガイダーを試してみる | トップページ | 感度と露出時間 »

2014年11月30日 (日)

赤い星雲

M52_1024

オートガイダーのテスト撮影で、カシオペア座の散開星団 M52 を撮影してみた。
昨夜は半月があったので、彗星やもやもやした星雲は写らないだろうと思ってオートガイダーのテストをしてたのだけど、M52 の近くの赤い星雲は微かに写ってた。
この手の赤い星雲は天体改造カメラでないとほとんど写らない。赤い星雲を強調してみたけど、やっとこの程度。

そうそう、NexGuideの平たくて硬い昆布ケーブル(©のりきゅうさん)をガイド中、引き抜いちゃっても平気か試してみた。
結果、抜いてもガイドに支障なし。でも、光ってるボタン群が光らなくなるので、ヘタするとどこ行ったか分からなくなる危険性があるのと、ガイド中は特に昆布ケーブルも悪さしないので、抜く必要性もない事が判明。
問題なのは、次の星を探して位置合わせしてる時なので、赤道儀を動かす前にファインダーからNexGuideごと(ケーブル類は接続したまま)引き抜いて、ファインダーの十字アイピースと交換して、NexGuideは邪魔にならない場所に移動させちゃうのがいいみたい(Advanced VXのコントローラの近くに小さなカゴでもつけて、その中へ置くようにしよう)。

もひとつ思い出した。M57をガイド中、ガイド星に6.09等星を使ってたんだけど、すぐ近くにもっと暗い星が見えてたのを思い出した。NexGuideは自動的に明るい方を選択するけど(きっと星を選ぶ機能はあるはずだけど、そこまで分かってない...)、暗いほうでもガイド星に使える可能性は高い。
その星は、7.69等! NexGuide 、月のある明るい夜でも60mmØ(f/4.0)のガイドスコープで7.5等くらいが使えそう(カタログスペック通り)。

« オートガイダーを試してみる | トップページ | 感度と露出時間 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/58131101

この記事へのトラックバック一覧です: 赤い星雲:

« オートガイダーを試してみる | トップページ | 感度と露出時間 »