2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« BKP200/F800 光軸調整してみる | トップページ | フィンレー彗星 大盛り »

2014年12月24日 (水)

フィンレー彗星_20141223

フィンレー彗星(15P Finlay)がバーストして夕方8等級らしい。これは撮影せねば!ってな事で、BKP200/F800 のファーストライトを兼ねて金峰山行ってきた。

15p_20141223_2
15P(Finlay 2014) 2014/12/23 18:37:31(JST) 800mm F/4.0 ISO1600 90秒

明るい星は火星。今年はサイディングスプリング彗星も火星に接近したけど、フィンレー彗星も火星に(見かけの)接近中。

近日点の距離が約1天文単位で、2014/12/27が近日点通過のようなので、太陽からの距離は地球と同じくらいで、見かけ上、火星の方向に見えてるって事みたい。

しばらくは同じくらいの明るさで夕方見えるようなので、当面、フィンレーとラブジョイが面白そう。

パンスターズ、カタリナ、ボリソフも撮影してみたけど、特定できず(あまりマジメに撮影しなかったもので...)

D70_5070_1015
プレアデス ISO800 210秒。なんか星が卵型だけど、ガイド失敗よりも光軸あってないっぽい。

D70_5070_1016
左上を等倍切り出し。なんかみょーな形になってる。

D70_5072_1012
プレアデスをピンボケで撮影してみると、全然同心円になってない...

D70_5066_1017
M56 う~ん... やっぱ、マジメに光軸調整してみよう...

« BKP200/F800 光軸調整してみる | トップページ | フィンレー彗星 大盛り »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

フィンレーは撮れましたね、結構輝度差もありそうだし枚数重ねれば良さそうですね
やっぱ金峰山は良いですね、でも撮影ポイントはいつものところじゃないんでしょ?・・・相当西側だから

ピンボケのチェック方法があるとは知りませんでした、試してみます(^^;)

re:
フィンレー、色は出ましたが、シッポは出ませんでした。
西側の草枕の湯に行く途中です。県道1号線の横のちょっと広くなった場所なので、車のライトが結構邪魔でした...
金峰山、低空はなかなか撮影しにくいです (-_-;

こんばんは。
先日は私のブログに訪問していただき、ありがとうございました。

金峰山に行かれているんですね。市内から結構近いと思いますが、西天ならいけるんですね。
学生のときに熊本に住んでましたので、結構土地勘あります♪

写真の感じだと、光軸あってないようですね。
私のも家に届いた時点では光軸があっていなかったようです。
レーザーコリメーターがあるようなので、慣れると光軸調整は簡単だと思いますよ。
私がやっている方法は次のとおりです。

1.レーザーが主鏡のセンタマークに入るように斜鏡を調整。
2.帰ってきたレーザが、コリメーターの中心付近に入るように主鏡を調整。

これをやる前に、実際には斜鏡の回転を大まかにあわせる必要がありますが、上記で調整できるようなら問題ないのではないかと思います。
また、写真を撮ると、周辺減光が均一にならないことに気づくかと思いますが、その際は斜鏡を主鏡の光軸方向に偏芯する必要があります。(斜鏡の長径に沿って6.2mmだったかなぁ?どこかのサイトに計算式があったんだけど・・・)

同じ鏡筒使っておられるので、ぜひ情報交換したいです。
よろしくお願いします。

re:
いらっしゃいませ。こちらこそ、よろしくお願いします。
光軸調整、どうすればいいのか分からず悶々中です。ご教授頂いた方法で試してみますので、ご支援頂けると助かります。
斜鏡のオフセットは、斜鏡の中心を主鏡側に6.2mmずらした位置にセットするとの意味でしょうか?斜鏡の調整をやっていないので、まずは、コリメータの光が主鏡のセンターに行くように調整してみたいと思います。
斜鏡のネジが硬くて、スパイダーが曲がるかと思って中止しましたが、斜鏡を手で押さえながらネジを回すんですよね?...多分...(^_^;

熊本にいらっしゃったんですね!当方も長崎市はたまにウロウロしてます (^o^) 先週もお邪魔してました。

こんばんは。

>斜鏡のオフセットは、斜鏡の中心を主鏡側に6.2mmずらした位置にセットするとの意味でしょうか?
はい、そのとおりです。

書き忘れていたのですが、うちに届いた時点では斜鏡が鏡筒の中心からずれていました。
なので、私のBKP200/F800の場合、スパイダーの張りを調整して斜鏡を真ん中に持ってくるところから調整しなおしています。
このときには、斜鏡にマジックでセンターマーク(小さな点)を入れて、チェシャ式(小さな穴の開いただけのアイピース、屈折用でも可)のツールで接眼部からのぞきながら調整しました。
その後はレーザーでOKだと思います。

スパイダーのネジも斜鏡の調整用ネジも、メチャクチャ固く締めてありました。最初は斜鏡台座を手で押さえて恐る恐るまわしましたが・・・、最近はそのまま力ずくでやってます(汗)
ちなみに、斜鏡の調整ネジの方は、あまり固いようなら中心のネジをちょっとだけ緩めるといいですよ。緩めすぎると・・・自重でいきなり回転しちゃいますが・・・。

re:
コリメータの光を斜鏡経由で主鏡に当ててみたら、センターマークからバッチリ(?)ズレてました (^_^;
六角レンチでちくちくやって、主鏡のセンター(付近)に当たるようにして、その後、主鏡を調整してコリメータのセンターに戻るように調整してみました。
これで試してみたいと思います。
斜鏡の中心はよく分からないので、センタリングアイピースを入手して確認してみたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/58355886

この記事へのトラックバック一覧です: フィンレー彗星_20141223:

« BKP200/F800 光軸調整してみる | トップページ | フィンレー彗星 大盛り »