2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月31日 (火)

年度末

年度末。

なんか知り合いが結構、依願退職だったりして、年功序列だと、そろそろ引退してもいいよね?的な。

あ~、さっさと引退して縁側で猫の背中を撫ぜながら、茶飲んだり、夜な夜な望遠鏡持って徘徊したりしたいぃぃぃ

R0015593
本音ばかり書いててもしょーがないので、シュミカセ用グッズ。
電池で動くせんぷーき的なモノ。

使う時は、ビンに液体を入れたりする時に使うジョーゴも併用する。

C5の接眼部を外して、ジョーゴの先を突っ込んで、こいつで強制換気。C5は小さいので1分も回せば、外気といい感じで混じるんぢゃね?的な。

直焦点撮影しかしてないので、どのくらい効果あるか分かんないけど、まぁ、激しく温度差があるよりはマシになるんぢゃないかな?と思う。暑くなったら事務所で自分用にしよう。

2015年3月30日 (月)

撮影できずに悶々の巻

週末、それなりに晴れてたけど、京都でトドメを刺した風邪で寝込んでて無理して遠征したら肺炎なりそうなくらいに体調悪かったのだけど、やっと少しマシになった。
にも拘らず、晴れそうな雰囲気がない。どんどん天候は悪化して、明後日くらいは雨かもね?って感じ。そうこうしてる間に満月になってしまいそう。

晴れたら明け方に回ってきたラブジョイ彗星(C/2014 Q2)をそろそろ撮影してやらないと明るい時には、ウジャウジャいた撮影者もめっきり減ってきた頃だろう。

明け方、その他気になってるのは、サイディングスプリング彗星(C/2013 A1)とハウエル彗星(88P)だったのだけど、またしてもスワン彗星が湧いたらしい。今度は C/2015 F3。先日のC/2015 C2 と同じくらいの明るさっぽい。ベランダからでも13等級なら、なんとか写せそうなんだけど...

まだ、ステラナビのデータも配信されてないようなので、おおよその位置は、カシオペア座付近。

C2015f3_0401
2015/04/01 4:00

C2015f3_0408
2015/04/08 4:00

C2015f3_0415
2015/04/15 4:00

C2015f3_0422
2015/04/22 4:00

C2015f3_0420
2015/04/20頃、ラブジョイ彗星と接近して300mmだと同時に写せるっぽい。ただ、7等級と15等級くらいになってるかも知れない。300mmで15等級の彗星を見つけるのは、かなり難しいかも...

軌道要素は、MPCのものを使ったけど、ステラナビの入力間違えてたらゴメンナサイ。

しばらくは晴れそうにないんだよねぇ... orz

2015年3月28日 (土)

体重測定_20150328

相変わらず拒食中 (-_-; そろそろヤバい

R0015601

こっちは重い

R0015602

_20150328

2015年3月27日 (金)

風邪悪化する

今週初めから風邪っぽかったけど、京都出張でトドメを刺してしまったようで、ノド痛くてしょうがない。しんどい。高熱は出てないけど、無理したら寝込む予感したので、今朝は快晴だったけど、撮影も諦めて、仕事もサボって寝て過ごした。

2015年3月25日 (水)

また上洛する

また京都。前回はギリギリであちこちの駅で走ったので、今回は朝便で飛ぶけど、これが8時のフライトなので、6時前に出発しなきゃならない。

もちょっといい時刻に飛んでよ...

2015年3月23日 (月)

春はあけぼの

春は空気が濁っちゃうけど、今朝は、半分春だった。

R0015599
西側。モヤモヤ。山は良く撮影に行く金峰山から続いてる山。金峰山のちょっと北に当たる方向。モヤモヤは霧かも知れないけど、今朝はPM2.5が基準値超えてたらしいので、その手のモノかも。

R0015598
北西。遠くの山は全然見えない。

R0015597
北側。県境くらいの山が見え始める。

R0015596
北東。阿蘇の外輪山がクッキリ見えてたので、こっち側は比較的透明度が良かったみたい。

20150323_151724
昼間、職場から見た東側。阿蘇の噴煙が見える。白っぽくて、あまり火山灰っぽくない。噴火した時は、もっと高くまで黒い噴煙が昇る。
で、噴煙方向に火口があるのだけど、中央火口丘はちょっとしか見えてなくて、外輪山が見えてる。
外輪山に並んでる白い棒みたいのは風力発電の塔で、この一番左側の塔の下付近が最近ちょくちょく行ってる俵山の撮影ポイント。俵山自身は、写真の右側に大きく写ってる山。


全然関係ないけど、先日、広島で世界の山ちゃん行ったら、熊本店が10周年って貼ってあったけど、くまモンがくまモンに見えなかったので撮影してきた。
20150318_173725

2015年3月22日 (日)

続々・C5で試し撮り

週末晴れたから、これは撮影しなくちゃね...ってな感じで、俵山行ってきた。
扇坂展望所で撮影しようと準備してたら、山火事だよ!...いやいや、阿蘇は野焼きのシーズンだってんで、ぐぐってみたら、麓の萌の里で山の神まつりってので、野焼きらしい。おかげで、20時過ぎまでかなり明るい... で、その後撮影してて、ヒマになったので、らっぱさんのブログみたら、その山の神まつりの写真が... 知らずに接近遭遇してたようで...

野焼きのせいばかりではなく、桜も咲いて春になっちゃったので、透明度の悪い空で、う~んな写真ばかり...
C5、銀河は細かな構造が写るけど(M63なんて、BKP200で撮った写真と比べるとディテールがすごくはっきり分かる)、彗星は分かりにくい。彗星にはBKP200の方が像は小さくても分かりやすい写真が撮れるので向いてるって感想... 冬の空と春の空の差かも知れないけど。
とにかくf/10は暗く、f/4の4倍くらい露出しなきゃならないので、撮影中、とってもヒマになる。

C2014w11_20150321crop
パンスターズ彗星
C/2014 W11 (PanSTARRS)  2015/03/21 20:39:54 1250mm f/10 ->trim.2500mm ISO6400 240sec*4

32p_20150321crop
コマス・ソラ彗星
32P/Comas Sola 2015/03/21 21:20:12 1250mm f/10 ->trim.2500mm ISO6400 240sec*4
右側の銀河はNGC3650 15.0等

22p_20150321crop
コプフ彗星 22P/Kopff  2015/03/21 22:46:01 1250mm f/10 ->trim.2500mm ISO6400 360sec*4

C2013v2crop
ボリソフ彗星  C/2013 V2 (Borisov) 2015/03/21 23:36:51 1250mm f/10 ->trim.2500mm ISO6400 360sec*4

C2013a1_20150322crop_2
サイディングスプリング彗星  C/2013 A1(Siding Spring) 2015/03/22 00:40:22 1250mm f/10 ->trim.2500mm ISO6400 360sec*4

M96_2crop
M96 1250mm f/10 ->trim.2500mm ISO6400 360sec*4

M63crop
M63 1250mm f/10 ->trim.2500mm ISO6400 360sec*4

M109crop
M109 1250mm f/10 ->trim.2500mm ISO6400 360sec*4

2015年3月21日 (土)

続・C5 で試し撮り

いまいちな天気だったので、またも金峰山でC5の試し撮り。

M1_2crop
で、またも、カニ星雲。ISO6400 240sec*4 1250->2500mm で、前回のカニ星雲(150sec*4)がこちら
M1crop
う~ん?どうなんでしょうねぇ...

M97crop
で、フクロウ星雲 ISO6400 240sec*4

M82crop
M82 ISO6400 240sec*4 M82はなかなか激しい形相
M82_2crop
中心部が潰れちゃったので再処理してみた
今回はISO6400で240秒で撮ってみたけど、北側もちょっと光害があったので微妙。まぁ金峰山だとこんな感じ。
対象がどこにあるか分かってる天体だとC5でもそんなに難儀しないで導入できるようになった。AdvancedVXの正確なGOTOでやれば、そこそこの精度で導入できるみたい。

4分で4枚撮影すると、それだけで16分。オートガイドの準備とかやってると30分くらいで1対象くらいになっちゃうので、BKP200を使って、ちゃっちゃと撮りまくるのと違って、かな~りヒマ。いつも2時間くらいで50~60枚は撮影してるのに、今日は19枚しか撮影してなかった。

 


春になったうえに露出時間が伸びたので、ノイズが明らかに増加した。これでまダーク補正しなくても気にならなかったノイズが気になるようになったので、YIMGでダーク補正。

D70_5935
ダークを等倍で切り出し
D70_5927
フクロウ星雲を撮影したものから等倍切り出し
D70_5927crop
ダーク補正後。うまくノイズは消えてくれたようで、メデタシ


D70_5917cropcrop
ホームズ彗星(17P/Holmes) バーストしてないかな?と思ったけど、検出できず。周囲の17等級の恒星は確認できるけど、多分、15等級以下なのだろう。
2015/03/20 20:05:27 ISO3200 300sec f/10 1250mm->5000mm相当にトリミング

2015年3月20日 (金)

追っかけた彗星たち 2014年度

年度末なので、今年度撮影した彗星たちを纏めておこうと思い立った。けど、昔の記事を追いかけるの、けっこー難儀だなぁ...

旧パソコンがアレしちゃって、画像データのバックアップないので、昔の記事の写真へリンクしなきゃならない...


D70_2338_522
ジャック彗星 C/2014 E2(Jaques) 2014/08/22 11:59:30 300mm f/5.6 ISO6400 30sec
ナノ・トラッカーで無謀にも300mmを載せて撮影してた頃。

Oukaimeden_201409083
ウカイメデン彗星 C/2013 V5(Oukaimeden) 2014/09/07 05:09:34 300mm f/5.6 ISO1600*4
ベランダで撮影。そもそも、彗星を撮影しようと思ったのが、自宅ベランダから東側がよく見えるので、明け方の彗星を撮影できるかも?ってのがきっかけ。でも、ものすごい光害...

Panstarrs_20141004_3_1024
パンスターズ彗星 C/2012 K1(PanSTARRS) 2014/10/04 04:31:47 300mm f/5.6 ISO6400 30sec*10
まだ、ナノ・トラッカーで苦行中の頃。何も見えないカメラのファインダー。勘で写した星の位置から導入って今では考えられない高度な技(?)を駆使してた頃

C2014q2_20141123
ラブジョイ彗星 C/2014 Q2(Lovejoy) 2014/11/23 03:08:20 600mm ISO12800 45sec*16
ED80sf + AdvancedVXを導入。まだオートガイドしてないので、無理やりな高感度で短時間撮影してた頃

Sidingspring_20141122crop
サイディングスプリング彗星 C/2013 A1(Siding Spring) 2014/11/22 18:27:15 600mm ISO1600 30sec*3 1200mm相当にトリミング
火星に接近で騒がれたけど、その頃はほとんど撮影できなかった。その後、バーストしたようで、たまたま撮影したら、バースト直後だったようで明るく写って驚いた。

C2014q3_20141122_1024
ボリソフ彗星 C/2014 Q3(Borisov) 2014/11/22 19:00:26 600mm ISO6400 30sec*9
C/2014Q3は淡く広がっていて、撮影が難しかった。この頃は阿蘇の草千里に遠征。あそこはいい場所だったので、早く噴火が静まってくれるといいのだけど...

この後、ブログが容量オーバーしてしまったので、シーズン2に突入

C2013us10_20141214
カタリナ彗星 C/2013 US10(Catalina) 2014/12/14 18:55:50 600mm f/7.5 ISO6400 30sec*2 1200mm相当にトリミング。この頃、NexGuideは装備してたけど、この写真では使ってない。

15p_20141223_2
フィンレー彗星 15P(Finlay 2014) 2014/12/23 18:37:31 800mm F/4.0 ISO1600 90秒 BKP200のファーストライト

32p_20141231_800crop
コマス・ソラ彗星 32P/Comas Sola (2014) 2014/12/31 04:51:34 800mm f/4 ISO1600 150sec*4 1600mm相当にトリミング

C2014r1_20150103
ボリソフ彗星 C/2014 R1 (Borisov)  2015/01/03 05:18:07 800mm f/4 ISO1600 90sec*2+150sec*2

201p_20150209crop
ロニオス彗星 201P/LONEOS 2015/02/09 19:50:32 800mm F/4 ISO6400 30sec.*4 1600mm相当にトリミング

110p_20150213_800
ハートレー第三彗星 110P/Hartley-3 2015/02/13 20:12:52 800mm F/4 ISO6400 30sec.*4 1600mm相当にトリミング

C2014w11_20150227_800
パンスターズ彗星 C/2014 W11 (PanSTARRS)  2015/02/27 01:39:01 800mm f/4.0 ISO3200 60sec*4

C2013v2_20150227crop
ボリソフ彗星 C/2013 V2 (Borisov) 2015/02/27 02:42:31 800mm f/4.0 ISO3200 1600mm相当にトリミング

C2012f3_20150227crop
パンスターズ彗星 C/2012 F3(PanSTARRS) 2015/02/27 04:06:51 800mm f/4.0 ISO6400 60sec*4 1600mm相当にトリミング

88p_20150227crop
ハウエル彗星 88P/Howell (2015)  2015/02/27 05:12:34 800mm f/4.0 ISO6400 60sec*4 1600mm相当トリミング

D70_5840crop
スワン彗星 C/2015 C2 (SWAN)  2015/03/12 19:20:05 800mm f/4.0 ISO1600 20sec 1600mm相当にトリミング

22p_20150321crop
コプフ彗星 22P/Kopff  2015/03/21 22:46:01 1250mm f/10 ->trim.2500mm ISO6400 360sec*4
この記事を書いてる時は年度内に新しい彗星を撮影することはないだろうと思ってたけど、うっかり(?)これを撮影しちゃったので、追記。

半年くらいで、固定撮影->ナノトラッカー->赤道儀->オートガイド->20cm反射と有り得ないスピードで拡張したけど、やっと撮影環境が安定したので、来年度はじっくりと撮影したいなぁ~

2015年3月18日 (水)

筋肉痛になる

両足の太ももが筋肉痛で難儀。

はて?何したかな?と思ったら、NexGuideの修正状況を確認して脳内変換してグラフ化してる間、ずっと中腰だったのが怪しい。

あ、その前にC5の光軸を調整して、30分くらい中腰でウンウン唸ってたんだった...

天体写真は体力勝負です... (-_-;

2015年3月17日 (火)

ラブジョイ彗星_20150316

夜中から晴れるGPVだったけど、夕方から晴れてきたので、例のC5鏡筒を使って、光軸調整とピントの確認とAdvancedVXのバックラッシュ調整を兼ねてフィンレー彗星とラブジョイ彗星を撮影しようと金峰山へ。
夕方、気温は15℃を越えてたし、21時過ぎに撤収する時でも12℃もあって、一気に春。コートなくても大丈夫なくらい暖かくなってた。

で、まずは光軸調整。

D70_5888_01
シリウスを使ってピンボケリングの同心円を調整。まぁ、難しいですわ...
BKP200だと主鏡と斜鏡があって、これはこれで大変だったけど、C5は主鏡の調整だけ。で、ネジ3つ。押すのと引くのがある訳ではなくて、ネジ3つ。潔いのだけど、慣れないせいもあって、とても難しい... とりあえず、バウムクーヘンになるまでに30分もかかってしまって、おかげでスワン彗星の撮影チャンスを逃してしまうほど(まぁ、低空は空気濁ってて無理だったと思うけど)。
ちょっと調整すると中心からズレるので、赤道儀で動かして中心に移動させて、ちょいと修正して赤道儀動かしてを延々繰り返して、いい加減気絶しそうになったので、これで勘弁してください...

で、フィンレー彗星を撮影するために、NexGuideを使って、オートガイド。

15p_20150316
フィンレー彗星
15P/Finlay  2015/03/16 20:04:37(JST) 1250mm f/10 ISO6400 90sec 無加工
写ってるのか写ってないのか微妙なくらいしか写ってない... う~ん...

光軸調整の結果とピントを確認するために、等倍切り出し。
D70_5897
で、比較のために、先日のBKP200の像の等倍↓
D70_5874
試し撮りの時よりも改善されてる。ピントが合っただけかも知れないけど...
バーティノフマスクで、ピント合わせて、ピントエイドの値は0.2なので、試し撮りの時と同じだけど、改善したっぽい。バウムクーヘンをもちょっと調整できるかも知れないけど、シーイング悪いから、とても難しい... 人工星作ってやってみるかなぁ...

ガイドは90秒でも卵型になってないので、うまく行ってるっぽい。DEC側のアンチバックラッシュをPositive, Negativeとも50に設定。RA側は反転させるとスグ反応したけど、DEC側は4秒くらい無反応だったので、大きくしてみた。たまにピョンと飛ぶけど、25くらいだと4秒無反応が解消しなかったので、とりあえず、50。で、NexGuide動作中に観察したら、アンチバックラッシュが0設定の時は、++++++++-------って感じに大きな振幅してたのが、++-+-+--的なRAと同じように小刻みに+-が変わるようになったので、効果ありと判断。NexGuideの画面見ながら、脳内でグラフに変換する技を習得した(?)

D70_5909
ラブジョイ彗星
C/2014 Q2 2015/03/16 20:45:02(JST) 1250mm f/10 ISO6400 90sec 無加工
明るい星はルクバー。暗い筒だとシッポ写りにくいのかなぁ...

で、1250mmになったら、800mmより微細な構造が写るかのテスト

M1 カニ星雲

カニ星雲(M1)。以前 BKP200で撮影して、1600mm相当にトリミングしたもの。

M1crop
ISO6400 150秒*4枚合成して2500mm相当にトリミング。露出不足が功を奏したのか、ディテールがハッキリしたような気がするよ... (周辺部は星がドーナツ型になってるのでトリミングしちゃう)

M81crop
M81 ISO6400 150秒*4枚合成して2500mm相当にトリミング。すげぇ。M81がまるでアンドロメダ大星雲的なサイズだよ...

C5。使い方によっては、面白いかも知れない。けど、彗星を撮るにはちょっと導入が厳しい。中心像は綺麗だけど、周辺部はダメ(コマコレ付ける気はないし)。
彗星はBKP200を使って、銀河はC5を使うって使い分けが無難なところかな... f/10はさすがに暗くて、ISO6400でも150秒では足りない感じ。
アンチバックラッシュ補正が効いたようで、1250mmでもなんとかガイドできるっぽい。

撮影時も15℃近くあったからか、ノイズがめちゃ増えてますなぁ... D7000、ノイズ割と少ないと思ってたけど、暖かくなると、やっぱ出ちゃうかぁ...

2015年3月16日 (月)

新幹線

北陸新幹線が開業ってんで、イロイロ盛り上がってるらしい。
2年くらい前、金沢は仕事でうろうろしてたけど、金沢駅とか大騒ぎだったんだろう。

九州新幹線の開業の時、東京に居たので、盛り上がったたかどうか分からない。思い出した、前日に例の地震が起きて、TVはぽぽぽぽ~んしか言ってなかった時期だ。

2015年3月15日 (日)

体重測定_20150314

暖かくしようとして、ケースの上からフトンを被せたら、いつも寝てる連中がさらに寝るようになって、すのーるんまで食欲が低下... 今日からオープンに戻そう...

R0015586
なんか、沖縄の野生のトカゲモドキ的な体型になってきた すのーりん、そろそろダイエット止めて欲しい...

R0015587
どう見てもメタボな すのーるん

2015年3月14日 (土)

こうやって、彗星を同定してます

ラブジョイ彗星みたいに明るかったら、何も悩まなくていいのだけど、暗い彗星を撮影すると現場では写ってるかどうか分からないので帰って悩むことになります。

写ってるかどうか分からないし、彗星みたいなモヤモヤ像があっても小さな銀河だったりするので、いつも、脂汗垂らして同定してる訳です...
で、らっぱさんも同定に難儀されてるようなので、私がやってる方法はコレです...てな訳で記事にしちゃいます (^_^;

まずは、ステラナビゲータで撮影日時を合わせて写野角付けて表示
201p_1
で、ググっと寄って
201p_2
写真に写ってるであろうと思われる目印の星の並びを見つけます。
201p_2b
丸印をした3つの星の並びがちょっと特徴的かな?良くやる方法は比較的明るい星を結んで作った三角形の組み合わせです。
201p_3b
これらの三角形を目印に写真をみます。写真は撮ったまま、加工無をRAW出力してWindowsのフォトビューアで見てるだけ(なので、回転は脳内変換してるのが、ちょっと職人芸)
201p_1_2
800mmのトリミング無の写真。これが実際に同定に使った写真で丸印は同定した時に書き込んだ印。
201p_1b_2
写真を(90°単位に)回転させて目印を探します。
201p_2b_2
ググっと寄って、目印の三角形を頼りに探します。
D70_5868crop
等倍で切り出してみると、ちょっと緑色でモヤモヤ感があるので、彗星で大丈夫かな...と思って自分を納得させます。
201p_20150312crop2
合成した写真だと緑色感が消えて、恒星像みたいになっちゃうので、逆に分かりにくくなってます...

ロニオス彗星_20150312

また3/12に撮影したものの続き。そうそう、俵山、夕方到着した時、ドローンを飛ばしてる人がいた。
と、中華パソコンが遅くなる事象が再発したので、有線マウスにしたけど、やっぱりダメ。で、タスクマネージャで調べたら、Intel Technology Access ってのがCPUをブリブリ使ってたので、サービスを停止させたら、サクサク動くようになった。
このサービスが何してるか知らないけど、停止しても不都合はないようなので、サービスを手動起動に変更して無線マウスでも無問題で動くようになった。やれやれ。

201p_20150312crop
ロニオス彗星
201P/LONEOS 2015/03/12 20:39:26(JST) 800mm f/4.0 ISO3200 60sec*4 1600mm相当にトリミング
先月より暗く小さくなった感じ。

32p_20150312crop
コマス・ソラ彗星
32P/Comas Sola 2015/03/12 21:20:17(JST) 800mm f/4.0 ISO6400 90sec*4 1600mm相当にトリミング
相変わらずシッポのある彗星らしい姿。で、相変わらず周囲は紛らわしい銀河だらけ。

M95
M96(左側)とM95(右側)。なんで、こんな隅っこで写してしまったんだろう...orz
ISO6400 90sec.*4 ISO6400で90秒露出しても真っ白ではなかったので(青白いけど)、結構空暗い。

M95crop
M95をトリミングしてコントラスト強調

M96crop
M96をトリミングしてコントラスト強調

外側の腕をハッキリさせたいから、もちょっと露出したいトコロだけど、ISO6400で90秒でも結構白くなっちゃうしなぁ...厳しいなぁ...

昨日のラブジョイ彗星、周辺減光がキツかったので、バックグラウンド補正してみた。
C2014q2_20150312_2
周辺減光と一緒にシッポも消えちゃった (-_-; むむむむ

C2014q2_20150312_3crop
DSSで60秒を10枚... YIMGで4枚と大差ない...

2015年3月13日 (金)

フィンレー彗星_20150312

昨日の続き。スワン彗星の次にフィンレー彗星を撮影。

15p_20150312crop_2
フィンレー彗星
15P/Finlay  2015/03/12 19:29:05(JST) 800mm f/4.0 ISO3200 45sec*4 1600mm相当にトリミング
フィンレー彗星はとても暗く淡くなった。遠ざかっているしバーストが終わって本来の明るさに戻ってきているのだろう。

今朝起動したら、例の中華ノートが異常に遅い。ウィルスチェックが走ってるかのような遅さ。どうも、マウスを動かした時に特に負荷がかかってるっぽい...
う~ん?
あまりに重いので、無線マウスのUSBレシーバーを引き抜いて再認識させたら、快適に動くようになった。無線マウス便利だけど、変な事が起きるってのを学習。
とりあえず良かった...

気を取り直して...
C2014q2_20150312
ラブジョイ彗星
C/2014 Q2 2015/03/12 19:29:05(JST) 800mm f/4.0 ISO3200 60sec*4
北西方向も光害がかなりあったけど、辛うじてシッポ写ってくれた。
D70_5862
加工前。光害の影響だろうと思うけど、すごく赤っぽい... 他の方向はこんなに赤みを帯びてないんだけど... ラブジョイ彗星を撮影しようとして、オートガイドがロストしまくるので難儀した。この赤みと関係あるのかな...

2015年3月12日 (木)

スワン彗星_20150312

晴れるGPV予想だったので、俵山の扇坂展望所へプチ遠征。

ラブジョイ彗星がどうなったかも気になってたけど、蒸発しちゃったソーホー彗星(C/2015 D1 (SOHO))同様に気になってるスワン彗星(C/2015 C2 (SWAN))を狙ってみたいと思ってた。
  ただ、予想光度は12等級。夕方の超低空で薄明が終わる頃には、高度は10°を切るし、西側だからモロに熊本市の光害の方向なので滅茶苦茶無謀な挑戦。

で、これ。

C2015c2_20150312crop
スワン彗星
C/2015 C2 (SWAN)  2015/03/12 19:20:05(JST) 800mm f/4.0 ISO1600 20sec*4
緑色のぼんやりした像が確認できたので、逆にビックリ。
スワン彗星ってタイトルで記事書いて、やっぱり写りませんでしたチャンチャンのハズだったのだけど。

D70_5840crop
加工してない1枚画像を1600mm相当にトリミング。緑のもやもやで、こいつぁ彗星だぜぇって像。

今日は疲れたので、このくらいで勘弁して...

2015年3月 9日 (月)

上洛する

明日は久しぶりに京都出張。

出張パックって航空券とホテルがセットになったのを使えって話だったので使ったら、搭乗便もホテルも第二候補。
ギリで伊丹空港着なので、飛行機遅れたら遅刻しそう...
ホテルも以前定宿にしてた東洞院押小路ではなくて、四条大宮。しかも喫煙 (-_-; しょうがないのでリセッシュ持って行こう。

便の変更もできないし、お客さん先への出張には出張パック使いものにならない。まぁ、そんな気はしてたけど。学習した。

2015年3月 8日 (日)

C5 で試し撮り

満月はあったけど、うまくガイドできるのか確認してみた。

まずは光軸のチェック。

D70_5819
同心円なので、問題なさそう。

D70_5829
カペラを使って、バーティノフマスクでピント調整。ピントを調整するツマミが細いので結構シビア。ピント合わせはBKP200の方が圧倒的に楽。f/10はf/4より暗く(当たり前)、一等星でないとピント合わせは厳しい感じ(もっと暗い星だと3つ並んだ点で調整することになるので、物凄く難しくなる)。
この写真をピントエイドでチェックしてみたら、0.2。とりあえずチェックするには十分な精度だと思う。

D70_5824
ぎょしゃ座のM36(だったと思う)をISO3200で30秒。オートガイドしないと結構流れる...

D70_5826
ISO1600で210秒。オートガイドすると点像になってくるっぽい。

D70_5826_01
等倍で切り取ってみた。少し流れてる。それより像の甘さが気になる。

D70_5823
30秒で撮影して等倍で切り取ったもの。

D70_5772
比較のため、BKP200で撮影したものを等倍で切り取ったもの。撮影条件が色々違うから一概に比較できないけど、C5の方がかなり像が甘い傾向にあるのは間違いなさそう。

D70_5823_01
カペラを30秒。ゴースト出る。光軸が合ってないから?

D70_5830
ガイドなしでISO1600 30秒。反対側だったけど、満月があるのに1600で30秒くらいだとかなり黒い。

D70_5831
ISO800で300秒。オートガイドすれば、300秒でも大丈夫っぽい。

D70_5831_1
ガンマ補正してレベル調整してみた。かなり周辺減光が目立つ

D70_5831_2
YIMGでバックグラウンド補正あり。バックグラウンド補正すれば、かなり改善される。

D70_5831_3
PhotoScapeでシャープを強くかけてみると、BKP200の像っぽい雰囲気になった。この状態で周辺部は捨てて中央だけトリミングすればいい感じになるかも知れない... う~ん...

D70_5831_01
中心部を等倍切り出し。ガイドは、大丈夫っぽいけど...う~ん...なんかピンボケ感がある...

Photo_2
周辺部は変なカタチなので光軸があってない?

赤いスポットのファインダー使ってみたけど、アライメントも厳しいって感想。あのファインダーで1250mmに導入するのは、かなりの慣れが必要な感じ...
う~ん... これは彗星に使うには厳しいかな... 狭いベランダでも安心して使えるって利点はあるのだけど...

撮影風景。満月がいたので西側。ベランダではなく階段の踊り場。ベランダよりさらに狭いので、この場所でBKP200を振り回すのはとても大変。それに比べたら、楽にはなる。

20150307_235211

20150307_235548

20150307_231222
ガイド中のNexGuide。EXP100でBRIが激しく変動。結構風も強かったし、星はかなり瞬いて状態は芳しくなかった。EXP200まで上げると、全体にノイズが乗って使えないような環境。

2015年3月 7日 (土)

バックラッシュを確認してみる

1250mmなんちゅー無謀なモノを入手したので、バックラッシュを確認してみようと思った。
で、のりきゅうさんのブログを参考にしてやってみたら、部屋が狭いのでスマホを10mも離すことができず、ピントが合わないってオチ...
で、赤道儀を夜中にゴソゴソ移動させる気にもならず、夜景を使って確認してみた。

RA側は反対方向に動かしても、結構ちゃんと反応してるので、無問題っぽい。DEC側は反対方向どころか動かし始めからして、2秒くらい待って動く事が頻発。毎回起きる訳ではないようだけど、一呼吸置かないと動き始めない。
ははぁ、これがバックラッシュってヤツですかいのぉ?
ただ、1~2秒くらいで反応するので、バックラッシュ補正するかどうかで悩んで、とりあえず、何もせず放置。
1250mmで実際に撮影してみて調整しようかな...と。


撮影アダプターSCが到着したので、とりあえず地上の景色を撮影してみた。

D70_5816
地上の景色を撮っても、結構な周辺減光でてますなぁ...

D70_5816_3
YIMGでバックグラウンド補正してみた。

D70_2937_629
古い記事の写真に上でテストに撮影したアンテナの写ってるの見つけた。下の方の真ん中付近にあるアンテナ。これは標準レンズくらいの画角だと思うので、1250mmってのが、ものすごい望遠だって実感できた。

満月はあるけど、晴れたらテストできるけど、なんか期待薄な天気...
GPVだと19時頃から晴れそうだけど... う~ん?

2015年3月 6日 (金)

体重測定_20150228

すのーりん、全然食べない。結構痩せてきた (-_-; いい加減、強情張るの止めて欲しいなぁ...

R0015578

すのーるんは底なし食欲

R0015580

_20150228

2015年3月 5日 (木)

鏡筒を比較してみる

ネットオークションで入手した鏡筒をBKP200と並べてみた。

R0015585
こんなに違う。こりゃ、軽いはずだ。こんなに差があるのに、近い写真が撮れたら嬉しいとか、随分厚かましい事を考えてたもんだと、ちょっと恥じ入る。
当面月があるので厳しいと思うけど、晴れたら両方持ち出して同じ日に比較写真を撮ってみるのも面白そう。
あ、直焦点用のパーツの入手が先だけど...

2015年3月 4日 (水)

人柱になってみる

最近、小さな彗星、コマス・ソラ彗星だのボリソフ彗星だのサイディングスプリング彗星だのを撮影するにつけ、もちょっと焦点距離長くしたら、どうなるんだろうか?と思ってた。
普通に考えると焦点距離長くしてf値が大きくなると淡い彗星は写りにくくなるような気はするけれど、暗い場所で月もないのに色々と見えてしまうくらいに明るい(光害に満ち溢れた)空だと、どうなんだろう?とも思った。
以外と暗いレンズでもイケるんぢゃね?ってな軽いノリでネットオークションで入手。

R0015584
セレストロンのC5鏡筒(だと思う)。127mmΦ, 1250mm, f/10  こいつを直焦点で使ってみようって魂胆

セレストロン T-アダプターSC用 ってヤツを使って、Tリングを付ければ良さそう(よく分かってない)

SC用レデューサを付けて f/6.3 にすると明るくなる的な記事を見かけるけど、焦点距離が 788mmになっちゃうぢゃん。そんな事するくらいなら、素直に800mm使いまんねん。

とりあえず、直焦点にするまで、何も確認できません... 200mm f/4 より圧倒的に小さくて軽いのだけは分かったけど(当たり前)

2015年3月 3日 (火)

彗星の撮影タイミング

彗星を撮影してて悩むのが撮影タイミング。普通の星雲・星団なら撮影するにも適した日時があると思うけど、彗星は期間限定だし、太陽の近くにいる時期が明るい時期だったりするので、面倒くさい。
低空は空気が濁ってるのだけど、高い位置に来ると夜明けの影響で空が明るくなる。
どっちも彗星みたいな淡い天体を見えにくくするので、どっちの状態で撮るか?で悩む。
で、先日のボリソフ彗星(C/2014 R1)は、3:50頃と5:20頃の2回撮影したので比較してみた。

まず加工前の1枚写真の比較。

D70_5770
3:52 高度24°

D70_5799
5:22 高度37°

どちらも ISO6400 60秒 5:10頃撮影した写真に比べ青いけど、5:40頃撮影した写真ほど真っ青でもないので、薄明が始まった頃だと思うけど、この2枚を比べると高度を稼いだ方が微光星もはっきりするっぽい。
5:22の方が撮影条件は良かったようで、その後90秒で撮影している。

両方の時間帯から4枚ずつ使って合成したものを彗星付近を等倍で800ピクセルくらいトリミングしてみた。

C2014r1_20150227_0352crop_2
3:52

C2014r1_20150227_0524crop
5:24

60秒 VS 90秒の影響が大だと思うけど、5:24がハッキリ写ってる。

2015年3月 2日 (月)

バックグラウンド補正

YIMGのバックグラウンド補正はなかなか便利で周辺減光を軽減できてフラットを撮影する必要もない。
32p_20150227_1
先日のコマス・ソラ彗星をバックグラウンド補正しなかった場合

32p_20150227_j_800
バックグラウンド補正した場合。劇的効果と言ってもいい。

今度は、C/2012 F3 を撮った写真の場合。こちらはM16の近く。

D70_5777_a
バックグラウンド補正しなかった場合

D70_5777_b
バックグラウンド補正した場合。赤い星雲はカブリと誤認してすぽこんと抜け落ちるっぽい。まぁ、確かに紛らわしいしね。

彗星の淡い部分は影響を受けるのだろうか?コマス・ソラ彗星の写真を800ピクセルくらいトリミングして比較してみよう。

32p_20150227_a
バックグラウンド補正なし

32p_20150227_b
バックグラウンド補正あり。淡い部分は少し消えちゃいますなぁ...

2015年3月 1日 (日)

M63銀河

超早朝出勤の時、ついでに撮影したもの

M63crop_800
M63銀河 800mm f/4 ISO3200 120秒×8 1600mm相当にトリミング 先日の記事のパターンAで処理

M63_2crop
パターンBで処理 淡い部分は弱くなるけど、ザラザラ感が少ないので、こっちの方が好み

M63_1360_2
トリミングする前の800mmのままを壁紙用にリサイズしてみた

M63_1360_filtered_2
Neat image でノイズ除去してみた

M13crop_800
M13 球状星団 800mm f/4 ISO6400 60秒×4 1600mm相当にトリミング

M13_1360_filtered
こちらも同様に Neat image で処理。M63はちょっと小さいけど、M13は800mmのままが壁紙にはいいかもかも。

M13_2_1360
バックグラウンド補正してパターンBで処理。
ザラザラ感が減るので、Neat Imageで処理してない。
中心部潰れてないのでツブツブ感が残ったかも。
控えめなパターンBでガンマ補正するほうが好みかなぁ...

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »