2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 彗星の撮影タイミング | トップページ | 鏡筒を比較してみる »

2015年3月 4日 (水)

人柱になってみる

最近、小さな彗星、コマス・ソラ彗星だのボリソフ彗星だのサイディングスプリング彗星だのを撮影するにつけ、もちょっと焦点距離長くしたら、どうなるんだろうか?と思ってた。
普通に考えると焦点距離長くしてf値が大きくなると淡い彗星は写りにくくなるような気はするけれど、暗い場所で月もないのに色々と見えてしまうくらいに明るい(光害に満ち溢れた)空だと、どうなんだろう?とも思った。
以外と暗いレンズでもイケるんぢゃね?ってな軽いノリでネットオークションで入手。

R0015584
セレストロンのC5鏡筒(だと思う)。127mmΦ, 1250mm, f/10  こいつを直焦点で使ってみようって魂胆

セレストロン T-アダプターSC用 ってヤツを使って、Tリングを付ければ良さそう(よく分かってない)

SC用レデューサを付けて f/6.3 にすると明るくなる的な記事を見かけるけど、焦点距離が 788mmになっちゃうぢゃん。そんな事するくらいなら、素直に800mm使いまんねん。

とりあえず、直焦点にするまで、何も確認できません... 200mm f/4 より圧倒的に小さくて軽いのだけは分かったけど(当たり前)

« 彗星の撮影タイミング | トップページ | 鏡筒を比較してみる »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

あっらー\(^o^)/、こう言う事でしたか(^^♪
比べたらずいぶん軽いんでしょうねえ、ガイドも決まっているし問題なく撮影できそうですね
まだパーツが来てないんですか?ちょっとお天気がはっきりしませんし月もあるしゆっくり準備ですね・・・(^^♪

いやいや月も対象になるんでしょうか?

re:
すっげー軽いです。片手で持てます(そりゃ、無理すりゃBKP200も片手で持てるけど...)。
小さい(短い)です。30cmくらいかな...
低倍率のアイピース付けて、TV局のアンテナを見てみました。風景を眼視する分には何も問題なかったですが、晴れたら木星でも見てみようかと思ってます。
撮影に使うにはパーツが必要です。
と、ファインダーが赤いスポットのタイプでこれまで使った事ないけど、肉眼で見るだけなのでアライメントに使う事しかできないと思います。ファインダー台座を替えて50mmのファインダーにしちゃおうかと思ってますが、まずは撮影してみてから...かなと。
1250mmになっちゃうので、これまでの1.5倍、ガイドと導入がシビアになるので、ちょっと怖いです...
これで、BKP200でトリミングした時に近い像が得られると嬉しいのですが...

おやっ?長焦点へも参戦ですか・・・楽しみと苦労が増えますね。

それにしても天気がままならず、モヤモヤしています。

安定して良い天気が続けばいいのにと祈っていますが・・・。

re:
長焦点直焦点に参戦です (^o^)/
楽しみより苦労が勝るだろうって予感はしてます (^_^;
とりあえず今週は満月なので、今週天気悪くても許すって天に告げました (^o^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/59132232

この記事へのトラックバック一覧です: 人柱になってみる:

« 彗星の撮影タイミング | トップページ | 鏡筒を比較してみる »