2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« ピントと光軸 | トップページ | C5 実戦投入計画 »

2015年5月 2日 (土)

ハウエル彗星_20150502

満月に近い月はあるけど、快晴になりそうなGPVだったので、1時頃出動。先日の西原村の牧草ロールポイント。
月は4時頃には沈むはずなので、薄明との戦いになりそうなハウエル彗星を狙ってみよう。
今回は月もあって、ISO6400は使えないし、低空のハウエル彗星がターゲットなので、D90 IR改を使って撮影。

牧草ロールポイントの景色はこんな感じ。
D90_080
南側。月があったのでこんな感じだけど、月がなかったら、結構天の川が濃く見える。

D90_081
東側、特徴的な山がある。

D90_082
北東方向。これが命名由来の牧草ロール群

D90_083
北東の低空は阿蘇の噴煙がたなびいてる。南よりの風だったのだろう。

D90_084
北。これは西原村の明かりだろうか?

D90_085
北西

D90_089
月があっても、無理やり処理したら天の川が出てきた

M56_filtered
M56 800mmでもこんなに小さい。ISO3200 30秒。惑星状星雲は月があっても、結構写る。数枚撮影したけど、この1枚以外は結構流れてた。
流れ方が違うので、風の影響が怪しい。牧草ロールポイント見晴らしがいいから吹きっさらしで結構風強い。
200mm反射となると、結構大きいので風の影響を受けやすいだろうし... C5にレデューサ付けて、800mmくらいにしてみようか...レデューサ付けたら、周辺像がさらに悪化するかな...

M27_filtered
M27 こっちは結構大きくて、800mmでもいいかな?的なサイズ。月があるので、淡い部分は出なかったけど、暗い時に再挑戦してみたい対象。IR改造カメラだと、この手の星雲も赤が強調されますなぁ...

M8_filtered
M8は明るいようで、月があっても、それなりに写りますなぁ...

M20_filtered
M20は月があると、かなりトホホ

C2015f3_20150502
スワン彗星(C/2015 F3)は北極星のスグ近くだけど、淡く広がっているようで、月夜では無理だった...

パンスターズ彗星(C/2012 F3)、月が無ければ良く写るのに月があると検出できず... 15等星がギリギリで写ってるくらいだと13等級の彗星は写らない...

リニア彗星(218P)も撮影したのだけど、C/2012 F3 が検出できないのであれば、どう考えても無理... で、一応確認してみたけど、やっぱり無理。

C2014q2
ラブジョイ彗星 C/2014 Q2 (Lovejoy) 2015/05/02 03:50:51 ISO3200 30sec*4 800mm f/4.0
さすがにラブジョイ彗星は明るいけど、色が出てない...

88p_20150502_filtered
ハウエル彗星 88P/Howell 2015/05/02 04:13:31 ISO3200 30sec*4 800mm f/4.0
月の影響がほとんど無くなったからか、少し緑色っぽく写った。撮影時の高度は10度。ステラナビでは12.5等と表示されてるけど、おそらく10等くらいの明るさはあると思う。
ラブジョイ彗星並とは言わないけれど、かなり明るい。
斜め右上にNGC7600(13等)の銀河が小さく写っているので、低空でも空気は澄んでたみたい。

今回の撮影、月があったけど、惑星状星雲はそこそこ写るっぽい。彗星は月の影響を受けやすくて惨敗。で、30秒で撮影してるのが多いけど、原因はコレ。
R0015648
50mmレンズ付けて固定撮影してる時(撮影開始直後)、ケーブルが赤道儀に引っ掛かってるのを気づかずに動かしたら、ブチっとコネクタ破壊。幸いカメラ側は無事みたいだけど、タイマー機能付リモートシャッターがご臨終... 中華製で安価なので修理とか考えずに速攻Amazon...

« ピントと光軸 | トップページ | C5 実戦投入計画 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

あれれ2時頃起きてみたけど透明度がめちゃ悪かったですよ、やっぱ山に行くべきでしたか(^^;)
惑星などカラーが出てくるとそれなりに見えてきますね、改造したいような・・・

リモコンは髭が生えてますが本体に影響が無くて良かったですね、速攻注文を入れるあたりはさすがにけむけむさんらしいと言うか・・・用心しないと機材が増殖しそうな予感(^_^)v

透明度はどうだったのか不明です。
月が明るくて、肉眼ではこと座の菱形が見えるか見えないかって感じだったので、4等星はギリギリだったくらいです。
西側で木の陰に隠れてても月の影響はきっちりあるようで、暗い彗星は全然写らないし、淡い星雲もダメでした...
月が沈んだら天の川が見えてきたので、明け方はそこそこの透明度だったのではないかと思います。
4/26に比べると、全然ダメでしたが、ハウエル彗星が撮影できたので、ヨシとしておきます...

こちらも月さえなければまぁまぁな天気でしたよ。
霞んではいましたけど・・・自分も2時半に起きて近くの海岸で撮影していました。
だけど、ピント合わせに使えそうな星は無く、広角レンズで撮影対象を探し徐々に中望遠レンズへと換えていくようなことしてようやく撮りたいフレーミングを終えた時には空が明るくなり始めていました(^^ゞ
135mmで北アメリカ星雲とM27が何とか撮影出来ましたが、ピントが甘いのと露出不足で・・・。
口径200mmもあるとさすがによく写っていますね。
天気が良ければ明日もなんて思っていますが、もう満月ですもんね、どうしようかなぁ。

久しぶりにカメラのレンズ(fl:50mm f/1.8)で星を撮影しましたが、
遠くの明かりでピント合わせようにも全然訳わかんなかったので、テキトーに撮りました (^_^;
カメラのレンズのピント合わせの方が絶対難しいです...

200mmΦ f/4 だとバーティノフマスクでそこそこ合わせるのは簡単です(追い込むのは撮影して調整してを繰り返して神経病みますけど)

で、fl:50mmで北アメリカ星雲付近も撮影してみたんですが、月のせいかモヤモヤ空だったのか、全然ダメでした。そんな事してたら、リモートシャッターぶっちぎってしまうし (-_-; 慣れない事をするもんぢゃないです...orz

機材は大掛かりになりましたが、自動導入で、ファインダー使って位置合わせもできるし、望遠鏡で直焦点の方が全然簡単です。カメラの望遠レンズで撮影するって、すげー難しいと思います(特にピント合わせと導入が職人技)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/59846663

この記事へのトラックバック一覧です: ハウエル彗星_20150502:

« ピントと光軸 | トップページ | C5 実戦投入計画 »