2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« Radiko 相変わらず | トップページ | パンスターズ彗星_20150911(C/2014 S2) »

2015年9月12日 (土)

ジャック彗星_20150911

久しぶりに快晴だったので、西原村の標高600mくらいの撮影ポイント行ってきた。

C2015f4_20150911cropfl_800
ジャック彗星
C/2015 F4(Jacques) 2015/09/11 20:58:42 800mm f/4.0 ISO6400 90sec.*4 Nikon D7000 1600mm相当にトリミング。とりあえず、YIMGで処理してみた。

C2015f4_20150911_sicropfl_800
こっちがステライメージ7で処理してみたもの。まったく使いこなせていないので、比較しても無意味なのだけど、はっきり言えるのは、処理時間違いすぎ。
YIMGで処理した場合、10分くらいで、出来るけど、ステライメージを使うと2時間以上かかった。
慣れてない事もあるけど、とにかくすべての処理が重すぎ。ファイルを開こうとするだけで、数分かかる(フォルダのサムネのプレビューが物凄く遅い)。
YIMGは画像取り込み数秒。コンポジットも数秒で終わる。慣れ不慣れを抜きにしても10倍くらいは処理速度が違う。

C2015f4_20150911_ne
ステライメージで彗星基準で合成したけど、4枚だと大差なし。

ステライメージで、光度測定してみた。14.3等と出た。ちょっと暗い値な感じ... 基準星にもっと明るいのを選ばなきゃダメかなと思って、別の星でやってみたけど、14.33。ぢゃ、14.3等でいいかな...
画像は無加工1枚(コンポジットやレベル補正していない)を使ってみた。

Kyoto_japan
で、なぜか今度は kyoto Japan...

« Radiko 相変わらず | トップページ | パンスターズ彗星_20150911(C/2014 S2) »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

ステライメージの使い心地はいかがですか?、手順が覚えてしまえば何十枚あっても処理時間は変わらないので慣れではないでしょうか?
私の方はあの気温だと20枚ほど撮ったほうがノイズは我慢できる位になりました、メトカーフ前提で何十枚も撮ったほうが彗星自体の見た目はよくなりそうです、これは好みもありますけどね(^^♪

開くだけで数分は?ですがこの際バリバリの画像処理用にPC買い替えしますか?(^_^)v

慣れの影響が大きいと思います...
画像処理してるパソコンはWindows10 64Bit で、i5-3430 3.10GHz Dual, 4GB, GTX550Ti なので、新しくはないですが、処理能力はそこそこなハズだと思ってたのですが...
YIMGは超軽くて、4枚合成をダーク引きながらやっても、多分1分くらいで合成->ガンマ補正が終わっちゃうんです...
で、Tiff保存したのをPait.netでカラーバランスだのチクチク調整って感じなので、ブログに出す半分にトリミングして横800pxにリサイズしたJpegにするまでの全工程で数分なんですよ
今回16枚も!(私的にはとても多い)撮影してあるので、これをSi7で処理して勉強してみます。
と、光度測定はSi7で簡単に出来るので、こちらは活用したいです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/61570043

この記事へのトラックバック一覧です: ジャック彗星_20150911:

« Radiko 相変わらず | トップページ | パンスターズ彗星_20150911(C/2014 S2) »