2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 続・こ、こ、これは何ですか? | トップページ | パンスターズ彗星_20151011(C/2014 S2) »

2015年10月12日 (月)

GS-200RC First Impression

三連休を利用して、清和高原天文台行ってきた。で、目的は

1.GS-200RC のFierst Light
2.M-GEN AutoGuiderのテスト
3.彗星達の撮影
4.らっぱさんが恋い焦がれる五ヶ瀬ハイランドスキー場のロケハン

だったので、まず、GS-200RCについて

R0016225
GS-200RC AdvancedVXに積んで M-GEN添え

ファインダーは笠井トレーディングの60mm f/4

R0016232
そのファインダーがこんな感じ。ファインダー台座が傾いているようで、かなり斜めにしないと位置が合わない。BKP200のファインダー(よくあるVixenの50mm*7のファインダー互換)では位置が合わなかった(そもそもファインダー台座にファインダー脚がちゃんと入らなかった)。

ファインダー台座のネジを緩めて、台座の下にスペーサ(薄い板状のもの)を挟み込むなどの対応が必要な感じ。

と、GS-200RCのフタが緩くて、フタをして運んでいるといつの間にか外れてるくらいの緩さ。こちらも何かフェルトなどを挟み込むと改善すると思われる(最初から4か所フェルトで調整してあるけど、そのフェルトが薄すぎる感じ。

_20151011
0.75 reducer + flattner を付けて撮影した四隅と中心部の像を等倍切り出し。すべて綺麗な円形で、四隅は若干大きくなっているようだけど、非常に美しい像。

カーボン鏡筒は軽く短いので、取り回しは楽。

R0016167
アリガタの接眼側ギリギリでバランス取れたけど、カウンターバランスウェイトにオートガイダーのカメラを対物側に付ける方が安心。

R0016168
ごついファインダーなので接眼部が重くなる傾向にあると思う。0.75 reducer + flattnerを使わず 1600mm の直焦点の場合、カメラ位置がさらに伸びるので、バランスはギリギリになりそう(今回、1600mmの直焦点は試していません)。

6kg程度なので軽いと言えば軽いのだけど、上下にアリガタが付いていて尖っているので、結構持ちにくい。取っ手があった方がいいと思うけど、どうするか思案中。

追記:ファインダー台座を調べてみると...
R0016237
えええー、台座が台形では?
とりあえず、笠井さんにこの写真を送って連絡待ち...

笠井さんから速攻で返事。早朝からメール読まれているようで、、びっくり。
交換用のファインダー台座を送ってくれるそうなので、交換して確認してみよう。

追記:
リッチークレティアンの光軸調整は難しいようなので、光軸が狂ったら、笠井さんに送って調整してもらうツモリなのだけど、一応、センタリングアイピースで覗いてみた。

R0016243
センターマークはズレてるってどこかで読んだけど、確かにセンターマークの位置は怪しい感じ。

« 続・こ、こ、これは何ですか? | トップページ | パンスターズ彗星_20151011(C/2014 S2) »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

星の形状は良さそうで安心ですね、ガイド鏡もすっきりしててファインダーの大きさに比べるととってもカッコいい(^_^)v
清和天文台で広げたんですか?、連休で人が多かったのでは?泊まったんですか?

さてガイド性能が気になりますが・・・・(^^♪

リッチークレティアンの像については、とても良いです。
グッピーもプラナリアもいません。
ただ、F/6 なので、F/4 のBKP200と比べると暗くてバーティノフマスクを使ったピント調整は熟練が必要なようです(撮影して微調整の繰り返し)
ガイドは性能以前の問題で悶々中...orz

お忍びなので、小さな声でコメントします。(爆)
この鏡筒ですが光軸調整とかやったことありますか。難しいですか。
バックフォーカスの調整ですが、有る話をメールでいただき、あの鏡筒専用RDを使った場合の四隅の星の間延びは、殆ど改善しないようです。
で、1500mm前後の鏡筒を物色中に、こちらに参上したしだいです。
50.8mmの筒(スリーブ)に、冷却CCDを差し込む形を考えてます。

光軸調整は笠井さんに送るの前提です。
調整は非常に難しいとも、とても簡単とも聞きますが、笠井さんがアフターサービスで安くやって下さるようです
でも、多分頼みません。
これは光軸は狂いません。
震度7で、吹っ飛んでましたが無問題です。
バックフォーカスは、むちゃくちゃ調整できます
軽くて、1600.1200mmどちらも綺麗な像です
ただ、Edgeとはスペックが被りますよ\(^^)/

メーカー調整前提、こう言う商品大好きです。
エッヂは、納戸流しの罪ですかね。時々は使うかもですが。
では、必要なパーツが分からないので、会社にメールしてみます。

主鏡が凹面、副鏡が凸面であり、どちらも双曲面に似た非球面である by wikipedia
こんな怖いシロモノ、調整する気になりません (^o^)/

笠井トレーディングに問い合わせて、専用レデューサ込がいいと思います。
カーボン鏡筒とそうでないのがありますが、重さがアレなので、カーボンをオススメします。
(BKP200もカーボンが欲しかった...orz)

専用レデューサー・フラットナーって書いてありますけど、1個で2回美味しいグリコのキャラメルなんですかね。
RDがある場合と、ない場合に必要なパーツ、既に照会してます。
RDも便利なんでしょうけど、オヤジ的には付けたり外したり、別の1500mm位の鏡筒を買った方が頭がスッキリです。
#追伸
大阪のおばちゃんは、ヒョウ柄がお好きらしいですが、火の国のおのこは、カーボン柄でしょうか。(笑)

レデューサ・フラットナ付けて、 1200mm F6 にした方が使いやすいし、像もキレイです。
付けないと、やや寝ぼけてしまいます(ニュートンに比べて...ですが)

カーボンは柄はともかく重さですよね。GS-200RC って片手で持てます (^o^)

らじゃーぁ
レデューサ・フラットナも付けて貰います。
800mmの次は2032mmなので、この間が欲しいと思ってRD頑張りましたが。(汗)

売り切れでした。(汗)

きゃんっ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/62014553

この記事へのトラックバック一覧です: GS-200RC First Impression:

« 続・こ、こ、これは何ですか? | トップページ | パンスターズ彗星_20151011(C/2014 S2) »