2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« M81, M82 銀河 | トップページ | インターステラー »

2015年11月14日 (土)

メトカーフコンポジット ステライメージ7+ステラナビゲータ10

モンドシャルナさんに淡くて拡散した彗星にはメトカーフコンポジットが有効だと教えて貰ったので、備忘録として記録。

下の写真は彗星基準で合成してるけど、この写真のネタを使ってメトカーフコンポジットしてみよう。
C2014s2_20151017_800
C/2014 S2(PanSTARRS) 2015/10/17.5425UT, 16*90s, 20cm f/8.0 *0.75reducer ->f/6.0(1200mm) RitcheyChretien , Nikon D7000 ISO6400, No Trimming, mag=13.2(SI7)

0
まず、ステラナビゲータで彗星の移動量を求める。そのためには写真上の彗星を同定する必要がある(写真の上方向の角位置を求めるため)。この時、[設定]-[表示形式]の座標系は赤道座標にしておく。

4
[観測]-[写野角]で、撮影時の機材に合わせておく。

3
ステラナビゲータを撮影開始時刻に合わせて表示するとこうなる。

で、撮影画像(合成前)は
D70_7337
こんな感じ。これをステラナビゲータと比較して同定する。写真の上が北になるようにしておけば簡単なのだけど、この例は90度異なってる=>上方向の位置角

D70_7337_270
回転するとこうなる。で、ステラナビと比較する。

5
恒星 A, B, C の位置から、この角度でOkなのを確認。(この写真だと彗星が分かりやすいけど、写ってるかどうか分からない時もこうやって同定してる)

ステラナビで撮影時の彗星位置を取得する。
2
撮影から1時間後の位置も取得する。

6
移動量を計算する。面倒くさいので、Excelにした。ステラナビのデータをコピペすると計算しちゃうスグレモノ (^o^;

7
ステライメージのメトカーフ法ウィンドウにExcelで求めた単位時間当たりの移動量と天体の位置(赤緯)を設定する。合成する写真の上方向の位置角も設定する。

8
あれ~、星が微妙に曲がってるよ... 撮影時に微妙に位置がズレたって事?ううう~ん?

10_800
メトカーフコンポジットの時も基準星は指定しないとダメなんですなぁ...
ステライメージで彗星の近くにある恒星を選んで基準点に設定した後、[バッチ]-[基準点指定]ですべての画像に基準点を付けた後、メトカーフコンポジットすると改善する。

... 彗星が明るい時は彗星を基準点にして合成するのが簡単だし出来上がりも綺麗になるようなので、やっぱ、メトカーフコンポジットは淡くて拡散してる時に有効な感じ。

基準星って1つ指定してバッチメニューで他の写真にも自動的に指定する方法があるのを知った (^_^;

C2014s2
微妙にカメラ動いてるな... 背景は止まって彗星だけ移動すると思ってたら (-_-;

C2014w2
C/2014 W2 もやってみたけど、やっぱ画面全体が微妙に動きますね... ピタリと止まってたら移動する天体だけが分かりやすかったのに...

なんで写真全体が微妙に動いちゃってるかなぁ... 地面はコンクリートとかだったと思うけど。
とにかく微妙に動いてるので、基準点指定しないでメトカーフコンポジットすると星が綺麗に流れないみたい。

329p_
ついでにステラナビを色々触ってたら、撮影した画像を重ねる機能を見つけた。けど、写真重ねちゃうと元の星図が見難くなっちゃうので、どう使うかな?って感じ。

写真上の彗星位置を確認するのに使えるかも知れないけど、この機能で位置合わせできるくらいなら、元写真で彗星を特定する方が早いんぢゃね?

光度測定で使いたいけど、やっぱ、ステラナビとステライメージのウィンドウサイズを画面の半分にして、左右に並べて、チクチク基準星の光度を調べるのが無難な感じ。

ステライメージはメモリが4GBでは少ないと文句言いやがって、しょうがないので8GBに増設してみた。少しは速くなってくれるかなぁ...

【追記 2015/11/15】
需要があるかどうかアレですが、メトカーフ移動量計算と撮影中心時刻計算のExcelシートをダウンロードできるようにしてみました。

ダウンロード excel_tool.zip (10.6K)

« M81, M82 銀河 | トップページ | インターステラー »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

とうとうメトカーフ始めましたか、彗星核だけだと明るくても微妙にずれる事があるので暗い彗星共々効果は大きいと思います。
ステラナビ10も画面表示はずいぶん変わった様に見えます、機能も増えたんでしょうか?私はしばらくは9で行きます、SIもカメラを買い替えるまでは6.5のままですね(^^;)
明日の晩は期待できそう・・・・・かな(^^♪

メトカーフ、移動量計算が面倒くさいのでExcelにしましたが、ステラナビの情報表示に機能つけちゃってステライメージに取り込めたら便利なのに...と思いました。
そろそろカメラの買い替え検討モードですか? (^o^)
明日は良さそうだったのに、いまいちな感じになってきたような... う~ん...

メトカーフコンポジット習得おめでとうございます。そうです、基準星を指定しないと赤道儀は気まぐれなので信用はできません。ピリオディックが殆どですが、風、タワミ、鏡筒バンドの締め具合、赤道儀のクランプの掛り具合、霜による三脚の浮き上がり、まあ、いろいろな要素でバックグランドはしっかり固定されません。EXCELの移動量計算は便利そうですね。私はいつも http://minorplanetcenter.org/iau/Ephemerides/Comets/index.html で日の移動量を暗算で出しているのでたいへんです。よろしかったらEXCELデータもらえませんか?OKならメールアドレスに送ってもらえると助かります。よろしくお願いします。

かなり背景が動いているので、ビックリです。こりゃ、オートガイドしないと星が卵化するはずだと思いました。
Excel はzipで固めて送っておきました。特にマクロが仕込んである訳ではないので、太線のセルに入力すると勝手に計算すると思います... ステラナビの表示形式に特化して作っちゃってますので、赤経赤緯をステラナビ形式で入力する必要があるので、逆に面倒かも (^_^; シートの右側に赤経赤緯を分解したセルがあるので、そこに直接入力する方が楽かも(やった事ないけど)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/62473842

この記事へのトラックバック一覧です: メトカーフコンポジット ステライメージ7+ステラナビゲータ10:

« M81, M82 銀河 | トップページ | インターステラー »