2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« パンスターズ彗星_20151111(C/2014 W2) | トップページ | メトカーフコンポジット ステライメージ7+ステラナビゲータ10 »

2015年11月13日 (金)

M81, M82 銀河

いやー、画像処理難しいですね...

M81_800

M81_2_800
M81, 2015/11/10.7364UT, 8*180s, 20cm F8.0 RitcheyChretien, Nikon D7000 ISO25600, No Trimming
まず、1600mmだと M81 がこーんなにでっけーってのが最初の感想 (^_^;

で、
上はダーク -> コンポジット -> デジタル現像 -> ベイヤー・RGB変換
下はダーク -> デジタル現像 -> ベイヤー・RGB変換 -> コンポジット
普通、どっちの手順でやるんだろうか?下の方が処理時間はずっとかかるんだけど...

こーんなに色が変わるんだったら、M82 は下の手順でやるしかないよね

M82_800
M81, 2015/11/10.7571UT, 8*180s, 20cm F8.0 RitcheyChretien, Nikon D7000 ISO25600, No Trimming
難しいなぁ...(-_-; 雲がないチャンスがあったら、マジメ(?)にISO6400, 16*720s くらいで撮影してみたいですねぇ(って、3時間も露出するのは無理だから、どう頑張っても 8*720s... 12分も露出したら、結局ノイズでざ~らざらな予感

加工前はこ~んな感じ
D70_7660

D70_7662
ISO25600も、寒くなったから意外と悪くないかも?

M81_3_800
控えめでシャープにしてみたら、こんな感じ。どうすりゃいいか分かんない...

« パンスターズ彗星_20151111(C/2014 W2) | トップページ | メトカーフコンポジット ステライメージ7+ステラナビゲータ10 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

私の場合、
ダーク補正->ホットクールピクセル除去->ベイヤーRGB変換->加算コンポジット->レベル調整->デジタル現像
この後、画を見て調整という感じです。
場合によっては、TIFF保存してフラットエイドで処理して、再度SI7へ戻すこともあります。
何が正解なんでしょうね?私もよくわかんないです(^_^;

分からないですよね~
ベイヤー・RGB変換しないでコンポジットするとモノクロっぽくなるみたいです。
画像取り込み時にダーク補正しつつ、RAW現像で取り込んでみたら、意外と良かったりして、どうすりゃいいの?ってホント悩みます。
久しぶりにYIMGで処理してみようかな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/62463306

この記事へのトラックバック一覧です: M81, M82 銀河:

« パンスターズ彗星_20151111(C/2014 W2) | トップページ | メトカーフコンポジット ステライメージ7+ステラナビゲータ10 »