2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« ぐだぐだ日記 新潟編 | トップページ | ボレリー彗星_20151209 »

2015年12月 9日 (水)

カタリナ彗星_20151209 (C/2013 US10)

C2013us10_20151209fl
C/2013 US10(Catalina), 2015/12/08.8336UT(5:00:26JST), 8*60s, 20cm F4.0 Newtonian, Nikon D7000 ISO6400, No Trimming, 明るすぎて光度測定不能

前回、ISO3200で15秒で撮影してみたけど、もっと露出したらどうなるかの実験を兼ねて ISO6400の60秒で撮影してみた。

なので
D70_7883
加工前は笑うくらい白い。けど、合成してごにょごにょしたら、それなりに普通な感じになった。これ、ヒストグラムのピークは9/10くらいまで上の方に来てたけど、なんとかなるんですねぇ。

そもそもが、GPVだと熊本は曇りだし
Gpv_20151209
星空指数は10だったので、自宅ベランダで撮影できたらラッキーくらいだったのだけど、フタ開けてみたら快晴。まぁ、平日ど真ん中なので超早朝出勤する気力も無かったけど(加えて新潟帰りでヘロヘロ)

今日の教訓、めちゃくちゃ白くなっても、どうにかなる。

116p_20151209_grcrop
ヴィルト第4彗星
116P/Wild 4, 2015/12/08.8163UT(4:35:27JST), 8*60s, 20cm F4.0 Newtonian, Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, mag=13.9(SI7)
13.9等なので、山だったら楽に写るだろうけど、ベランダからだとギリだったので、モノクロの反転画像です

« ぐだぐだ日記 新潟編 | トップページ | ボレリー彗星_20151209 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

晴れていましたねえ私は先ほどまでぐっすり寝ていましたよ(^^♪
光害の中からもしっかりと浮き出してくるのは明るい彗星になってきたと言えますがやはりこうなると山へ行きたいですね(私は失敗したけど(^^;))
この位露出かけても果たしてどの位白飛びしてるのかは開いて見ないと分からないので微妙なところですね、こう言う状況にD現の効果はほんとに大きいと思います、トーンカーブだけでは難しいですから

土曜日が良さそうですね(^_^)v

土曜日に晴れそうなら山出撃したいですね
とか言ってるとトホホになりそうですが(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/62881005

この記事へのトラックバック一覧です: カタリナ彗星_20151209 (C/2013 US10):

« ぐだぐだ日記 新潟編 | トップページ | ボレリー彗星_20151209 »