2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

パンスターズ彗星_20151230

12月30日。日中、今年最も良い天気ぢゃね?的に快晴。なので、西原村で部活。らっぱさんも後で来るって事なので、坂道に設営。

C2013x1_20151230cropfl
C/2013 X1 (PanSTARRS), 2015/12/30.4078UT,  5*180s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, mag=10.5(SI7)
パンスターズ彗星は美しい彗星に成長してくれてうれしい。

C2014a1_20151230cropfl
C/2014 A4 (SONEAR), 2015/12/30.4195UT,  4*180s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, mag=16.5(SI7)
【修正】
ソニア彗星、微妙なのでNot Detectedとしてたけど、モンドシャルナさんのお墨付き(?)を頂いたので、16.5等に修正しました。
C2014a4_dss_search
このDSS画像でソニア彗星の位置に'A'で示した銀河がある。ただ、ほぼ同じように見える'B'の銀河は写っていない。なので、'A'銀河より明るいソニア彗星が写っているのではないかと思うけど、怪しいのでNot Detected。最近ノイズとか場所間違えたとかで誤検出が多いので (^_^; ソニア彗星だった場合の光度は16.5等
→ソニア彗星だった事にします (^o^;

88p_20151230cropfl
88P/Howell, 2015/12/30.4318UT,  4*180s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, mag=16.4(SI7)
相性のいい彗星ってのがあって、この88Pは相性がいいと感じてる。ソニア彗星と似たくらいの明るさ・位置だったけど、こちらはサクっと見つかったし、こんなに暗いのに、やや緑色を感じた。
88p_dss_search
DSSでチェックしても付近に怪しい天体がないので、キチンと確定できる。このすんなり感が相性の良さなんだと思う。

81p_201512304
81P/Wild 2, 2015/12/30.4431UT,  4*180s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/4 Trimming, Not Detected
相性の悪い彗星ってのがあって、この81P。前々回はステラナビのデータが古くて位置を間違えて撮影して、ウンウン唸ってしまった。
位置が違うと教えて頂いて、前回はハッキリ撮影できたので、今回もハッキリ写ると思ってたら... マーキングした位置に像はあるのだけど、どうも16.8等星と重なっている。
81Pの方が明るいと思うけど、ちょっと上にある15.48等星より暗いので、怪しい...orz
81p_dss_search_2
DSSでチェックしても怪しすぎ... (-_-; らっぱさんが81Pが見つからないとの事で、そりゃ、ステラナビに騙されてますよ...とか言ってたのに、確認できないとは... にしても、半月前には短いながらもシッポもあったのに、こんなに急激に暗くなってしまっているとは。
またしてもステラナビに騙されてるんぢゃ?と思って軌道要素確認してみたけど、正しいっぽい。うううむ。

【追記】
らっぱさんがブログに81Pをアップされてたので比較してみて、ビックリ(らっぱさんの写真を無断借用した上に、比較のため上を北に加工しました。ゴメンナサイ🙇 画像に20151229とありますが、これは20151230の誤りとのこと。 らっぱさんのブログ
81p_rappa
私の写真より、明るいように見える。機材も違うし、露出時間もらっぱさんは 7*240s、私は4*180s なのだけど(ISO6400)
おそらく撮影時刻は1時間くらいしか差はないと思うのだけど... これが相性?もしくは日頃の行いの差?(まぁ、それを言われたら否定はできないけど)
1時間くらいで彗星の明るさって結構変化するもの?私が撮影した後、らっぱさんが撮影するまでの間にバーストした可能性もあるけど、となると、マジでこの彗星、相性悪ッ!
【再度追記】
どうもスグ左側にある明るい星(USNO-A2.0 1050-1981742 11.28等星)と重なってしまっていたっぽいです。明るい星の影響で確認できないだけだったようです)
D70_8401crop
コンポジットしてしまうと訳分からなくなるので、一番離れた写真を加工したもの。11.28等星の右側へ顔を出そうとしている現場。


329p_20151230crop
329P/LINEAR-Catalina, 2015/12/30.4664UT,  4*180s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, mag=14.2(SI7)

C2015tq209_20151230cropfl
C/2015 TQ209 (LINEAR), 2015/12/30.4798UT,  4*180s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, Not Detected 予想位置に微かな像があるけど、DSSでチェックすると16等くらいの銀河があるようなので、おそらく、この像は銀河
C2015tq209_dss_search
チェック用DSS

C2014n3_20151230cropfl
C/2014 N3 (NEOWISE), 2015/12/30.4876UT, 2*180s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, mag=16.6(SI7)
4枚撮影したけど、雲に邪魔されて2枚は真っ白だったので2枚合成

230p_20151230crop
230P/LINEAR, 2015/12/30.5078UT,  4*180s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, mag=13.7(SI7)

P2015q1_20151230crop_2
P/2015 Q1 (Scotti), 2015/12/30.5182UT,  3*180s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/4 Trimming, mag=18.5(SI7)
ステラナビの位置と微妙に違うけど、DSSでチェックして P/2015 Q1 と思われる天体をマーキング(DSSではこの位置に微光星があるけど、同じくらいの明るさの星は写っていないため)
P2015q1_dss_searchcrop

2015年12月30日 (水)

おせちを準備する

年の瀬なので、おせちの準備をした。

R0016427_2
到着。バーン!

R0016428
こーんなのが入ってるので、冷蔵庫で24時間かけて解凍するんだそうな。

準備完了。以上。

まぁ、おせちなんて、そんなに食べたいモノでもないので、このくらいで十分だろう。

2015年12月29日 (火)

年末に大トホホしちゃったの巻

C2013us10_20151228

Catalina
一目瞭然な大トホホ...
カメラのローパスフィルタが汚れたので、鼻歌交じりに綿棒とメチルアルコールで掃除したら、恐ろしい事ががが...
とりあえず、再度綿棒で掃除...

D70_8327
ピンボケ白壁でチェック... なんとかなったかな... 怖い怖い... 念のため、ペッタン棒をAmazonしておこう

カタリナ彗星は月があるとシッポ出ないとか50mmで撮っても存在は分かるとか色々書こうと思ってたけど、それどころではないくらいの大ショック

P2010v1_20151228_2crop

P2010v1_dss_search
池谷-村上彗星(P/2010 V1)の予想位置と対応したDSS。今回も周囲に怪しい天体はいなかった

116p_20151228crop
116P/Wild 4, 2015/12/27.8224UT, 4*60s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming,mag=16.1(SI7)
ヴィルト第4彗星は明るいので月があって60秒でも写ってくれた。14等級くらいの予想だけど、月があると暗い値になってしまう事が多い。

C2014s2_20151228
C/2014 S2 (PanSTARRS), 2015/12/27.8385UT, 4*60s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, No Trimming,mag=10.5(SI7)
シッポはあるような無いような... ってな事より、やっぱり、このまだら汚れが気になってしょうがない... ちゃんと無くなってますように...


ってな訳で早朝の失敗を夕方から確認してきた。

D70_8333
で、こうなった。ヨシヨシ。汚れは落ちた。右上にリング状の良く出る汚れは出てるけど、コレはペッタン棒で掃除してみよう... とか平然と書いてるけど、実は別のトホホ中。
カメラにJpegで記録されてましたの巻...orz
RAW出力設定にしてたんだけどなぁ... 設定変更した覚えないんだけどなぁ... 間違えて変更しちゃってるなぁ... まぁ、しょうがない。Jpeg使って合成せねば...

C2014s2_20151228_2cropfl
C/2014 S2 (PanSTARRS), 2015/12/28.4045UT, 4*60s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming,mag=10.0(SI7)
Jpegでも、そこそこ処理できますねぇ。レベル調整とかRAWからやるのと全然違うけど。
で、月がないと、かなりの低空でも、それなりに写りますね。やっぱ、月あると厳しいのを再認識(撮影時の彗星の高度は17°)

C2014w2_20151228cropfl
C/2014 W2 (PanSTARRS), 2015/12/28.4118UT, 4*90s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming,mag=14.0(SI7)

10p_20151228cropfl
10P/Tempel 2, 2015/12/28.4194UT, 4*90s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming,mag=12.6(SI7)

249p_20151228_2cropfl
249P/LINEAR, 2015/12/28.4270UT, 4*90s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming,mag=15.9(SI7)
淡く広がっているので、光度測定値は低くなっちゃってるけど、もっと明るいはず。明け方の 19P/Borrelly に似た雰囲気。

C2011kp36_20151228_mcropfl
C/2011 KP36 (Spacewatch), 2015/12/28.4348UT, 4*90s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming,mag=16.7(SI7)
近日点距離が4.87もあるので、木星軌道くらいまでしか近寄って来ないくせに、そこそこ明るい。来年もずっと同じくらいの明るさなんだろう。

C2011kp36_dss_search_3
チェック用DSS

318p_20151228_mcrop
318P/McNaught-Hartley, 2015/12/28.4456UT, 4*120s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, Not Detected

204p_20151228_mcrop
204P/LINEAR-NEAT, 2015/12/28.4546UT, 4*120s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, Not Detected

C2015f4_20151228crop_3
C/2015 F4 (Jacques), 2015/12/28.4635UT, 4*120s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, Not Detected 夕方撮影した写真は全て上が北

C2015f4_20151228800
この16等星が彗星と重なっているっぽい
C2015f4_dss_searchcrop
円内の右側の星と重なっていると思うけど、分離できないので確認できない... この程度に暗くなった彗星が銀河の近くにいる時は、確認不能になってしまう...


【追記】モンドシャルナさんからC/2015 F4 の位置が違うとの指摘を頂いて調べてみました。

C2015f4_
これがステラナビのオリジナルデータ

で、MPCの軌道要素が
CK15F040  2015 08 10.8573  1.643897  0.985796   36.3446  285.9566   48.7049  20151230  11.0  4.0  C/2015 F4 (Jacques)
なので、これで書き換えてみたけど、結局位置は同じ。

12435594_1713344322217893_193748827
モンドシャルナさんによると○印が彗星の位置との事。で、脂汗流してよーくチェックしたら、位置を間違えた犯人はステラナビでなくて、私らしい (-_-;
ステラナビで表示されてない微光星と間違えたっぽい...orz

モンドシャルナさん、ご指摘ありがとうございました & お手数おかけしました。

検出できませんでした...って結果は変わらず。このくらいまで暗くなってしまうと無理なんだなと再認識です。


薄雲はあったと思うけど比較的良い状態でも、金峰山から西側、16等級は検出できなかった。西原村に比べたら、やはり明るいのだろう...(熊本市西区だしね (^_^; と言って西原村から西側だと金峰山よりずっと明るいから全然ダメだし。

となると、西側で狙えるのは14等級くらいまでで、東側だとうまくすると16等級も狙える...くらいに考えておくのが良さそう。

18:30~20:00の90分間で C/2014 S2, C/2014 W2, 10P, 249P, C/2011 KP36, 318P, 204P, C/2015 F4 まで撮影できたので、12分で1対象くらい。60~120秒露出*4 で。かなりバタバタになる。
ホントは、月が出るまで(20:30)に、C/2013 X1, C/2014 N3, C/2013 V4, 88P も撮影したかったのだけど、欲張り過ぎですねぇ (^o^;
と、月がある時の努力は結構空しいってのも、再認識。やっぱ、全然違いますなぁ...

とりあえず、ローパスフィルタの汚れが落ちてたのでヨシとしよう。

2015年12月28日 (月)

ネオワイズ彗星_20151228

ネオワイズ彗星 (C/2015 X8)が13等級くらいだそうで、注目度が高い。

土曜の夜も狙ってたけど曇ってしまったので断念。今朝2:30に目覚めたら、薄曇りで状態は悪かったけど、北極星は見えてたので、急遽熊本空港横ポイントまで出かけて撮影してみた。
月齢16の月はいるし、薄雲はあるし、ううう~んと唸りながら撮影。

C2015x8_20151228_4crop_3
C/2015 X8 (NEOWISE), 2015/12/27.8070UT,  8*30s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/3 Trimming, Not Detected
銀河が3つ写ってて、左からNGC3888(mag=13.0), NGC3850(mag=14.0), NGC3846(mag=15.0)だけど、C/2015 X8は検出できなかったので、15等級より暗いと思われる(拡散状らしい)。
C2015x8_20151228_3crop_2
恒星基準コンポジット
C2015x8_dss_search
DSSとチェックすると、明るい恒星の上にある16等級より暗そうな銀河もなんとか写ってるけど彗星は検出できなかった。

明日はもっと月が近づくので、すっきり晴れていても無理かな...orz

続々・満月と対峙する

満月と対峙するシリーズの結論じみたモノ

・満月時でも彗星は撮影可能(月が低空時に天頂付近を撮影するのが望ましい)

・カメラでチェックして飽和してると思われるくらいの露出時間でも意外とイケる

・低空の彗星は諦めるが吉

で、もちょっと深堀してみたい。

アンドロメダ大星雲を50mmで撮影したものから、淡い部分も完全にダメになる訳ではなくて、少しくらいはイケそうと思われる(アンドロメダ大星雲を800mmで撮影してなかったのが残念...)

NGC7816銀河も撮影してたので確認してみよう。
D70_8176
月からの距離が比較的近かったので30秒でこんなに真っ白

Ngc1398_800
合成してレベル調整してみるけど、こんな感じ。周辺減光している部分に比べ中心が赤っぽいのは青成分が飽和してなくなっちゃったのをレベル調整したので相対的に赤っぽくなったのではないかと推測。

Ngc1398cropfl
フラット処理して1/2 Trimming。淡い部分は全然ダメみたいですねぇ

・過露出になるため、部分的、色要素的に飽和して不自然になる可能性大
→彗星を見つけるだけなら、モノクロ反転したりするので、あんまり気にしないけど
(基本的に綺麗な作品に仕上げるだの合成テクニックを競うだのって方向性は全くないので)

C2015f4_20151225acrop
激しく露出オーバーの場合、加工途中、青と緑色成分が飽和して吹っ飛んだのか黄色になった。こうなるとモノクロ化しかないね。

基本的に週末(金曜か土曜の夜)しか撮影できないけむけむ的には多少無理して大きな月があっても、夕刻か明け方は(月が残っていても)撮影してみる価値はありそう
でも、月が無い時と同じ露出しちゃうとグチャグチャになるので手加減は必要
...ってのが結論...かな。

2015年12月27日 (日)

続・満月と対峙する

C2014s2_20151225flcrop
C/2014 S2(PanSTARRS), 2015/12/25.4344UT, 4*30s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming,mag=11.2(SI7)
低空だったので30秒が限界。30秒ではシッポは無理。やはり月があると天頂付近でないと淡い天体は無理

C2014w2_20151225cropfl
C/2014 W2(PanSTARRS), 2015/12/25.4597UT, 4*90s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming,mag=14.5(SI7)
このくらいの明るさだと、なんとなく彗星っぽく写る

C2015f4_20151225crop_2
C/2015 F4 (Jacques), 2015/12/25.4670UT, 4*90s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, Not Detected マークした場所にいるような気もするけど、ノイズのような気もする

C2015f4_dss_search_2
DSS
分かりにくかったので 1/4 Trimming
C2015f4_20151225acropfl
C2015f4_dss_search_4

C2015f4_20151225_check_2
脂汗を流しながら、う~むとか唸ってしまうくらい微妙。ノイズだったかな、これは。
C2015f4_201512255crop
画像処理手順を変えたら、とても怪しくなったので、やはりノイズが強調されただけかな...

満月でも16等級くらいの彗星が検出できる可能性があるけど、厳しい。
夕方か明け方に天頂付近にいれば、比較的良く写る。月があって低空だと10等級でも厳しい。

2015年12月26日 (土)

満月と対峙する

快晴だったので、会社の忘年会をサボって撮影してみた。
けど、満月なんだよね...(-_-; 満月でノートが読めるくらいに明るい環境でどんな写真が撮れるのだろうか?

まだ薄明が終わらないうちに、コプフ彗星(22P)を狙ってみる。

D70_8128
ISO6400 で 20秒。青空ですねぇ

Photo
ニコンのViewNX2だとこんな感じ。

Photo_2
ステライメージに取り込むとこんな感じで、ヒストグラムが飽和してる訳ではないっぽい

22p_20151225flcrop
22P/Kopff, 2015/12/25.3968UT, 4*20s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, 光度測定不能 14等級程度と推測
ギリで確認できたかな?程度。高度13°の低空で薄明中の彗星は厳しいです...(ToT)

22p_dss_search
DSS

ギリギリ写ったかな?程度。20秒露出では厳しい... 彗星の位置に微光星があるようだけど、他の位置の微光星は写っていないので、多分、コプフ彗星ぢゃないかな?...な写真になってしまった。

C/2013 X1 (PanSTARRS)をISO6400の30秒、60秒、90秒で比較してみよう。

◆30秒◆
C2013x1_30

C2013x1_30_2
レベルの最大を6000まで下げて4枚合成してトリミングしてみる。

C2013x1_20151225_30crop
30秒露出をレベル調整だけして4枚合成。そこそこ彗星っぽい。

◆60秒◆
C2013x1_60

C2013x1_60_2
レベルの最大を11000まで下げて4枚合成してトリミングしてみる。

C2013x1_20151225_60crop
60秒露出をレベル調整だけして4枚合成。さらに彗星っぽい。

◆90秒◆
C2013x1_90

C2013x1_90_2

C2013x1_20151225_90crop
90秒露出をレベル調整だけして4枚合成。いよいよ彗星っぽい。

驚くべき事に撮影した現場でカメラで確認して、真っ白で星なんか写ってないようなレベルまで露出しても(ヒストグラムが右にくっついてる状態)炙り出すとなんとかなるっぽい。

C2013x1_20151225cropfl
C/2013 X1 (PanSTARRS)f, 2015/12/25.4515UT, 4*90s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming,mag=10.6(SI7)
90秒を4枚 メトカーフコンポジットして 1/2 トリミング。満月時でも明るい彗星は彗星っぽく写せる。ただ、月とは90度くらいは離れてるし、天頂付近の場合だけど。
ってー事は、月が無ければ、これまでよりもずっと露出しても大丈夫なのかも知れない。

30_60_90
露出時間によって微光星がどの程度写るようになるか比較してみた。30s. 60s. に比べ90s.は微光星の写り方に差が出ているし、コントラストが向上しているように見える。
以前は月がない暗い空でISO6400 90秒で処理してたけど、最近は180秒でやってた。次回は240~300秒露出してみよう。

D70_8109

D70_8182
こんな感じの場所で撮影してました。

50mmfl
50mmのカメラレンズで天頂付近を撮影してみた。満月でもアンドロメダ大星雲はそれなりに写ってますねぇ レンズの真ん中が丸く白くなってる... フードくらい付けなきゃダメだったかな?

50mm_2fl
気合い入れて修正してみた。これでどーだッ

2015年12月25日 (金)

ジョンソン彗星_20151219

C2015v2_20151219c
中心にある、ちょっと薄いのがジョンソン彗星

C2015v2_20151219crop
ジョンソン彗星
C/2015 V2, 2015/12/18.7678UT, 4*180s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/4 Trimming, mag=17.5(SI7)

Dss_search
チェック用DSS画像。17等級の彗星はDSSで確認しないと誤認しそう。

Photo
ステラナビだと17等級の光度測定も微妙。比較星は16等級になる。

_20170714
再来年の夏、7等級まで明るくなるようなので、たっぷり追いかけられる。

2015年12月24日 (木)

ボレリー彗星_20151219

19p_20151219c

19p_20151219crop
ボレリー彗星
19P/Borrelly, 2015/12/18.7981UT, 180s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming

180秒の1枚だけ。途中から曇ってアウト。4時、いよいよ雲の勢力が増大。C/2014 S2 や C/2013 US10 を撮影したいのに...
ボレリー彗星はぼんやりとした細長い姿で、キチンと晴れていれば面白かったかも。
Dss_search
DSS とチェックしたら、DSSにない星を見つけちゃったけど、良くみたら、あちこちにある。撮影中にカメラが動いちゃってたみたい...

C2013us10_20151219fl
カタリナ彗星
C/2013 US10 (Catalina), 2015/12/18.81981UT, 4*180s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, No Trimming
薄雲に覆われて、とても悪い条件だったにも拘わらず、シッポが出たのでビックリ

D70_8097
加工前はこんなだった...

D70_8102
パンスターズ彗星
C/2014 S2 (PanSTARRS), 2015/12/18.8262UT, 30s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, No Trimming
こちらはさらに悪化して、30秒で1枚辛うじて撮影できたけど、4枚撮った残りは、雲を写してた...
条件が良ければ綺麗な彗星になっていると思うのだけど...

2015年12月23日 (水)

今年最後の出張、最悪の出張になるの巻

いやぁ、疲れました。

12/21 月曜日~火曜日にかけて、今年の飛び納めで新潟だったんだけど、久しぶりに大トホホ。

福岡-新潟で飛ぶんだけど、チェックインしようとしたら
欠航になりました
はぁぁぁ?!なんだ?新潟突如大雪?とか思ってカウンターに行ったら
どうもカウンターでも状況を把握する前だったようで、はぁぁぁ状態(機材トラブルだったようです)

しばら~く待たされて、17:50 に福岡→伊丹 19:30 伊丹→新潟 に振り替えると言われる... まだ13:30なんですけどぉ...

で、福岡空港、第一ターミナルではなく第二ターミナルだってんで、トホホって移動。スマホで確認したら、行きも帰りも12/22に変更されてて、おいおいマジかよ、今日飛ぶんだよってんで第二ターミナルに詰め寄る。

と、14:10 福岡→伊丹 に乗れと言われる。って、13:50だよ、今。で、なんか知らんけど、4500円くれるそうな。で、その手続きに待たされたので、保安検査までダッシュ。ゼェゼェ言いながら搭乗。

で、無事、伊丹到着。は、いいんだけど、19:30までヒマだよ。おぢさん、困っちゃったな状態。

で、無限とも思える時間を伊丹空港でごろごろしてやっと新潟到着は21時過ぎ(伊丹出発時にもえらーく待たされた...)

まぁ、とりあえず、予定の5時間遅れくらいだったんだけどね、結果的には。
機内誌の使用機材にミレニアム・ファルコンとかつまんねー事書いてないでリアルに注力して欲しいもんだ...


新潟では大学時代の友人と飲む事にしてたけど、それは2時間遅れくらいで決行。
20年ちかくぶりなので、お互いかなりくたびれてたけど、居酒屋でプログレの話とかしちゃって面倒くさいオヤジの出来上がり。
新潟来たら、ポッポ焼きだと言われて、翌日探したけど、店閉まってた。空港の土産物でポッポ焼きをゲットしたけど、見ただけでなんとなく味が想像できそうなモノだった。明日、チンして食べてみよう。
10265_201879436820377_4632813465638

12366468_201892183485769_1460109371

チュリュモフ-ゲラシメンコ彗星_20151219

67p_20151219fl
チュリュモフ-ゲラシメンコ彗星
67P/Churyumov-Gerasimenko, 2015/12/18.7548UT, 4*180s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, No Trimming, mag=14.8(SI7)

久しぶりのチュリュモフ-ゲラシメンコ彗星は、いまだに長い尾を引いていたのでビックリ

67p_20151219crop
薄雲のない状態だと、凄い事になってるのかも知れない

204p_20151219crop
リニア-ニート彗星
204P/LINEAR-NEAT 17等級の彗星は検出できず... 1/4 Trimming 近くにステファンの五つ子みたいなのがあったので DSS でチェックしてみたら、銀河と恒星の集合っぽかった。
Dss_search
確認のためのDSS

77p_20151209crop
ロングモア彗星
77P/Longmore も17等級くらいの予想なので検出できず。1/4 Trimming
Dss_search_2
確認のためのDSS

2015年12月22日 (火)

マスター彗星_20151219

C2015g2_20151219crop_2
マスター彗星
C/2015 G2 (MASTER), 2015/12/18.7066UT, 4*180s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/4 Trimming, mag=15.6(SI7)

雲が湧くし、薄雲は居座ってるので、西原村に行ったのに、15等級の彗星がギリギリな感じ...orz


山で撮影してて、上下はダウンジャケットとかで暖かいんだけど、帽子だけだとホッペタが寒かった。
ので、買ってみた。

R0016406
どう見ても怪しい。

撮影用なので激安で揃えたけど、まぁ、暖かいですなぁ

2015年12月21日 (月)

リニア彗星_20151219

230p_20151219fl
リニア彗星
230P/LINEAR, 2015/12/18.6935UT, 4*180s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, No Trimming, mag=14.4(SI7)

230p_20151219crop
1/2 Trimming

2015年12月20日 (日)

続・池谷-村上彗星はどこ?

とりあえず、先日誤検出してトホホだった ヴィルド第2彗星(81P/Wild 2) は実は分かりやすくていい彗星だったのでサクっと処理してブログ書いて、ちょっと寝たんだけど、病院行かなきゃいけなかったので、午前中に起きて、昨夜の顛末をじわじわ書こうかってな状況な訳です。

星空指数は今回も100。加えてGVPも24時を過ぎれば快晴だよって感じだったので、気合い入れて西原村へゴー。で、22時過ぎに着いて機材組み立て。

D70_8013
曇ってて おおいぬ座付近がちょっと星が見えてるかな?って感じだったけど、まだ23時なので、これは折込済み。

D70_8015
北側はかなり明るい。撮影してないけど、西側が一番明るい。それでも45度より上空なら、かなり暗かった。2時頃、ぎょしゃ座からいっかくじゅう座付近に天の川が見えてた。

D70_8018
東側はさすがに暗くて、晴れてたら、星景写真になりそうなロケーションなんだけど、絶賛曇り。

D70_8037
24時頃、南の方から晴れてきた。

D70_8038
けど、まだまだ雲が多いので待機継続。

1時頃、晴れてきたので、ヴィルト第2彗星(81P/Wild 2) を撮影。230P, C/2015 G2 も撮影したけど、まずは気になってる 池谷-村上彗星 (P/2010 V1) をチェックしてみよう。
と言っても、結構雲が湧いてたので、気合いは入らず、古い予報位置の左右合わせて3箇所しか撮影してないのだけど。

P2010v1_20151219_1c
写野中心が赤経 09h24m02.5s  赤緯 +33゚07'35" くらいの場所。○印がステラナビの予想位置。4*180s

P2010v1_20151219_1crop
1/4 Trimming □がステラナビの予報位置。○印の場所に移動天体みたいな像を発見。うおおお!?ステラナビだと14.39等星がある位置。

先日、モンドシャルナさんに教えて頂いたばかりの DSSってのを使ってみる。
Dss_search_1
銀河だったようです (^_^; これで怪しい天体いたらチェックできそう (^o^)... 周囲は銀河だらけ... 彗星を隠すには銀河の多い場所に限る...トホホ

ステラナビは写真を星図に重ねる機能があったので使ってみよう!
Photo
ううう~ん...

2
ちょっとズラすと星図と写真が並んで見えるので、1個しかないものを探す。

4
で、DSSからダウンロードした画像とチェックすると星図にないだけで、ちゃんと存在してる。

_
星図には、結構明るい銀河もなかったりするので、紛らわしいのはわんさかあるけど、結局見つからないですねぇ... やっぱパンスターズに探して貰わないと神経病みます...orz

2015年12月19日 (土)

ヴィルト第2彗星_20151219

81p_20151219
ヴィルト第2彗星
81P/Wild 2, 2015/12/18.6769UT, 4*180s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, No Trimming, mag=14.4(SI7) 北は右

81p_20151219crop
1/2 Trimming 北は上

先日、誤認した 81P/Wild 2 をリベンジしてきた。ステラナビに騙されなかったらサクっと見つかった。短いけどシッポもあるし、14等級とちょっと明るい。

2015年12月18日 (金)

M95, M96 銀河

M95fl
M95

M96fl
M96

熊本空港横直線自動販売機横ポイントにて
M95 & M96, 2015/12/13, 4*180s, 20cm F4.0 Newtonian, Nikon D7000 ISO6400, No Trimming

M95, M96 何回撮影しても、う~んな写り。露出ももちょっと行けそうだし、800mmだとこんなに小さいので、1600mmか1200mmで撮影してみたいなぁ...

2015年12月17日 (木)

池谷-村上彗星はどこ?

P/2010 V1 池谷-村上彗星の初回帰が検出されない。

そろそろ15等くらいまで明るくなっていれば撮影できるだろうと軽く考えてたのだけど、実は大変に事になってるっぽい。

15等級くらいまで明るくなってるって予報が怪しい(それどころか13等級なんて予想もある)らしい。

久万高原天体観測館の中村さんによると、「発見時にバーストしていたことは明らかなので、今回はかなり暗いと思います。私の光度式では現在17等ですが、下方修正が必要だと考えています。」との事。こうなると、けむけむの設備では手も足もでない。

モンドシャルナさんにより、2014/10/22 の観測が誤検出である事が示唆され、「その検出情報で今の軌道要素が改定されたと思うので、少し位置がズレていると推測しています」との事。
検出されたのなら、符号が P/2010 V1 ではなくて、999P のような周期彗星番号が与えられているはずなのに、そうではないのが怪しいらしい。

MPCの軌道要素
"PK10V010  2016 03 10.1610  1.572521  0.489281  152.4038    3.7792    9.3875  20151216   8.0  4.0  P/2010 V1 (Ikeya-Murakami)" が 2014/10/22 の誤検出によって誤って補正されているとなると、補正前の軌道要素の方が近いのかも知れない。これも中村さんによると(太陽風などの影響による)非重力効果が強く働く事が予想されるそうで、精度は悪いらしい。

なので、旧軌道要素の予報位置と新予報位置の近くを撮影してみよう。
Photo_2
こんな感じ。
2015/12/19 0:00:00 (2015/12/18.6250UT)

1 赤経 09h35m00.0s  赤緯 +34゚00'00" (J2000)
2 赤経 09h30m00.0s  赤緯 +34゚00'00" (J2000)
3 赤経 09h25m00.0s  赤緯 +34゚00'00" (J2000)
4 赤経 09h20m00.0s  赤緯 +34゚00'00" (J2000)
5 赤経 09h35m00.0s  赤緯 +32゚30'00" (J2000)
6 赤経 09h30m00.0s  赤緯 +32゚30'00" (J2000)
7 赤経 09h25m00.0s  赤緯 +32゚30'00" (J2000)
8 赤経 09h20m00.0s  赤緯 +32゚30'00" (J2000)
9 赤経 09h35m00.0s  赤緯 +31゚00'00" (J2000)
10 赤経 09h30m00.0s  赤緯 +31゚00'00" (J2000)
11 赤経 09h25m00.0s  赤緯 +31゚00'00" (J2000)
12 赤経 09h20m00.0s  赤緯 +31゚00'00" (J2000)

これ、各コマを3分×4枚撮影したとして、12分+自動導入+オートガイド・キャリブレーション=約20分として
20*12=240=4... 4時間もかかってしまいますがな... うう~ん、野望は無謀で終わりそうな予感...

ってか、私の技術と知識と機材と気合いでは無理な相手なので再検出されるのを待つのが吉...

2015年12月16日 (水)

耳鳴り

耳鳴りが続くので、耳鼻科行ってみた。

ヘッドホン的な検査機器をいろいろ装着して検査した結果、突発性難聴が怪しいとのこと。
で、ググってみた。
発症した時、めまいがあるらしい。それも1回だけ... これって、ちょっと前にメニエールだって騒いだ時ぢゃね?
10/26に耳鼻科に行ってメニエールって事で薬貰ってきてた。最初にめまいが1回だけ起きてメニエールって診断だったけど、これは突発性難聴の症状にバッチシ合ってる。
で、突発性難聴って原因不明らしい...

で、ウィルス感染とかを疑ってステロイドを使うことに。
これがスゴい量。1日3回で、5mgを3錠、3錠、2錠飲む。って事は15mg, 15mg, 10mg 毎日、40mgもステロイド入れるの?!リウマチだと5mgでも多いと思ってたけど...
まぁ、短期間なのだろうけど、ちょっとビックリ処方だよ。

で、念のために24日に頭のMRI。脳腫瘍が疑われてるってコトだよね...

騒がしい場所だと気にならないのだけど、部屋でRadikoを聞きながらブログ更新してる時とか、かなり気になる。
寝ようとすると、そーとー気になって睡眠不足... トホホ

2015年12月15日 (火)

シャイン-シャルダハ彗星_20151212

ちょっと落ち着いたので、どこに写ってるのか分からない写真を再度チェックしてみた。

ってのが普通、ステラナビで探す時、星図は、一番暗い星まで表示される USNO-A2.0 サブセットを使ってるのだけど、これが暗い星はあるのに、逆に明るい星が無かったりして、分かりにくい場合もあるので、GSC-ACTで探してからUSNO-A2.0 サブセットに切り替えてみることにした。
そもそもが時間をおいて探すと見つかるってのも、結構多いし。

61p_20151212flcrop
シャイン-シャルダハ彗星
61P/Shajn-Schaldach, 2015/12/12.5876UT, 4*180s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, mag=15.7(SI7)
渦巻銀河はIC211

C2013v4_20151212cropfl
カタリナ彗星
C/2013 V4 (Catalina), 2015/12/12.6049UT, 4*180s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, mag=15.0(SI7)
15.8等星と重なっているので、実際にはもっと暗いはず。

なんだかんだで、結局ダメだったのは、 C/2015 G2 と 67Pで、どっちも自動導入の失敗っぽい。特定数/全撮影対象数 = 13/15 だったので、ヨシとしよう。

Photo_3
週末の遠征は、かなり、ドタバタ。
最初はほぼ晴れて、雲が邪魔しても10~20分だったけど、1時前に本格的に曇って、3時まで晴請の踊りを捧げてたけど、駄目だったので諦めて下山してウロウロ。
いい場所が見つからなかったので、明るいけど、自動販売機近くで設営して、らっぱさんに連絡(普通、4時頃メールしないよね (^_^; )で、自動販売されてた暖かい飲み物飲み過ぎて、遮蔽物の何もない畑に向かってオシッコしてるところをらっぱさんに見られちゃう...
明るくなるまで、らっぱさんと語りながらカタリナ彗星ってな日程だった訳です (^o^;

D70_8012
断末魔写真。薄明始まるまで焦って カタリナ彗星を撮影してたツモリが自動導入失敗してドコ写してるか謎写真...


池谷-村上彗星を誤検出した記事に著名な方からメールを頂いた。周期彗星のステラナビのデータは古い事が多いとの事。

そう言えば、ちょっと前にモンドシャルナさんと 329P/2015 T1 (LINER-Catalina)のデータが古いとかって話してたのを思い出した。

MPCの次のデータを使ってステラナビの軌道要素を修正。
   PK10V010  2016 03 10.1615  1.572522  0.489275  152.4039    3.7792    9.3875  20151209   8.0  4.0  P/2010 V1 (Ikeya-Murakami) 

モンドシャルナさんによると昨年誤検出されてて、その影響で最新の軌道要素が違っている可能性があるとの事で、そうなると範囲を広げて捜索することになるんだろうけど、パンスターズとかが検出ちゃいそうなのに検出されてないって事はバーストしないと暗くて見つからないのかも?
週末晴れたら、新しいデータの予報位置とその周辺を撮影してみよう。

81P/Wild 2 も軌道要素が古かったようで誤検出だったのを Facebookの天体写真観測グループで指摘されたので、2015/12/13の記事を修正しておきました
(やっぱ、身の丈にあった13等級くらいまでの彗星限定にしなきゃと、ちょっと反省。けど、きっとまた16等級とか撮影したい病気が出る予感)


今週は水曜(明日)~金曜が群馬、土日は熊本で、月曜~火曜は新潟。
週末晴れたら、撮影できなかった 88P, 116P, C/2014 W2 とかを撮影して、P/2010 V1も方法を考えてリベンジしたいけど、星空指数は金曜、土曜が10, 30。
月があるから明け方勝負かな。

2015年12月14日 (月)

リニア-カタリナ彗星_20151212

329p_20151212cropfl_2
リニア-カタリナ彗星
329P/2015 T1/LINEAR-Catalina, 2015/12/12.5423UT, 4*180s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, mag=17.0(SI7)

C2014a1_20151212cropfl
ソニア彗星
C/2014 A1 (SONEAR), 2015/12/12.4969UT, 2*180s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, mag=16.8(SI7)

230p_20151212cropfl
リニア彗星
230P/LINEAR, 2015/12/12.5285UT, 4*180s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, mag=14.2(SI7)

44p_20151212crop
ラインムート第2彗星
44P/Reinmuth 2, 2015/12/12.6179UT, 4*180s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, mag=17.1(SI7)

P2015q1_20151213crop
スコッティ彗星
P/2015 Q1 (Scotti), 2015/12/12.6319UT, 4*180s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, mag=15.2(SI7)

C2015v2_20151213crop
ジョンソン彗星
C/2015 V2 (Johnson), 2015/12/12.6577UT, 4*180s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, mag=16.8(SI7)

P2010v1_20151213cropcrop
池谷-村上彗星
P/2010 V1(Ikeya-Murakami), 2015/12/12.6700UT, 4*180s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/4 Trimming, mag=16.7(SI7)->Not Detected
池谷-村上彗星がバーストしたと思ったら、16.77等星と重なってた(-_-;。ぴったんこ真上なので、恒星が見えなかったけど、ステラナビを1時間ズラして発覚...orz

C2014s2_20151213cropfl
パンスターズ彗星
C/2014 S2 (PanSTARRS), 2015/12/12.8277UT, 4*90s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, mag=9.6(SI7)
低空で条件悪かったのに、こんなに綺麗。もっと上ってくれたらいいのだけど...

西原村の坂道ポイントで粘ってたけど、1時頃から完全に曇ってお手上げ。3時まで待ったけど改善しないので下山して空港横直線で設営。
ここで、らっぱさんにメール。
で、C/2014 S2(PanSTARRS)を撮影しようとすると、北側は熊本空港でめちゃんこ明るい... ので、他はISO6400で180秒露出なんだけど、90秒露出
加工前はピンク色の怪しい写真だったけど画像処理して、それらしく誤魔化した。

C2013us10_20151213fl
カタリナ彗星
C/2013 US10 (Catalina), 2015/12/12.8528UT, 4*90s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, No Trimming, mag=明るすぎて測定不能
山を下りたら晴れてはいたのだけど、低空は雲なのか霧なのかもわもわ。その中にC/2013 US10(PanSTARRS)はいたので、どうかな?と思いつつ撮影したけど、それでも自宅ベランダからよりは、随分と良く写った。イオンテールが分かれたりねじれたりしてる。

D70_7960
12/12~12/13にかけて、雲に邪魔されて泣きながら 15彗星を撮影したんだけど、半分くらいしか確認できなかった...
検出できないのは検出できないってのが分かるんだけど、悲しい例がコレ。
位置をノートに書いて手打ちしてるんだけど、誤記なのか入力ミスなのか、惜しいトコロを写しちゃってる...
まぁ、これはこれで残念なんだけど、もっと残念なのは、ドコが写ってるか謎な写真...
ステラショットとか使えれば、こんなトホホは防止できるのだろうけど...

R0016402
晴れると思って遠征したら、曇っててトホホってのが多いけど、こんな感じで山だけ雲がかかるってのが多いんだろうなぁ...
となると、ちょっと明るくても山の手前くらいで撮影しておくのが無難なのかな...

2015年12月13日 (日)

パンスターズ彗星_20151212

金曜の夜、残念な結果だったのでリベンジしてきた。

C2013x1_20151212cropfl
パンスターズ彗星
C/2013 X1 (PanSTARRS), 2015/12/12.5640UT, 8*180s, 20cm F4.0 Newtonian, Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, mag=11.5(SI7)
GPVは快晴っぽかったのに、実際は晴れたり曇ったり。撮影中、雲が湧いては消え湧いては消えする状態...

81p_20151212cropfl
ヴィルト第2彗星
81P/Wild 2, 2015/12/12.5108UT, 4*180s, 20cm F4.0 Newtonian, Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, mag=17.0(SI7)->誤検出でした
おうし座の銀河の中にいるので微光星だらけで、17等級くらいだとステラナビでは同定するのが難しい。予報位置に恒星とは異なる像があったので、ヴィルト第2彗星ではないかと思うけど、ほぼ検出限界なので間違ってたらごめんなさい。


【追記】
今夜、81Pの修正データが来たのでチェックしてみたら、最新データに更新されたのではなくて、古いデータで修正データを上書きされただけだった...orz

手動で更新したデータはアップデート時に上書きされないように要注意

2015年12月12日 (土)

パンスターズ彗星_20151211

星空指数が100だったので、西原村で彗星を撮影しまくってやろうと思ってた...ら、バンバン雲湧いて全然晴れやしない。
雲の隙間から辛うじて撮影したけど、20:30のGPVを見て、こりゃダメだなと諦めて撤収... なので欲求不満中

C2014w2_20151211fl
パンスターズ彗星
C/2014 W2 (PanSTARRS), 2015/12/11.4354UT, 3*120s, 20cm F4.0 Newtonian, Nikon D7000 ISO6400, No Trimming, mag=13.2(SI7)

88p_20151211fl
ハウエル彗星
88P/Howell, 2015/12/11.4671UT, 1*180s, 20cm F4.0 Newtonian, Nikon D7000 ISO6400, No Trimming, mag=16.0(SI7)
辛うじて1枚だけ撮影できた。直後雲に覆われてしまった

C2013x1_20151211fl
パンスターズ彗星
C/2013 X1 (PanSTARRS), 2015/12/11.4621UT, 4*180s, 20cm F4.0 Newtonian, Nikon D7000 ISO6400, No Trimming, mag=8.6(SI7)
ちょっと見ない間に、すごく明るくなってシッポも伸びてカッコいい彗星になってた。醜いアヒルの子みたいな彗星だ!

D70_7899
合成したら変になっちゃったけど、加工前は彗星っぽい色で美しい。さすが西原村だと180秒露出しても、このくらいしか白くならない。ベランダで60秒と同じくらいだと300秒くらい露出できそう。

C2013x1_201512112fl
再処理してみたら、それっぽくなりました。ステライメージ、どう処理すりゃいいか悩む... デジタル現像したら色が変になったので、デジタル現像せずにベイヤー・RGB変換して、メトカーフコンポジットしただけ。
で、できた画像をTiff保存してPaint.netでレベルとトーンカーブ調整。

C2013x1_20151211crop
1/2 Trimming

C2013x1_201512113cropfl
無理やりシッポ炙り出し。結構伸びてるみたい。

午前3時頃、星空指数100になってた。星空指数、当たってたけど、今夜はもういいや... ぐうぐう

2015年12月11日 (金)

M58銀河

M58fl
M58, 2015/12/08.8125UT, 8*60s, 20cm F4.0 Newtonian, Nikon D7000 ISO6400, No Trimming

左下にあるのは、NGC4567, NGC4568 が衝突してるところだそうです。

D70_7850
ベランダでISO6400, 60秒なので、実はこーんな感じ

M59fl
M59, M60 かみのけ座に近いおとめ座なので、ベランダからでも銀河だらけ。こっちは4枚合成

今週末は新月期なので山へ行きたいけど、天気微妙。なので、
金曜の夜中~土曜の朝、土曜夕方~夜中までって感じで3~4時間×2って感じになるかも...(東側狙いと西側狙いかな)

2015年12月10日 (木)

ボレリー彗星_20151209

カタリナ彗星の近くには、ヴィルト第4彗星(116P)がいるけど、もうひとつボレリー彗星(19P)もいるので、一緒に撮影してみた。

19p_20151209crop
19P/Borrelly, 2015/12/08.7931UT, 4*60s, 20cm F4.0 Newtonian, Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, Not Detected
丸印のトコロにいるハズだけど検出できず。ベランダだと13等級くらいがギリなので15等級くらいのボレリー彗星は無理... これでベランダの限界も分かった。
冬場の澄んだ空で月が無くても13等級まで。天頂付近はもちょっと行けるかも知れないけど、ベランダから上を見ると天井が見えるだけ。45°くらいまでしか撮影できないと思う。

C2013us10_20151209_3
カタリナ彗星は16枚合成してみたら、8枚合成より多少シッポが出てきた(と思いたい)

2015年12月 9日 (水)

カタリナ彗星_20151209 (C/2013 US10)

C2013us10_20151209fl
C/2013 US10(Catalina), 2015/12/08.8336UT(5:00:26JST), 8*60s, 20cm F4.0 Newtonian, Nikon D7000 ISO6400, No Trimming, 明るすぎて光度測定不能

前回、ISO3200で15秒で撮影してみたけど、もっと露出したらどうなるかの実験を兼ねて ISO6400の60秒で撮影してみた。

なので
D70_7883
加工前は笑うくらい白い。けど、合成してごにょごにょしたら、それなりに普通な感じになった。これ、ヒストグラムのピークは9/10くらいまで上の方に来てたけど、なんとかなるんですねぇ。

そもそもが、GPVだと熊本は曇りだし
Gpv_20151209
星空指数は10だったので、自宅ベランダで撮影できたらラッキーくらいだったのだけど、フタ開けてみたら快晴。まぁ、平日ど真ん中なので超早朝出勤する気力も無かったけど(加えて新潟帰りでヘロヘロ)

今日の教訓、めちゃくちゃ白くなっても、どうにかなる。

116p_20151209_grcrop
ヴィルト第4彗星
116P/Wild 4, 2015/12/08.8163UT(4:35:27JST), 8*60s, 20cm F4.0 Newtonian, Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, mag=13.9(SI7)
13.9等なので、山だったら楽に写るだろうけど、ベランダからだとギリだったので、モノクロの反転画像です

ぐだぐだ日記 新潟編

日曜から新潟行ってきた。

新潟は雪はなかったけど、小雨で寒かった。その間、熊本は晴天だったようで、凹む。

新潟には、海浜幕張に居たのと似た2連結バスがあって、BRTと言うらしい。なんかサンドイッチ的な名称。
なんで2連結バスが必要なのか分からないけど、Suicaが使えたのでヨシとしよう。

新潟駅前のホテルだったんだけど、スグ近くの居酒屋が宮崎地鶏の店だったので、地鶏の炭焼き食べて芋焼酎のお湯割り飲んだので、新潟感ゼロ。

で、自分土産はコレ。

R0016401
いろんな柿チョコ詰め合わせ。

骨粗鬆症だって言われちゃったから、ホントは↓みたいのを食べた方がいいのかもしれない

ついでに、何か見つけちゃうかも知れないしね (^o^)

2015年12月 8日 (火)

寒いから出たくない

寒いとフトンから出たくない。って感覚は爬虫類も一緒みたいで、最近すのーるん、ほとんど姿を見せない。

巣穴を下から温めてるので、穴の中は暖かいけど、出ると寒いってのが分かってるようで、ちっとも出てこない。

R0016390

R0016392
久しぶりに出てきたと思ったら頭が変。脱皮した時の皮が頭だけ残っちゃってる。

2015年12月 7日 (月)

骨粗鬆症

久しぶりに骨密度検査した。

以前は骨密度は大丈夫だったんだけど、今回は79%なんだそうで、ぐぐったら、70%以下が骨粗鬆症らしいけど、まぁ、ヨロシクないって事で薬出た。

R0016387
なんか、虫歯に効果あるガムみたいな名称

で、月1回だけ飲むそうな。で、飲んだら寝るな寝るなら飲むなって飲酒運転的な注意事項のある薬らしい。
毎月1日に飲むようにしようかと思ったけど、元旦は、朝から酒飲んで寝る可能性があるので、毎月15日前後の出勤日に飲む事にしよう。数日前後しても無問題らしいし(なら、1日にしといて、正月は2日か3日に飲めばいいぢゃんってツッコミが聞こえてきたけど、ま、いっか)

2015年12月 6日 (日)

月があったけど、炙ってみた

M101_1fl
カタリナ彗星が雲に隠れてて出待ちしてた時撮影してみたM101。ベランダだし、月もあったけど、炙ったら、そこそこ出てきた。ざーらざらだけど (-_-;

ISO6400で30秒を8枚。山だったら、120~180秒、うまくすると240秒くらいは露出できそうだけど、さすがにベランダだと30秒でもヒストグラムのピークは3/4くらい。

D70_7721
加工前はコレ。どこに写ってるのか分かりませんなぁ...

で、今日から新潟です。寒いんだろうなぁ...

2015年12月 5日 (土)

カタリナ彗星_20151205

モンドシャルナさんの超新星 2015bb の発見が確定したそうです。おめでとうございます(確定するまで結構な期間待つのはヤキモキしそう...)


カタリナ彗星(C/2013 US10)がスゴい事になってるらしいけど、ずっと雨で悶々。で、やっと今朝、雲の合間から辛うじて見えた。

R0016399
明け方の東の低空。この時、○印のところにいるんだけど、雲の中で何も写ってなかった。で、低空の雲が段々薄れてきたので、ヴィルト第4彗星を撮影しながら、じっとりと待ってたら、なんとか撮影できた(ウレシイ)

116p_20151205crop
ヴィルト第4彗星
116P/Wild 4, 2015/12/04.8194UT(4:39:32JST), 8*15s, 20cm F4.0 Newtonian, Nikon D7000 ISO3200, 1/2 Trimming, Not Detected
写ってるような写ってないような?って感じ。(発見者はスイスのワイルド博士らしいけど、ドイツ語発音でヴィルト博士らしい)

まぁ、自宅ベランダからだし、ちょっと上には月が輝いてるので、残念な写真になるだろうなと思いつつ撮影。

C2013us10_20151205fl
カタリナ彗星
C/2013 US10(Catalina), 2015/12/04.8739UT(5:59:32JST), 8*15s, 20cm F4.0 Newtonian, Nikon D7000 ISO3200, No Trimming, 明るすぎて光度測定不能

辛うじてシッポ写ったのでウレシイ。とりあえず8枚合成したけど、雲の合間だったんので全部で50枚以上撮影した(15秒だし)。雲から出たり隠れたりしてる動画ができそう (-_-;

C2013us10_20151205_2
フラット補正しないと周辺減光がこんなスゴい事になった

C2013us10
雲と戦ってる状態

2015年12月 4日 (金)

雨ばっかしで

最近雨ばっかりで、全然撮影できそうにない。

ので、早朝晴れてたら、久しぶりにベランダで撮影しちゃおうと思ってたんだけど、時折晴れ間はあるものの撮影は無理。

明日の早朝が若干良さそうだけど、期待してるダメなので期待しないフリして期待しちゃうw

2015年12月 3日 (木)

年賀状

そろそろ年賀状を考えなきゃね。

年に1回、プリンタがそこそこ仕事する機会だけど、インク入ってたかな?

基本的に会社関係とか出さないので、そんなに枚数出さないのだけど、半日くらいはかかっちゃうしね。

2015年12月 2日 (水)

カタリナ彗星

風邪で寝込んでた間にカタリナ彗星(C/2013 US10)がスゴい事になってるらしい。

これは撮影するしかないよね?と思うけど、絶賛降雨中だし...

金曜の朝か土曜の朝、ちょっと晴れるかも?って感じのGPVなので、そこそこ晴れるようなら益城町あたりで、期待できそうにないなら自宅で撮影かな...
東の低空だから西原村まで行っちゃうと山に近すぎて低空はダメかも知れないので。

で、やっと風邪治ったけど日曜から今度は新潟。どう考えても寒いんだろうなぁ...

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »