2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« ジョンソン彗星_20151219 | トップページ | 続・満月と対峙する »

2015年12月26日 (土)

満月と対峙する

快晴だったので、会社の忘年会をサボって撮影してみた。
けど、満月なんだよね...(-_-; 満月でノートが読めるくらいに明るい環境でどんな写真が撮れるのだろうか?

まだ薄明が終わらないうちに、コプフ彗星(22P)を狙ってみる。

D70_8128
ISO6400 で 20秒。青空ですねぇ

Photo
ニコンのViewNX2だとこんな感じ。

Photo_2
ステライメージに取り込むとこんな感じで、ヒストグラムが飽和してる訳ではないっぽい

22p_20151225flcrop
22P/Kopff, 2015/12/25.3968UT, 4*20s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, 光度測定不能 14等級程度と推測
ギリで確認できたかな?程度。高度13°の低空で薄明中の彗星は厳しいです...(ToT)

22p_dss_search
DSS

ギリギリ写ったかな?程度。20秒露出では厳しい... 彗星の位置に微光星があるようだけど、他の位置の微光星は写っていないので、多分、コプフ彗星ぢゃないかな?...な写真になってしまった。

C/2013 X1 (PanSTARRS)をISO6400の30秒、60秒、90秒で比較してみよう。

◆30秒◆
C2013x1_30

C2013x1_30_2
レベルの最大を6000まで下げて4枚合成してトリミングしてみる。

C2013x1_20151225_30crop
30秒露出をレベル調整だけして4枚合成。そこそこ彗星っぽい。

◆60秒◆
C2013x1_60

C2013x1_60_2
レベルの最大を11000まで下げて4枚合成してトリミングしてみる。

C2013x1_20151225_60crop
60秒露出をレベル調整だけして4枚合成。さらに彗星っぽい。

◆90秒◆
C2013x1_90

C2013x1_90_2

C2013x1_20151225_90crop
90秒露出をレベル調整だけして4枚合成。いよいよ彗星っぽい。

驚くべき事に撮影した現場でカメラで確認して、真っ白で星なんか写ってないようなレベルまで露出しても(ヒストグラムが右にくっついてる状態)炙り出すとなんとかなるっぽい。

C2013x1_20151225cropfl
C/2013 X1 (PanSTARRS)f, 2015/12/25.4515UT, 4*90s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming,mag=10.6(SI7)
90秒を4枚 メトカーフコンポジットして 1/2 トリミング。満月時でも明るい彗星は彗星っぽく写せる。ただ、月とは90度くらいは離れてるし、天頂付近の場合だけど。
ってー事は、月が無ければ、これまでよりもずっと露出しても大丈夫なのかも知れない。

30_60_90
露出時間によって微光星がどの程度写るようになるか比較してみた。30s. 60s. に比べ90s.は微光星の写り方に差が出ているし、コントラストが向上しているように見える。
以前は月がない暗い空でISO6400 90秒で処理してたけど、最近は180秒でやってた。次回は240~300秒露出してみよう。

D70_8109

D70_8182
こんな感じの場所で撮影してました。

50mmfl
50mmのカメラレンズで天頂付近を撮影してみた。満月でもアンドロメダ大星雲はそれなりに写ってますねぇ レンズの真ん中が丸く白くなってる... フードくらい付けなきゃダメだったかな?

50mm_2fl
気合い入れて修正してみた。これでどーだッ

« ジョンソン彗星_20151219 | トップページ | 続・満月と対峙する »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

10等位だと彗星らしい姿ではっきりと写りますね(^_^)v
これなら明るい彗星なら結構遊べますね、光度測定は正確さはどうなるんでしょう?
比較しているんでほぼ同じでしょうか??
月明かりは赤の成分が少ないですね、赤のレベルだけが極端に左に偏っていました、けむけむさんの左の山も赤ですか?
太陽の直接光と月の反射光の違いってやっぱ空気の存在の影響ですかねえ???
月は黄色なのに黄色には写らないし???疑問ばっかり(笑)

10等級くらいでも低空はダメで天頂付近は良さそうです。
光度測定も低空はダメで、ものすごく低い値になります。広がりのある天体の方が低空の汚れの影響を受けるのでしょうか...

月明りは青いですね。青成分が飽和して調整するとピンク写真になります。ってのが明日以降の記事です (^o^; 先取りされてしまった (^o^;

月光の影響がある時、めいっぱい露出するとカラーバランスはグダグダですが、モノクロ化しちゃえば、暗い彗星もある程度は検出できるみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/63149612

この記事へのトラックバック一覧です: 満月と対峙する:

« ジョンソン彗星_20151219 | トップページ | 続・満月と対峙する »