2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« ネオワイズ彗星_20151228 | トップページ | おせちを準備する »

2015年12月29日 (火)

年末に大トホホしちゃったの巻

C2013us10_20151228

Catalina
一目瞭然な大トホホ...
カメラのローパスフィルタが汚れたので、鼻歌交じりに綿棒とメチルアルコールで掃除したら、恐ろしい事ががが...
とりあえず、再度綿棒で掃除...

D70_8327
ピンボケ白壁でチェック... なんとかなったかな... 怖い怖い... 念のため、ペッタン棒をAmazonしておこう

カタリナ彗星は月があるとシッポ出ないとか50mmで撮っても存在は分かるとか色々書こうと思ってたけど、それどころではないくらいの大ショック

P2010v1_20151228_2crop

P2010v1_dss_search
池谷-村上彗星(P/2010 V1)の予想位置と対応したDSS。今回も周囲に怪しい天体はいなかった

116p_20151228crop
116P/Wild 4, 2015/12/27.8224UT, 4*60s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming,mag=16.1(SI7)
ヴィルト第4彗星は明るいので月があって60秒でも写ってくれた。14等級くらいの予想だけど、月があると暗い値になってしまう事が多い。

C2014s2_20151228
C/2014 S2 (PanSTARRS), 2015/12/27.8385UT, 4*60s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, No Trimming,mag=10.5(SI7)
シッポはあるような無いような... ってな事より、やっぱり、このまだら汚れが気になってしょうがない... ちゃんと無くなってますように...


ってな訳で早朝の失敗を夕方から確認してきた。

D70_8333
で、こうなった。ヨシヨシ。汚れは落ちた。右上にリング状の良く出る汚れは出てるけど、コレはペッタン棒で掃除してみよう... とか平然と書いてるけど、実は別のトホホ中。
カメラにJpegで記録されてましたの巻...orz
RAW出力設定にしてたんだけどなぁ... 設定変更した覚えないんだけどなぁ... 間違えて変更しちゃってるなぁ... まぁ、しょうがない。Jpeg使って合成せねば...

C2014s2_20151228_2cropfl
C/2014 S2 (PanSTARRS), 2015/12/28.4045UT, 4*60s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming,mag=10.0(SI7)
Jpegでも、そこそこ処理できますねぇ。レベル調整とかRAWからやるのと全然違うけど。
で、月がないと、かなりの低空でも、それなりに写りますね。やっぱ、月あると厳しいのを再認識(撮影時の彗星の高度は17°)

C2014w2_20151228cropfl
C/2014 W2 (PanSTARRS), 2015/12/28.4118UT, 4*90s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming,mag=14.0(SI7)

10p_20151228cropfl
10P/Tempel 2, 2015/12/28.4194UT, 4*90s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming,mag=12.6(SI7)

249p_20151228_2cropfl
249P/LINEAR, 2015/12/28.4270UT, 4*90s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming,mag=15.9(SI7)
淡く広がっているので、光度測定値は低くなっちゃってるけど、もっと明るいはず。明け方の 19P/Borrelly に似た雰囲気。

C2011kp36_20151228_mcropfl
C/2011 KP36 (Spacewatch), 2015/12/28.4348UT, 4*90s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming,mag=16.7(SI7)
近日点距離が4.87もあるので、木星軌道くらいまでしか近寄って来ないくせに、そこそこ明るい。来年もずっと同じくらいの明るさなんだろう。

C2011kp36_dss_search_3
チェック用DSS

318p_20151228_mcrop
318P/McNaught-Hartley, 2015/12/28.4456UT, 4*120s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, Not Detected

204p_20151228_mcrop
204P/LINEAR-NEAT, 2015/12/28.4546UT, 4*120s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, Not Detected

C2015f4_20151228crop_3
C/2015 F4 (Jacques), 2015/12/28.4635UT, 4*120s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, Not Detected 夕方撮影した写真は全て上が北

C2015f4_20151228800
この16等星が彗星と重なっているっぽい
C2015f4_dss_searchcrop
円内の右側の星と重なっていると思うけど、分離できないので確認できない... この程度に暗くなった彗星が銀河の近くにいる時は、確認不能になってしまう...


【追記】モンドシャルナさんからC/2015 F4 の位置が違うとの指摘を頂いて調べてみました。

C2015f4_
これがステラナビのオリジナルデータ

で、MPCの軌道要素が
CK15F040  2015 08 10.8573  1.643897  0.985796   36.3446  285.9566   48.7049  20151230  11.0  4.0  C/2015 F4 (Jacques)
なので、これで書き換えてみたけど、結局位置は同じ。

12435594_1713344322217893_193748827
モンドシャルナさんによると○印が彗星の位置との事。で、脂汗流してよーくチェックしたら、位置を間違えた犯人はステラナビでなくて、私らしい (-_-;
ステラナビで表示されてない微光星と間違えたっぽい...orz

モンドシャルナさん、ご指摘ありがとうございました & お手数おかけしました。

検出できませんでした...って結果は変わらず。このくらいまで暗くなってしまうと無理なんだなと再認識です。


薄雲はあったと思うけど比較的良い状態でも、金峰山から西側、16等級は検出できなかった。西原村に比べたら、やはり明るいのだろう...(熊本市西区だしね (^_^; と言って西原村から西側だと金峰山よりずっと明るいから全然ダメだし。

となると、西側で狙えるのは14等級くらいまでで、東側だとうまくすると16等級も狙える...くらいに考えておくのが良さそう。

18:30~20:00の90分間で C/2014 S2, C/2014 W2, 10P, 249P, C/2011 KP36, 318P, 204P, C/2015 F4 まで撮影できたので、12分で1対象くらい。60~120秒露出*4 で。かなりバタバタになる。
ホントは、月が出るまで(20:30)に、C/2013 X1, C/2014 N3, C/2013 V4, 88P も撮影したかったのだけど、欲張り過ぎですねぇ (^o^;
と、月がある時の努力は結構空しいってのも、再認識。やっぱ、全然違いますなぁ...

とりあえず、ローパスフィルタの汚れが落ちてたのでヨシとしよう。

« ネオワイズ彗星_20151228 | トップページ | おせちを準備する »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

センサー、綺麗になって良かったですね。

ペッタン棒はいざという時あると便利ですよ。

使用頻度は少ないんですが、結局、自分も買っちゃいました(^^ゞ

いやぁ、めっちゃ焦りました (^_^;
いつもと同じようにやったツモリだったんですが... (^_^;
丸いリング状に汚れが付くことが多いので、今度はペッタン棒で試してみたいと思います

センサーのゴミ写りは今はあまり問題にはなりませんが以前はしょっちゅうゴミ取りやってました
結構スジがはいったりしてましたが一般撮影にはそれほど影響は有りませんでした、が天体写真には気になりますね、昨夜の画像にはデッカイゴミが写っていました、画面を見ながら撮影しててしばらく気が付かなかったと言うお粗末でした(^^;)

S2が写せるってのは金峰山の魅力ですね、東側からは厳しい条件になりますからねえ少し西寄りになったらもう撮影対象から外しています、西寄りってのは時間的にバタバタする事が多そうなので天草辺りまで遠征でもしないと撮る気が出ません・・・・その点金峰山は近いので良いですね、家からは遠いですが・・・(^_^)v

やっと御飯食べて茶碗も洗ったから遊ぼっかな(^_^)v

しょっちゅうリング状のゴミが付くんですよね...
でいつも綿棒メタノールで秘術を使って綺麗になってたんですが、メタノールを付け過ぎたのか、センサー全面にべったりを何かくっついちゃったようで、あわわってしまいました。
綿棒メタノールで2回掃除したら綺麗になりました。光を反射させると薄い筋があるけど、撮影しても分からないようです。
リング状のゴミは今後ペッタン棒でやってみようと思います(ペッタン棒を習熟しなきゃならないけど)

金峰山はウチから15分なのでいいのですが、やっぱ、どっちも少し明るいです。
北西方向は玉名の光かな...
南西が一番くらいですが、西~南はそこそこです。東側は笑うくらい明るいです (^o^;

今夜はモヤってるので、金峰山行こうかと思いましたが断念してゴロゴロです。
明日は晴れたら西原村で22時頃まで撮影しようかな~(晴れるかなぁ)

アストロアーツのHPにも投稿しましたが、C/2015 F4は私が12/07に撮った時には若干拡散はしていましたが、しっかりとした16.3等の彗星状だったので20cmで十分捕えられる対象だと思います。PM2.5など空の状況が悪かったか月齢17の月の影響だと思います。

16等級でもハッキリ写せる場合もあるので、空の状態次第みたいです
山で東側が良くて西側はどこでも、ちょっと明るいのが影響してそうです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/63190128

この記事へのトラックバック一覧です: 年末に大トホホしちゃったの巻:

« ネオワイズ彗星_20151228 | トップページ | おせちを準備する »