2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« ネオワイズ彗星_20160101 | トップページ | 荷物を整理する »

2016年1月 3日 (日)

ハウエル彗星_20160101

元旦の夜、素晴らしい快晴になりそうだったけど、朝から続く低空のモヤモヤは解消していなかったので、少しでも澄んだ空気を求めて、西原村で一番高い観測ポイントである東屋ポイントに設営してみた。

20160101_171628
牧草ロールや坂道ポイントから見える特徴的な山が横に見えるくらいで、標高が631mらしい。

まだ明るいうちに設営して、フラットを撮影したりして、余裕かましちゃう。
Photo
なので、今回は基本的にこんな画像セットで処理してる。上からフラット(ISO400 20sec.)、フラット・ダーク(ISO400 20sec.)、ダーク(ISO6400 240sec.)、ライト(ISO6400 240sec.) をそれぞれ4枚。

20160101_171641
初日の入りが綺麗だった。

20160101_180725
撮影待機中風景。で、暗くなって撮影しようとしたら、近くの草むらでガサガサ音がする。ライトを当ててみたら、キツネだった。

20160101_182908crop
スマホなので、謎の生き物っぽいけど、大人のキツネ。こいつが撮影されても逃げもせず、3mくらいまで接近した後、反対側へゆっくりと歩いていった。
こんなフレンドリーなキツネは初めて。タヌキは稀に近くを歩いてるけど、そもそもがキツネはタヌキより圧倒的に個体数が少ないようで、滅多にみかけない。
このポイントは夜景を見に来るバカップルどもが餌を与えたりして人に慣れちゃってるのだと思う。

撮影中、バカップルに邪魔される懸念があったのだけど、らっぱさんが合流して、駐車場(車4台くらいの小さな場所)を占有して怪しいおっさんが二人でゴソゴソやってる効果は絶大で、バカップルが来ても撃退できた (^o^)/
帰省してる親戚の子供(中学生くらい?)を大勢引きつれた中年夫婦が来て、星が見えるとか 10分くらい騒いでたけど、まぁ、あのくらいなら許す。

88p_20160101crop
88P/Howell, 2016/01/01.4469UT, 3*180s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, mag=16.2(SI7)

ハウエル彗星は、かなり太陽から遠ざかったようで、見かけの移動量が少なくなって、2015/12/30 に撮影した写真と近い位置にいるので、写真を比べると移動している様子が分かりやすい。↓が前回の位置。
88p_20151230cropfl
88P/Howell, 2015/12/30.4318UT,  4*180s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, mag=16.4(SI7)

C2015g2_20160101crop
C/2015 G2 (MASTER), 2016/01/01.4548UT, 4*240s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, mag=17.6(SI7)
暗くて小さいけど、メトカーフコンポジットするとハッキリ分かりますね。

81p_20160101crop
81P/Wild 2, 2016/01/01.4615UT, 4*240s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, mag=14.9(SI7)
ヴィルト第2彗星は、12/30に、どこにいるのか分からないくらい暗かった(もしくは明るい星に隠されてた?)ので、相性悪いとか悪態ついてたけど、今回は探す必要がないくらい明るくてシッポまである。
再度チェックしたら、前回は11等星を重なって分からなくなってただけっぽい。撮影時間を数分ズラしていれば、大丈夫だったはず... 今回、らっぱさんが確認できないと嘆かれてる... なかなか面倒な81P (^_^;

329p_20160101crop
329P/LINEAR-Catalina, 2016/01/01.4909UT, 4*240s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, mag=16.1(SI7)
左側の光は移動してないので雲ではなくて何かの光が入りこんだものっぽいけど、謎

230p_20160101crop
230P/LINEAR, 2016/01/01.5052UT, 4*240s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, mag=14.2(SI7)
こちらも、かなり明るい。

C2013v4_20160101crop
C/2013 V4 (Catalina), 2016/01/01.5181UT, 4*180s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, mag=15.5(SI7)

C2010u3_20160101__2
C/2010 U3 (Boattini), 2016/01/01.5221UT, 4*180s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, Not Detected.
C/2010 U3 (Boattini) は写らなかった。2019年にはもう少し明るくなるようなので、その頃まで待たないと無理かな...

C2015v2_20160101crop
C/2015 V2 (Johnson), 2016/01/01.5480UT, 4*240s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, mag=16.4(SI7)

P2015q1_20160101crop
P/2015 Q1 (Scotti), 2016/01/01.5625UT, 4*240s, 20cm F4.0 Newtonian,  Nikon D7000 ISO6400, mag=16.5(SI7)

24時くらいまで撮りまくってやろうと思ってたけど、22:00頃から怪しい黒い雲が湧いてきて22:30には撮影を断念。待っても回復しそうにないので、ちゃっちゃと撤退。
東屋ポイント、バカップルは来るけど、狐もいるし、また行ってもいいかな?って感じ。
ただ、さすがに寒くて、今年初めて車に霜が降りてた。


フラットを撮影したので、フラット補正した場合としない場合、FlatAideを使った場合で比較してみた。

Flat_
①フラットを使用せずにコントラスト調整

Flat__2
②フラットを使用後、コントラスト調整

Flat_flataide
③ ①をFlatAideで補正

②のフラットを使う場合が最もコントラストが良くなったような気がするけど、中央部が赤っぽくなってる。フラットを夕方の薄明時の東側の空で撮影したけど青みが残っていたためだろうと思う。

Flat_1
フラット補正による差。調整しない場合(以降、左側:フラット無、右側:フラット有)

Flat_2
レベル調整した時の差

Flat_3
トーンカーブ調整した時の差

彗星が分かりやすくなるかどうかに着目しているので、綺麗な作品を仕上げたいって人には参考にならないと思う。
フラットを使った方が淡い天体のコントラストが改善するようなので、今回処理した彗星画像は全てフラット補正を実施してある。


見つからないと嘆いていた 池谷・村上彗星 (P/2010 V1) はパンスターズが検出して、331P/2015 Y2 Ikeya-Murakami になったようです。
大晦日の検出で検出光度が20.8等級のようなので、当面撮影しても無理ですね... バースト待ちになりますねぇ

_
2016/01/04 0:00 の位置 20等級なのでモチロン写りません (^o^)/

__2
2月になると、夜中に天頂付近

__3
3月だと、22時頃が見ごろ?この頃には撮影できるくらいまで明るくなって欲しいなぁ

« ネオワイズ彗星_20160101 | トップページ | 荷物を整理する »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

初撮りとして十分な成果でしたねえ(^_^)v
東屋まで行くと17等前まで何とかなりそうな気がします、ただ同定に根気が必要ですが・・
フラット画像の効果は撮るだけの価値は十分有るようですね、見た目だけではない捉え方が必要と言う事ですね
私も少しは見習わないといけません、すぐ面倒になってしまうので・・・(^^;)

今晩は明日の事も有るので厳しいですね、仕事始めにはすっきりとした気分で行かないといけません、私が代わりに行って来ますから(^_^)v

今夜はよろしくお願いします (^o^)

ニュートラルグレーのフラットなんて、どう撮るの?って気もしますが、まぁ、青くてもとりあえず大丈夫かな?と思ってます。

あけましておめでとうございます。
新年からたくさんの彗星を精力的に撮影されていますね。
フラットは淡い対象を浮き出させる(?)ためには重要なのですが、なかなかむつかしいですね。
私の場合、口径の小さな屈折でデジカメで撮影するときはiPadにトレーシングペーパーを張って使っています。
普通に撮影した時の背景のRBGに合わせるように、iPadのアプリでその色を合成し調整してつくるとうまくいくような気がします。

くろさん
あけましておめでとうございます。
フラット難しいです... 実は朝からパソコンのモニターを使ってやってみたんですが、明るすぎて1/50秒とかのシャッタースピードになってしまうので断念しました。
ベランダからの夜空が笑えるくらい明るいので、晴れた夜に光害を使って撮影してみようかと考えてます。
うまく合うフラットを作って、くろさんの撮影されたようなシッポの長いカタリナ彗星を撮影してみたいです (^o^;

新年早々活動してはりますね~^^
今年もたくさん期待しておりますよ。
よろしくお願いいたします。

新年早々大漁ですね。329Pの迷光は4°南にいるアルデバランのゴーストですね。P/2010 V1は検出されたけど、20等じゃ写らないはずだし、軌道要素がかなりズレていたのであらぬ方向を撮っていたみない。2014年10月の誤報告がたくさんの人達に迷惑をかけていたことになる。

ひよちゃん
大晦日も元旦も夜徘徊できたので、いい年になりそうです (^o^)/
今年もよろしくお願いします。

モンドシャルナさん
アルデバランですかぁ。そうかもですねぇ。まぁ、しょうがないですね (^_^;
331Pは20等級では手も足も出ません... バースト待ちですね... 来月くらいになったら、もちょっとは明るくなるかなぁ...
今回の標高630mのポイントは結構いいのですが、これからは凍結が怖いです (^_^;
今年は暖冬なので、これまで車に霜も降りなくて助かってたのですが...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/63264144

この記事へのトラックバック一覧です: ハウエル彗星_20160101:

« ネオワイズ彗星_20160101 | トップページ | 荷物を整理する »