2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« カタリナ彗星_20160115 | トップページ | ヴィルト第2彗星_20160115 »

2016年1月17日 (日)

カタリナ彗星_20160116

色々撮影してきたんだけど、派手なのと気になってるのから画像処理しちゃうので撮影した順番とは全然違うけど、ま、いっかー。

C2013us10_20160116
C/2013 US10 (Catalina), 2016/01/15.7266UT, 4*240s, 20cm F4.0 Newtonian, Nikon D7000 ISO6400, No Trimming, mag=大きすぎて測定不能
240秒にしてもシッポの写り方は大差ないようなので、もっと短い露出で枚数撮った方が良かったみたい...orz やっぱ、4枚合成より8枚合成の方が全然綺麗に出来上がりますねぇ (^_^;
シッポの途中に節があるように見えるのは、IC951銀河(14.0等)

C2014s2_20160116crop
C/2014 S2 (PanSTARRS), 2016/01/15.7427UT, 4*240s, 20cm F4.0 Newtonian, Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, mag=8.4(SI7)
一晩中見えてはいるかも知れないけど、ずっと低空で明け方に昇ってくるので、ホントは6時頃撮影すれば高い位置でもっと綺麗になりそうなんだけど、諸般の事情で2:30頃撮影(高度 23度くらい)
西原村の坂道ポイントは結構暗いのだけど、北側は阿蘇市の明かりだろうか、ちょっと明るい。けど、ISO6400 240秒露出でも全然イケるのが分かった。
やっと C/2014 S2 が雲に邪魔されずに撮影できた (^o^) シッポが2方向に出てるような感じ?(どっちもダストっぽいけど...)
【熊本のJ.K.さんから連絡をいただき、やはりシッポが2本確認できるとの事で、「右の緩やかに曲がった部分が最近の活動から放出された尾でダストが多いです。 左側の直線上の濃い部分は古く重いダストの尾で軌道面に分布しています。」との事でした。】

C2013x1_20160115crop
C/2013 X1 (PanSTARRS), 2016/01/15.4323UT, 4*30s, 20cm F4.0 Newtonian, Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, mag=8.5(SI7)
近くに、月齢5の太った三日月があったけど、C/2013 X1は明るいのでシッポまで写ってくれたし、それらしい色も出たのでウレシイ。

C2015x8_20160115crop
C/2015 X8 (NEOWISE), 2016/01/15.6093UT, 4*180s, 20cm F4.0 Newtonian, Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, Not Detected.
ネオワイズ彗星は暗くなって、もう写らなくなってしまったようだ。前回より全然条件良かったのだけど...

池谷・村上彗星(331P) は無理な暗さだけどバーストしてるかもかも?ってんで撮ってみた。
【こちらもJ.K.さんからメールを頂いて、池谷-村上彗星で間違いないだろうとの事と、まだ正式には331Pではないとお知らせ頂いたので記事を修正しました】331p_20160115cropcrop
P/2010 V1(2015 Y2)/Ikeya-Murakami, 2016/01/15.6380UT, 4*240s, 20cm F4.0 Newtonian, Nikon D7000 ISO6400, 1/4 Trimming, mag=17.6(SI7)
右側が本体、左B核。ステラナビはアレなので、軌道要素は吉田さんのページのものを使用した。 ISO6400で240秒露出できたので、空の状態は良好。331p_dss_search_2
DSS

月に邪魔されてる時、エスキモー星雲(NGC2392) っての撮ってみた。

Ngc2392_800
ちっちゃー

Ngc2392crop
ゴリゴリ処理したら、なんとなく模様が出てきた。
これは明るくて、ISO6400で20秒で撮影。長時間露出すると白トビして潰れちゃう。
1600mm 直焦点で撮影してみると面白いかも?
拡大してみると光軸がズレてるのか変なニジミがあるのがバレバレ。20秒だからノータッチで撮影したけど、左右に微妙に動いてるのか明るい星が土星みたいになっちゃってる (>o<) ニジミは他の写真にもあるけど、オートガイドしてると土星化は起きてない...
ちゃんと撮影前にコリメータで確認したんだけどなぁ... ひょっとしてカメラを取り付ける時に微妙に傾いちゃう事があるのかも知れない。
(これで色々調整しちゃうと、またフラット撮影し直しだな...)

« カタリナ彗星_20160115 | トップページ | ヴィルト第2彗星_20160115 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

天気が良かったようで撮り放題でしたね(^-^;

尻尾がキレイに写っていて羨ましい‼

そのうちにリベンジしてきます❗

やりたい放題でした (^o^)/
久しぶりに一晩中快晴でした。太平洋側に住みたいです~

良いお仕事が出来たようですね(^_^)v
池谷-村上彗星の光度まで測定できるなんてす・ご・い\(^o^)/
8枚で相当に滑らかになりますね、私は今朝31枚でここまではどうかなあ?って感じでした(^^;)
S2の尻尾も良く出てますね、カタリナは先日のにはウネウネが有ったようなのですがこの日のは
処理違いなのか・日々の変化かちょっと解り難いように感じました(^^;)、でも処理が綺麗です(^_^)v
来週は宮崎遠征・・・・(笑)

カタリナのシッポは日々変化してるようで、去年のラブジョイみたいですねぇ
池谷-村上はほぼノイズと区別できないです。もう少し明るくなってくれないと、う~ん?って感じにしか写らないです。
来週宮崎行くんですか?って来週って月がデカいような?夜神楽でも見に行くんですか?

最近は、先日、東屋で撮った青いフラット使って処理してますが、このくらいフラットになってくれるので、FlatAideは使わなくて済んでます (^o^)
コントラストも向上するような感じです。

ステライメージで処理する時、レベルで上をあんまり切り過ぎないようにすると、ザラザラ感が減るみたいです。ギリギリまで攻めちゃうとザラッとしちゃうみたい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/63494166

この記事へのトラックバック一覧です: カタリナ彗星_20160116:

« カタリナ彗星_20160115 | トップページ | ヴィルト第2彗星_20160115 »