2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« カタリナ彗星_20160203 | トップページ | 池谷・村上彗星_20160205 »

2016年2月 5日 (金)

リニア彗星_20160203

230p_20160203crop
230P/LINEAR, 2016/02/03.5016UT, 2*180s, 20cm F4.0 Newtonian, Nikon D7000 ISO6400, 1/2 Trimming, mag=15.6(SI7)

水曜日、久しぶりに晴れそうだったので西原村へ行ってみたんだけど、着いたら絶賛曇り空でどよよん。しばらく待ってたら、雲の合間から北極星が見えたので極軸合わせて、雲を通してアライメント。
で、C/2013 X1, C/2013 US10 を撮影してたら、晴れ間が増えてきて、一時的にはほぼ快晴。

230Pの前に81Pも狙ったのだけど、正確なGOTOの基準星が天頂を超えてたようで、彗星を導入する時に、赤道儀がグルっと回ったら、導入精度が悪化したようで、ギリで写ってなかった...(-_-;
やっぱ、グルっと180度しちゃった時は、別の基準星にして再導入しなきゃダメですね...

撮影した写真をチェックしたら、像が伸びてるのを発見。う~ん?コリメータで調整したんだけどなぁ?と思いつつ、ピンボケ同心円見てみたら、やっぱ偏心してるので、同心円を見ながら主鏡を調整。

_
調整前

__2
調整後

ピンボケリングで調整してみたけど、結局、合ってない。けど、この調整後にコリメータで確認したら、戻ってきた光が結構ズレた位置になってて、う~ん?と唸りながら、コリメータを回転させてみたら、中心になる位置もあった。
うぬぬぬ、こしゃくな!と思ったけど、コレは斜鏡や主鏡ではなくて、接眼部が傾いてるからぢゃね?って気がしてきた。思い当たる節があるし...

なので、今度、コリメータ回転させつつ、接眼部の調整をしてみよう。

で、やってみた。

R0016479

R0016480
コリメータを回転させると、こんな感じでポイントが移動する。

R0016481
ココを調整して、どっち向けても移動しないように調整しちゃえばいいんぢゃね?

ってな感じでやってみたんだけど、驚くべき事に、コリメータの取り付け精度が怪しくて、結構曖昧... これぢゃ、どう調整してもカメラを取り付けた時にズレちゃうような気が... ううう~ん...

« カタリナ彗星_20160203 | トップページ | 池谷・村上彗星_20160205 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

230Pは暗くなったけどしっかり写ってますね、81Pは残念・・・一回りすると最初に合わせておかないとずれる事多いですね(^^;)

私の光軸は車で移動しても今の所ズレは起きません、主鏡が曲がるくらい強く締め込むからかなと思っています、コリメーターは紙をまいてガタが無い様にしているつもりです、コリメーターの調整を教えてもらってから結構良くなったように感じてます。

今夜は行くつもりですがX1は無理でしょうねえ、時間的に・・・(-_-;)

C/2013 X1だけを考えると金峰山もありと思いますが、他を考えるとやっぱ西原村になっちゃいます
今夜はどうでしょうねぇ
低空モヤモヤですね。東屋か吹きっさらしがいいかなぁ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/63784912

この記事へのトラックバック一覧です: リニア彗星_20160203:

« カタリナ彗星_20160203 | トップページ | 池谷・村上彗星_20160205 »