2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« レンズ交換してきたよ | トップページ | これは何ですか?ふたたび »

2016年8月 7日 (日)

これは何ですか?

これは何ですか?

Ngc253

Ngc253_2_2

なんか、アンドロメダ座の大星雲っぽいけど、実はNGC253銀河。ちょうこくしつ座にあるので、マイナーだけど、でっかい。上がBKP200/F800、下はGS-200RC。

そもそもがちょうこくしつ座なんて、どこにあんだよ?的なマイナー星座だけど、今の季節だと明け方見える。ので、初秋の明け方とか狙いやすいのがコレ。

っつーても、最近撮影した訳ではなくて、1年くらい前に撮影したもの。それをステライメージ7のソフトウェアビニング使って処理してみた。
で、ソフトビニングした後処理すると、サクサクでコンポジットできちゃうぢゃん!ってのと、ワークフローってのの使い方がやっとわかった(これまではちくちくすべて手作業でベイヤーRGB変換とかしてた訳なんだけど)。
すげー楽になった...

ついでに言えば、GS-200RCの方は実はISO25600(二段増感)で撮影して、元画像は恐ろしい事になってるのだけど、16枚合成したら、それなりになってるので、これはこれでアリかと思う。

M101_2fl
先日のM101も2*2 ビニングで再処理してみたけど、8枚合成だとう~ん? 銀河は16枚合成するのがいいかな?

で、

これは何ですか?

Dscn0181_2

金属製のワッカ。マイクロフォーサーズをTマウント(M42*0.75)に変換するアダプタ。

これの厚さが気になってたので買ってみた。

Dscn0182_2

13mmくらいと、ほぼ予想通り。

Dscn0183_2

ニコン->マイクロフォーサーズアダプタとくっつけも、40mmくらいの厚さ。なので、Nikon D7000とフランジバックは大差ないくらいになりそうって事で、BKP200/F800でも合焦点する可能性が高い(やってみなきゃ分かんないけど)。

Dscn0184
合わせても 150g くらいなので、総重量は、560g。D7000がバッテリ込だと 780g なので、少し軽くなって、GS-200RCにはウレシイ(カメラ側が重くなる構造なので)。
あぷらなーとさんのブログにあるレデューサ付アダプタも気になってるけど(それを使えば、焦点距離がこれまでとほぼ同じになる)、ちょっと微妙なようなので、KIPONあたりが出すのを待ってみようか...

これで外堀は全部埋まった(パソコン、電源、マウントアダプタ)ので、いつASI1600MC-Coolが来ても問題ない状況になったのだけど、いつ来るのだろうか...

Dscn0187
微妙な色合いの朝焼けで涼しい朝。夜、星も綺麗に見えていたので、猛暑は続いてるけど、上空は秋の空気も入ってきているのかも知れない。

« レンズ交換してきたよ | トップページ | これは何ですか?ふたたび »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

ASI1600MC-Coolはお小遣いで買えそうな価格なので悩ましいですね(私には到底無理ですが)。買ったら速攻でリポートお願いします。

Nikon D500 か ASI1600MC-Cool かで悩んでましたが、Nikon D500の高感度がイマイチ(?)ってか、D7000が予想以上に良くて、費用対効果が感じられそうになかったので、ASi1600MC-Coolに舵を切りました。
いつ到着するか不明です...
どっちみち、今月は遠征は厳しいので(来週はほぼ外出もしないかも)、レポートは来月になりそうです。
(それまでに撮影できるレベルまで到達できるかどうか...)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/66872847

この記事へのトラックバック一覧です: これは何ですか?:

« レンズ交換してきたよ | トップページ | これは何ですか?ふたたび »