2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« ASI1600MC-Cool sixth impression | トップページ | ファインダー台座を調整する »

2016年8月17日 (水)

総露出時間を確認する

総露出時間 = 1枚の露出時間 × コンポジット枚数

だろう。

総露出時間が同じなら、コンポジット結果は似ているのだろうか?やってみた。

Test_4x64secs
64秒×4枚コンポジット

Test_64x4secs
4秒×64枚コンポジット
この状態だと露出時間64秒と4秒の比較でしかないので、こいつのレベルを調整してみる。

Test_64x4seclevels
これで64秒露出と同じような明るさになったと思うので、両者を等倍切り出ししてみる。

Photo_4
なるほど。ディテールは似たような感じかも。4秒露出を集めてもすごく暗いのは写ってないって結果になるかと思ってたけど、夜景では良く分からない。

これは天体でやってみなきゃ良く分かんないか...

« ASI1600MC-Cool sixth impression | トップページ | ファインダー台座を調整する »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

面白い実験ですね。
総露出時間何分とか、良く天体写真に張り付けてありますが、あれですね。
星でのテストも期待してます。

星でテストしようと思ってたらあぷらなーとさんが素晴らしい記録をupされてます\(^^)/

あぷらなーとさんのblogへのコメントの記入の仕方、やっと理解できました。(汗)

Exsiteブログって、コメントボタンは逃げるし、投稿の反映遅くて二重投稿になったりするので、コツが要りますね(^_^;

オヤジさん、ASI1600MC-Cool 超いいっすよ\(^^)/

>オヤジさん、ASI1600MC-Cool 超いいっすよ\(^^)/
我が家で一番威張ってる財務省担当に言って欲しいです。(笑)

超いいっすよ〉 財務担当さん

これで、バッチシ

おひさ・・超いいってのは実験記事から想像できますねえ、ただ私的にはソフトの操作がチンプンカンプンでよく分らんのでけむけむさんの現場に出向いて教えを請おうかと思っています。
まだ導入には至っていませんが「考え・・・」中と言いたい所ですが暑さで頭が動かない状態が続いています、はやく涼しくなって欲しいです
ベランダに出るだけで「しな~・・」っとなってしまいますから(>_<)
6D後継機も気になるし(出ないと言う話もあるし・・)頭の中がモヤモヤ状態です、明るい彗星が現れるとスッキリするかもなあなんて思ったり・・・

SharpCapは最初分からず悩みましたが、なんとなく使えるようになってきたので、大丈夫(?)です。
さぁ、いますぐ、ポチっとw
なんか、だんだんZWOの回し者のような気がしてきた。ちょっとくらいバックマージン来てもいいんぢゃねw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/66992185

この記事へのトラックバック一覧です: 総露出時間を確認する:

« ASI1600MC-Cool sixth impression | トップページ | ファインダー台座を調整する »