2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« カタリナ彗星_20160910 | トップページ | 串田彗星_20160910 »

2016年9月11日 (日)

ピゴット・リニア・コワルスキ彗星_20160910

226p_20160910
226P/Pigott-LINEAR-Kowalski, 2016/09/09.7458,  3*60s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=2, Gain=400, Exposure=30, Temperature=-10), No Cropping, mag=15.1(SI7)

ピゴット・リニア・コワルスキ彗星は短い尾があるようで、もっと沢山撮影できれば良かったけど、途中から雲がきて、使えたのは3枚だけだった...orz

174p_20160910
174P/Echeclus, 2016/09/09.7080,  16*30s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=2, Gain=400, Exposure=30, Temperature=-10), No Cropping, Undetected

エケクルス彗星がバーストして14等級って事だったので撮影してみたけど、既に暗くなったのか撮影条件が悪すぎたのか写っていなかった。15等級までしか写っていないので、薄雲が無ければ写ったかも知れない。

M42lrgb
オリオン座付近だけ晴れてたので多段階露光のテストに撮影してみた。
Gain=400, Temp=-10℃, Exp=15s*8 + 4s*8 + 2s*8 + 0.5s*8, Bin=2

M42_
合成ネタはコレ

« カタリナ彗星_20160910 | トップページ | 串田彗星_20160910 »

天体写真」カテゴリの記事

彗星」カテゴリの記事

コメント

マジック・マジック
下のExpの異なる画像それぞれ、コンポジットして、できた4枚を更にコンポジットしたのが上のM42ですか。
凄い、飛んでませんね。
03時、東南東35度、おねむの時間なので、1か月待ちましょう。(笑)
来月11日の同じ場所だと、2時間早くなって01時、これなら起きてますね。(笑)

226Pは尾が写ってますね、しばらく明るさが続くと良いんですが・・
オリオンはもう上がってたんですね、こちらはまだ雲の中でしたので観察も出来ませんでした
多重露光の成果は出てますのでこの次はもっと枚数を増やして作品と言えるのも撮ってみるのも・・(^_^)v

To オヤジさん

 それぞれのExpでコンポジットしたものをコンポジットしました。
最終的なコンポジットはσクリッピングしてはダメなようです。
この星雲付近は人工衛星の通り道みたいなので、時刻によってはいっぱい写りこむかも?

To らっぱさん

 226P、なかなかヨサゲです。今後、満月まで天気悪そうなので、次の半月くらいから活動再開ですが、その頃は、この彗星の方向に月がいますね...
 ほんと、彗星って一期一会です。

なんと!
こういう風にやるのかというよい例を拝見。
魔術師けむけむと呼ばせていただきます(笑)

怪しい魔術で人を惑わせてます(^-^)/

こんばんわ(^^)/精力的に撮影されてますねー。
こちらは薄曇りにじゃまされて主鏡はすっかり休憩モードです。

縞しま出てますねー。これって画像処理でだいぶ持ち上げてますよね?
縞は原画に混じり込んでるノイズだと思うので、画像処理で入り込んだものではないと思います。
走査線方向に一定間隔で出てるのでタイミング信号に載ってる何かかもしれません。
回路系をいじってるとノイズ問題はよくあることなんですが、一番ノイズ元となりやすいのは電源なのです。
そのあたりから疑ってみるのがいいかもです。バッテリーやACアダプタを変えてみるのが手っ取り早いでしょう。
あと、USB接続してますよね?PC側からのノイズってことも考えられます。
こればっかりは試行錯誤しないと分かりませんね(^^;;;

久しぶりに山行ったので、無理やり色々撮影しました。
レベルはすげー持ち上げてます。
けど、画像処理時のナニかだと思い始めてます。同じFitsファイルを入力にして再処理すると再現しないんですよ、このシマシマ。
斜めの縮緬シマはばりばり再現するんですが...

シマシマが出てるの時間を作って再処理してみようと思ってます。

この2本セットの横シマは、なんだか奇妙ですね。あまりにもきれいに周期が見えて、まるで昔のインクジェットプリンタ画像みたいですね。ちなみに縮緬ノイズは、ほぼ『正体』つかめました。・・・これ、相当に厄介で、おそらくシマシマよりも強敵です。もしお暇なら、コンポジット時に位置合わせをせずに画像を重ねてみてください。縮緬ノイズが点状になりませんか??

あぷらなーとさん

↑の件、やってみて、ブログの記事にしてみますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/67433216

この記事へのトラックバック一覧です: ピゴット・リニア・コワルスキ彗星_20160910:

« カタリナ彗星_20160910 | トップページ | 串田彗星_20160910 »