2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« シマシマが出なくなったので彗星を再処理 | トップページ | ASI1600MC-Cool Thirteenth impression »

2016年9月15日 (木)

縮緬シマを除去してみる

Crop
この斜めにちくちく入ってるのが、縮緬シマ。

こいつを除去したかったのだけど、あぷらなーとさんによると位置合わせしてコンポジットしてるのが怪しいとのこと。

Photo
指摘を受けて、位置合わせせずにコンポジットして比較したのがコレ。位置合わせしないと微細な点々があって、これが位置合わせで流れてシマシマを構成するらしい。
で、これがホット/クールピクセル除去で対応できるかも?って事だったので、やってみた。

Photo_2
右端がホット/クールピクセル除去を調整してみたもの。位置合わせしても縮緬シマが出てない!で、綺麗になった (^o^;

Photo_3

SI7にFitsを取り込むと、左側みたいに、微細な白い点々がある。これをホット/クールピクセル除去でなくなるようにパラメタを調整する。今回は5%くらいがいい感じだったけど、撮影機材や条件で変化しそう。
うまく除去できると右側のように微細な点々がなくなる。

この微細な点々、フラット画像やダーク画像にも出てくるので、そちも同じように除去しないと補正したツモリで縮緬シマを生成する事になりそう。

« シマシマが出なくなったので彗星を再処理 | トップページ | ASI1600MC-Cool Thirteenth impression »

ASI1600MC-Cool」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

おお、早くも良い塩梅の補正値を見つけられましたか!
いやはや、けむけむさん仕事速くて敵わないなぁ。これ、原理上、デモザイク後じゃ取れないのでベイヤー段階で取っておくしか方法がないのですが、それすら見切っておられるとは・・・・・。
結局、縮緬ノイズは、ベイヤー段階でのダークノイズなどを取り切れてないのがコンポジット時に悪さをするという原理で確定ですね。ただし、ショットノイズ(ランダムノイズ)とダークノイズの弁別が難しいのでこの対処法を考案中です。撮影時に1つ、現像時に1つ、面白そうな事をそれぞれ考えてるのですが・・・・・果たして実装できるのか?という(笑)。

お蔭さまで、綺麗になりました (^o^)/
なんか難しそうなノイズ除去ツール期待して待ってますね (^o^)

けむけむさんはM-GEN使っているのでこれでディザガイドすればずいぶんと綺麗になるのではないかと思っていますが
K-ASTECさんなどの結果を見ると全然綺麗になりますね、一度M-GENでお試しを・・(^^♪

私のPHD2にも機能は在るけどステラショットがまだなので・・・(^^;)

M-genでディザ出来るのはCanon. Nikon の一部デジカメだけなんですよ
M-genの出力で、SharpCapがコントロール出来ればいいんですが

あらそうなんですか(^^;)
M-GENのカメラへの制御信号を無視してディザ動作中のずれた画像を省くなんてやり方は出来ないんですかねえ?
M-GENが勝手に動作しているのかと思っていましたがカメラからの動作確認の信号も見ているんでしょうか、やっぱ難しいですね
PHD2で出来ると良いけど(^^;)、そう言えばBackyardEOSでも機種限定だったみたい・・(^^;)

M-GenからSharpCapをコントロールできればいいのでしょうが、コレは難しいような...
M-Genは信号だしっぱでカメラがちゃんと動いたかどうか関係なくディザしてくれるのなら、M-Genの露出時間をASI1600の実際のExpより長くして、ディザしてる間はキャプチャしないように手動コントロールすれば出来るかも知れませんが、そこまでの苦行をやる気力はないです... (^o^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/67486337

この記事へのトラックバック一覧です: 縮緬シマを除去してみる:

« シマシマが出なくなったので彗星を再処理 | トップページ | ASI1600MC-Cool Thirteenth impression »