2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« M27を思い出して処理するの巻 | トップページ | 縮緬シマを除去してみる »

2016年9月14日 (水)

シマシマが出なくなったので彗星を再処理

やっぱ、パソコン側の問題(ディスクのトラブル?)でシマシマが出てたっぽい。前回と同等の処理をしてもシマシマが出ないので。
なので安心して再処理してみた。

C2016a8_20160910_2
C/2016 A8 (LINEAR), 2016/09/09.6659,  8*60s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=2, Gain=400, Exposure=60, Temperature=-10), No Cropping, mag=14.0(SI7)

C2013us10_20160910_2
C/2013 US10 (Catalina), 2016/09/09.7393,  8*30s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=2, Gain=400, Exposure=30, Temperature=-10), No Cropping, mag=15.7(SI7)

C2011kp36_20160910_2
C/2011 KP36 (Spacewatch), 2016/09/09.7014,  13*30s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=2, Gain=400, Exposure=30, Temperature=-10), No Cropping, mag=15.1(SI7)

226p_20160910_2
226P/Pigott-LINEAR-Kowalski, 2016/09/09.7458,  3*60s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=2, Gain=400, Exposure=30, Temperature=-10), No Cropping, mag=15.1(SI7)

174p_20160910_2
174P/Echeclus, 2016/09/09.7080,  16*30s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=2, Gain=400, Exposure=30, Temperature=-10), No Cropping, Undetected


あぷらなーと先生から「縮緬シマ」に関して、「位置合わせしないでコンポジットしたら、どーなんだ?点状になってんぢゃねーのか?」ってコメント来たので(ほんとは、もっと丁寧な日本語です)、やってみた。

Photo
ダークとフラット引いて、ベイヤー・RGB変換して、左側は位置合わせしてコンポジット、右側は位置合わせせずにコンポジットしたもので。縮緬シマはなくなって、その位置には濃淡があるっぽい。つか、カメラのミラーアップとかの振動がある訳でもないのに、各コマで結構移動してるのにビックリ。

« M27を思い出して処理するの巻 | トップページ | 縮緬シマを除去してみる »

彗星」カテゴリの記事

コメント

うわ!素早い!!早速の検証実験お疲れさまです。
ね?縮緬が消えて単なるノイズになったでしょう?というわけで、縮緬ノイズの正体は「被写体を点状になるように追いかけたので背景の点状ノイズが流れて写った」ということで決まりですね。
ちょうどメトカーフコンポジットで背景の恒星が流れるのと同じ原理ですね。ランダムノイズではなく固定的に出るノイズが原因なので、いわゆるホットandクールピクセルが消し切れてないか過剰補正されているかのどちらかになりますね。

出なくなりましたか(^_^)v
私ゆんべDSSでダーク引いたものとそのままのものをコンポジットしてたらダーク引いた方が酷いシマシマになりました(>_<)
DSSの場合だけでSIの場合はならなかったので???です、私もシマシマ体験報告でした(笑)

それからM27の画像はトーンジャンプ起こしてますね、画像処理ソフトは8bitなのかな?と思っていますがどうなんでしょう?

To あぷらなーとさん

 この小さな黒い点が犯人で、クールピクセルってヤツですか(タブン、ホットピクセルって白い点ですよね)
こいつが消えるかどうか、SI7のホット&クールピクセル処理のパラメタいじって試してみます。

To らっぱさん

 縮緬シマ、出るのと出ないのとあるんですよ...
M27 何をどう処理したか覚えてないですが、色々やり過ぎちゃってますよね...

と、今度、Bin=1 で撮影してみようかと思いました。山でもBin=2だと60秒くらいで飽和しちゃうので、Bin=1でもっと露出して、それをソフトウェアビニングしたらどうよ?と思ってます。

ピリオディックモーションがあるのでポイント指定しないでそのままスタックすると長時間露光したピリオディックモーションを撮ったような画像になります。なのでポイント指定はしましょう。私も必ずポイント指定(恒星を)しています。オートガイドがしっかり作動していたら大丈夫かもしれません。私はオートガイドはしていません。

指定しないと、ホントずれますね...
オートガイドしたかったのですが、雲がばんばん来るので出来なかった事が多々ありました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/67470760

この記事へのトラックバック一覧です: シマシマが出なくなったので彗星を再処理:

« M27を思い出して処理するの巻 | トップページ | 縮緬シマを除去してみる »