2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 久しぶりに晴れたので、悶々としてた事を試してみた | トップページ | スローター・バーナム彗星_20161010 »

2016年10月11日 (火)

スペースウォッチ彗星_20161009

C2011kp36_20161009crop
スペースウォッチ彗星
C/2011 KP36 (Spacewatch), 2016/10/09.647, 8*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=400, Temperature=0), 1/2 Cropping, mag=14.8(SI7)

2p_20161009crop_2
エンケ彗星
2P/Encke, 2016/10/09.6201, 7*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=400, Temperature=0), 1/2 Cropping, mag<16.39(SI7)
ステライメージでは負のカウントになってしまったので測定不能。近くの16.39等星と比べると、ずっと暗いので、多分17等級。近くには紛らわしい銀河がいっぱい。

C2015vl62_20161010crop
レモン・ヨン・パンスターズ彗星
C/2015 VL62 (Lemmon-Yeung-PanSTARRS), 2016/10/09.6361, 8*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=400, Temperature=0), 1/2 Cropping, mag=15.2(SI7)
15等星と接しているので、明るい値になってしまったっぽい

C2015v1_20161010crop
パンスターズ彗星
C/2015 V1 (PanSTARRS), 2016/10/09.6604, 8*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=400, Temperature=0), 1/2 Cropping, mag=17.1(SI7)

C2013us10_20161010crop
カタリナ彗星
C/2013 US10 (Catalina), 2016/10/09.6778, 8*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=400, Temperature=0), 1/2 Cropping, mag=15.3(SI7)
やっとカタリナ彗星をそれなりに撮れた。去年の冬、あんなに明るかったカタリナ彗星も、今年の冬には見つからなくなってしまうだろう。


20161009_230705
西原村の山に行くと、熊本CityFMはモチロン、FM熊本もあまりよく入らない。良く聞こえるのはなぜかFM佐賀。で、ラジオ沖縄ってのも聞こえるけど、コレはもちろんEスポで沖縄が入ってる訳ではなくて、同じ周波数の九州のどこか(タブンFM八女)を誤認してるんだろう。

日曜深夜(月曜早朝)だったらか、FM熊本やFM佐賀は終わってしまって、AM聞いたら、北京放送的なのが聞こえてきた...orz

« 久しぶりに晴れたので、悶々としてた事を試してみた | トップページ | スローター・バーナム彗星_20161010 »

彗星」カテゴリの記事

コメント

ジョンソン彗星は撮りませんでした?北東に低過ぎ?今、この彗星が一番写り応えが良いです。

ジョンソン彗星、スローター・バーナム彗星、ヴォルフ・ハリントン彗星、串田彗星も撮影して画像処理したので、明日の記事です (^o^;
ジョンソン彗星は低かったのか薄雲があったのかいまいちで、ヴォルフ・ハリントン彗星が一番かっこよく写ってました。

スペースウォッチ彗星とカタリナ彗星以外はやはり私には無理な対象ですね(^^;)
明日の発表の写真が一番かっこいいのですね、何だろう??(^^♪

いつもはラジオを大きい音で聴いているんですが今回は就寝中の人がいて無音でしたが色んな放送が聞けるのも夜の楽しみですね、なんや分からん外国語も多いですが・・・。

今回もgain400で撮ってるんですね、私は-15Cでgain300ばっかりですが感度の違いはどの位でしょうね?、明日の記事で比較してみます(^^♪

16等級だと暗くて小さいですが、探すのが結構楽しいです。面倒だけどw
カッコいいのはヴォルフ・ハリントン彗星ですよ、やっぱし。
見比べてみたら、Gain300の方がザラザラが少なくて綺麗なようで、淡い部分の写りかたは同じくらいでした。
0℃と-15℃の違いかなぁ?露出時間は同じ120sec

らっぱさんとけむけむさんの彗星を何時も拝見し、不思議に思うのですが、画面の中に、似た明るさの星が沢山ありますよね。
どんな作業をされて、彗星を特定されているんですか。
自動導入の精度を越えてますよね。(驚)

自動導入で撮影してますが、彗星の特定は、帰って画像処理した後になります。

撮影した画像は上が北になるようにして、ステラナビゲータを赤道座標系にして探します。
星表データが標準のものだと暗い星までないので、追加のUSNO-A2.0星表を使ってます。

それでも15等より暗いと特定が難しいので、The STScI Digitized Sky Survey(DSS)ってサイトでRA, DEC を指定して画像を取り出して比較してます(DSS画像には彗星は写っていない)。

彗星を特定したら、ステライメージで光度測定してブログに書き込む... って手順です。

けむけむさん
お忙しいのに、ありがとうございました。
成る程ですね。理解できました。かなり大変な作業なんですね。(汗)

面倒くさいけど、楽しいですよ (^o^)
彗星は、その時しか撮影できませんし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/67886059

この記事へのトラックバック一覧です: スペースウォッチ彗星_20161009:

« 久しぶりに晴れたので、悶々としてた事を試してみた | トップページ | スローター・バーナム彗星_20161010 »