« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

エンケ彗星_20161029

2p_20161029crop
エンケ彗星
2P/Encke, 2016/10/29.5363, 8*60s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=2, Gain=400, Temp=0), 1/2 Cropping, mag<16.4
恒星状の像があるようだけど、ノイズかも?16.4等星よりずっと暗い

53p_20161029crop
ファン・ビースブルック彗星
53P/Van Biesbroeck, 2016/10/29.4954, 8*60s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=2, Gain=400, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=16.5(SI7)

93p_
ロバシュ第一彗星 (93P/Lovas) を撮影したツモリがちょっとズレてた...
と思ったら撮影用のPCの軌道要素が2007だった...orz
こーゆー時、にゃあさんに教えて貰ったサイトが大活躍

C2015o1_20161029crop_2
パンスターズ彗星
C/2015 O1 (PanSTARRS), 2016/10/29.4759, 8*60s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=2, Gain=400, Temp=0), 1/2 Cropping, Undetected

2016年10月30日 (日)

リニア彗星_20161029

237p_20161029crop
リニア彗星
237P/LINEAR, 2016/10/29.4146, 8*60s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=2, Gain=400, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=12.9(SI7)

撮影時の高度は13度の割にハッキリ写っているので、もっと明るいかも知れない。

C2016a8_20161029crop
リニア彗星
C/2016 A8 (LINEAR), 2016/10/26.4562UT, 8*60s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=2, Gain=400, Temp=0), 1/2 Cropping, mag<16.9

C2016a8_20161029cropcrop
1/4 Cropping 近くの16.91等星より暗そうだけど、カウント値が負だった

219p_20161029crop
リニア彗星
219P/LINEAR, 2016/10/26.4653UT, 8*60s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=2, Gain=400, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=14.9(SI7)

219Pが14等台とは思えない。バーストした?
219p_20161029cropcrop
1/4 くらいにCropping(DSS画像に合わせた)
219p_dss_search
こちらがDSS画像。円内の直角△的な星の並びの中に該当する星は無さそう。

219p_
ステラナビの位置
219p__3

本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星

今日は久しぶりに月が無くて快晴!
夕方の彗星を撮影してみたかったので、金峰山。夜中に西原村へ行こうと思って、らっぱさんにはそうメールしちゃったんだけど、今日から長崎出張なので、自粛して0時頃で切り上げたかったので西原村は断念。

で、夕方、何がいるかってーと、9P, 45P, 237P。

特に、本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星 (45P/Honda-Mrkos-Pajdusakova)がそろそろ明るくなってくる時期なので、ちょっと早いと思ったけど、撮影してみた。

45p_20161029_800
45P/Honda-Mrkos-Pajdusakova, 2016/10/29.4465, 8*60s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=2, Gain=400, Temp=0), No Cropping, Undetected

早すぎたんだッ!腐ってやがる!ってのは巨神兵で、残念ながら確認できず。
撮影時の高度は10度を切ってたし、18等くらいだと無茶っちゃ無茶なんだけど、安心してるとバーストしたりするので、とりあえず撮ってみて写ってませんでした...ってのは、まぁ、いいかな?と思う。

で、10彗星くらい撮影してきたんだけど、処理は明日にしよう。


とか言いつつ、やっぱ気になってるのだけは無理やり処理しておこう。

M27_20_59_17_100
M27

800mm F4 を使って、1600x1200でROI。F4で明るいので 2.5秒で撮影。
Binning=2, Capture Area=1600x1200, Gain=600, Temp=0, Exp=2.5*1000

M27_20_59_17_100_2
滑らかなんだけど、モヤっとしてたので、paint.netでコントラストを強調してみた

M76_23_20_20
M76は暗いので、5秒露出でこんな感じ。手抜きで100枚しか撮影しなかった。サイズがこんなに違ってたんだ。

2016年10月29日 (土)

ココだよ、ココ

遠くのアンテナをGS-200RC+x2TelePlusで色々試してみたんだけど、倍率がものすごい事になってるので、分かりやすくしてみた。

Photo
ベースが普通にコンデジで撮った風景。そこをズームアップすると対象のアンテナが確認できるようになる。
そのアンテナのパラボラ部分をGS-200RC+x2TelePlusで拡大してみた。普通に撮影してもぼんやりしてるので、ROIとウェーブレットで処理してみた。


D70_0026
3:30頃、目覚めたら、晴れてきてた。今夜は山へ行く気満々。久しぶりに山で彗星を撮影したいなぁ。

Crop
このくらい晴れてくれたらうれしいなぁ~


Kem_prof_wl
オヤジさんにコメントで示唆して頂いた用途の実用性を検証するために普通の写真をウェーブレットしてみた。
結果、実用になりません(やんなくても分かってるってば...)

2016年10月28日 (金)

ウェーブレットしてみる

例によって、あぷらなーと先生にウェーブレットってキーワードを提示して頂いたのでぐぐりんぐ。

07_20_30_50
アンテナをAutoStakkert!2で処理したのは、柔らかい感じで滑らか

07_20_30_50_tone
コントラストが弱い感じだったので、トーンカーブをいじってみたけど、いまいち

07_20_30_50_wl
Registax6のウェーブレット変換してみた

これはたしかにシャープになりますなぁ!センサのゴミも強調されまくり... で、ザーラザラ

07_20_30_50_wl_n
PhotoScapeでノイズ除去してみた

07_20_30_50_wl_comp
Registax6のパラメタを変えて4種類作って、yimgでコンポジットしてみた

07_20_30_50_wl_comp_n
コンポジット後にノイズ除去してみた

今回の結論風味

1. Registax6 のウェーブレット変換すると、すごくシャープになるけど、ザラザラ

2. ノイズ除去すると、ちょっと誤魔化せる

3. Registax6 のパラメタは試行錯誤必要

M57_64crop_wl
M57を処理してみた。Tiffだとなぜかシマシマになってしまったので、Jpegをベースに処理してみた。デコボコした感じになってるので、ちょっと面白い

2016年10月27日 (木)

ROIしてみる

M57を x2 TelePlus してみたけど、う~ん...だった。で、あぷらなーとさんに、謎のキーワード、ROIってのを教えて貰ったので、さっそくやってみた。

つっても、例によって、夜は雨で日中晴れるっつー嫌がらせのような天気なので、遠くの風景でやってみた(今日は午後から佐賀なので朝ちょっと遊べる (^o^)

Dscn0374
ええ天気ですのー。今日はいつものTV局のアンテナではなくて、そのちょっと左側にある山にあるアンテナを使ってみる。肉眼ではギリで存在がわかるけど、この写真では全然無理ですなぁ

Dscn0375
めっちゃズームすると見えてきた。この山の上のアンテナがターゲット。手前の茶色の家を目印にすると、最初の写真のどの部分か分からなくはないけど、分かり難いくらいに小さい。

1600x2
GS-200RC(1600mm F8)にx2 TelePlus して撮影したもの。162コマで1.23GB
Output Format=SER file, Binning=2, Capture Area=4656x3520, Gain=500,  Exposure=0.00014

1600
GS-200RC(1600mm F8)で撮影したもの。2006コマで0.75GB
Output Format=SER file, Binning=2, Capture Area=1024x768, Gain=500, Exposure=5E-05
露出時間が指数表現っての初めてみた
Binning=2, Capture Area=1024x768 なので、出来た動画のサイズは512x384

Hardcopy
こんな短い露出時間だと、バッファリングされたデータを吐き出すのに、ちょっと待つことになる

07_35_41_50
GS-200RC(1600mm F8)にx2 TelePlus して撮影したものを AutoStakkert!2で50%出力したもの

07_35_41_50crop
中心付近をトリミングしてみた。

07_20_30_50
GS-200RC(1600mm F8)をROIしたものを AutoStakkert!2で50%出力したもの

07_20_30_25
AutoStakkert!2で25%出力したもの

07_20_30_12
AutoStakkert!2で12%出力したもの。2006コマあるので、12%でも240枚コンポジットなのでなめらか~

07_20_30_100
100%してみたけど、そんに劣化してる風でもないな...

結論風味

1. 夜雨でも朝から晴れると、すげームカつく

2. x2 TelePlus するより、ROIした方がディテールが出るっぽい→明るくなって枚数稼げるのでコンポジットした結果が良くなるってコトだと思う

3. AutoStakkert!2 はどんな秘術を使ってあるのか謎だけど、2000枚でもスグに処理終わる

4. ROIするとデータが小さくなるので、コピーが楽(撮影用PCと処理用PCが別なので)

5. M57みたいに明るい星雲でも F16だとGain=500, Exp=15では露出不足。x2TelePlusを使うと暗くなってしまうのが天体には致命的

6. 晴れたら M57 を ROI で F8, Gain=500or600, Exp=2~10くらいで(もしくは多段階露光で)やってみたいな

2016年10月25日 (火)

続・悶々とする

雲に邪魔されつつも、x2 TelePlus してみた件の続き。

Photo
ベガでピント合わせしてるところをSERで撮影してみたのは、こんな感じ(ほんとは、1秒間隔くらいでゆっくり再生されるけど、0.1秒で時短)。

20_26_25_g4_ap8
上のSER File を AutoStakkert!2 で処理してみたら、こうなった。パラメタは何もわかってない (^o^;

M57
間違えて Fits で撮影しちゃった M57 がどのくらいグニグニしてるか確認しようと思ったけど、予想外に静か。オートガイドしてないので、じんわり移動してるけど。

んで、200枚撮影したんだけど、途中で曇ってて、とりあえず最初から100枚を合成したのが昨日の写真。

どこまで写ってるかチェックしたら、なんと64枚くらいしか使えなくて、それ以降は薄くなって、80枚くらいからは、期せずしてフラット撮影...orz

その64枚を合成してみた。

M57_64_800
曇ってない64枚合成

M57_800
無選別100枚がコレ

M57_64crop
64枚の等倍切り出し

M57crop
無選別100枚がから等倍切り出しがコレ

分かった事

1. 全自動撮影すると、すぐ曇る...orz

2. 曇ったコマを合成すると悪化する(当たり前)

3. 夜は昼間よりユラユラしない

4. 1600mm F8 に x2 TelPlus を使うのは、やっぱり暴挙。Gain=500でも15秒露出しなきゃならない

5. 64枚くらいぢゃ、ディテールは全然出てこない。もっと短い露出で1000枚くらい撮影しなきゃダメかな?となると、1600mm F8 か 1200mm F6 くらいで Gain=600 してみる?

M57_2
8/11に撮影したM57
GS200RC + 0.75Reducer(= 1200mm F6), Binning=2, Gain=300, Exp=120s*16
1200mmだとこんなに小っちゃい。1600mmでも一回り大きくなるだけかぁ... う~ん... (激安の)x1.4TelePlus探すかな~

2016年10月24日 (月)

悶々とする

昨日の夜中っつーか、今日の早朝っつーか、3時頃なんだけど、気が付いたら、快晴だった。

ベランダに機材を出して...と思ったけど、さすがに月曜の朝から部活するのはどうよ?と心の声がいらん事言うので自粛。

20161024_124055
で、正午頃。職場から撮影ポイント(西原村=阿蘇の南外輪山)方面。さぁどうだ?と言わんばかりの快晴。

20161024_162413
数時間後の上の写真の左端方向のズーム。中央やや左寄りのもこもこしてるのが、阿蘇の噴煙。このくらいなら、普通。噴火してるとか、そーゆー様子ではない。白いから(硫黄臭い)水蒸気がもこもこ上がってるんだと思う。

日中、こんな天気だったので定時ダッシュで帰宅してベランダに赤道儀だそうとしたら、ばっちし曇。

どゆこと?

やってられん。ぶつぶつぶつ。

こんな事をブログに書いてると、自殺しちゃった時に天候不順に対する不満をブログに綴っていた...とか報道されそうだな。ぶつぶつぶつ。

とか、書いてたら、神様、不憫に思ってくださったのか晴れてきたので急遽ベランダに設営。やっと x2 TelePlusのテストできそう(残念な結果になる予感)


晴れたので、M57をSERで撮ってみようと思ったけど、さすが35mm換算6400mm相当の超々望遠、ファインダーで導入したツモリでも、それが視野に入ってるのかどうか分かんなくなるっつーアライメント地獄。

やっとこさM57を導入して、撮影。で、結果がコレ。

Photo
えーと、どう説明すりゃいいかな... SER Fileが2個あるんだけど、コレはベガでピント合わせてた時のヤツ。その後、M57を撮影しようとしたら、USBを認識しないとか訳分からないエラーが出たので、ごそごそやって、撮影開始。
時間かかるので、部屋に戻って、またーりして、終了時刻に戻ってみると、大曇天返し。トホホ。どこまで写ってるんだろうか...

と、どこで何が起きたのか分からないけど、200枚ものFits Fileが出来てて、M57はSERで撮影してなかったってオソマツ...orz

M57_0095
1枚のFitsをJpegに変換するとこんな感じ。超々望遠でも、こんなにちっちゃい。
Gain=500, Exp=15, Binning=2, Temp=0, Brightness=30

M57_800
いいコマを選別して合成したいんだけど、とりあえず、100枚を一気にコンポジットしてみた。2x2Binningだったけど、100枚は、やっぱ、やっちゃダメな数。16枚くらいでコンポジットした結果をコンポジットする方がトータル時間は短くなると思う。

M57crop
ほぼ等倍で切り出してみた

2016年10月22日 (土)

シンチレーション

Anime
GS-200RC(1600mm)に x2TelePlusで3200mmにしてASI1600MC-Coolで撮影したものをGIFにしてみた。こんなにぐにぐに揺れているので、なかなかシビアですねぇ

木曜~金曜は、長崎経由鳥栖経由佐賀行ってきた。なんかみょーなルートだけど、お客さんの都合で行ったり来たり。

鳥取で震度6弱だったようで、春の地震の記憶が蘇ってきた。突き上げるような強い揺れって、マジ怖いんだよね...


例の遅々として進みそうにないホームページ、にゃあさんから掲示板のリクエストがあったので、作ってみた。

http://kemkem00.wixsite.com/mysite/bbs

wixのパーツとして掲示板があったけど、なんだかよく分からなかったので、てきとーなレンタル掲示板を見つけてきて埋め込んでみた。

とりあえず感満載。


ZWOがAPS-Cのカメラを準備してるっぽい。ニコンのD7000に使われた SONY IMX071 を搭載したカメラでカラーのみらしい。

2016年10月21日 (金)

テレプラス合焦位置確認

テレプラスを使った時の合焦点位置の確認

Dscn0371
GS-200RCの延長筒は全部(50mm+25mm*2)使って合焦した。

よくテスト撮影してるアンテナがさきっちょだけしか入らない。右側のパラボラは肉眼でも存在が分かるけど、左側の風向計はまったく見えない。こんな狭い領域を写してるんだとしみじみ思うくらいの拡大率
New1
4枚を加算平均したもの

New1_2
20枚を加算平均

枚数を増やせば滑らかになるけど、シャープさが損なわれる。

各コマを比較すると分かるけど、こんな焦点距離(1600*2)だとシンチレーションでぐにゅぐにゅ動いてる。中央の白い棒状のモノに着目するとよくわかる。
Capture_0011

Capture_0012

Capture_0013

Capture_0014
やっぱ、良いコマを選別して合成するのが良さそう。

2016年10月20日 (木)

wix

ブログってのは、簡単に更新できるので、だらだらとどうでもいい事を書き捨てるには便利なのだけど、ASI1600MC-CoolをSharpCapで使う方法だとか、彗星写真を彗星別に時系列に並べてみるような用途には向いていない。

で、いまさらFrontPageとか使ってhtmlをゴリゴリやる気力もないので、流行りらしい wix っての使ってみた。

で、とりあえず、作ってみた。

wix でテスト中のサイト

カテゴリで分けたりページの階層構造を作ったりするのはどーするんだ?的な事から、速攻でつまずく。
ブログみたいななーんも考えなくていいものに慣れちゃってるので、サイトマップを考える時点で面倒くさー。

とりあえず、天気の悪い週末とかにジワジワと作ってみる事にするかぁ...

2016年10月19日 (水)

アドベンチャータイム

なんだか分かんないけど、みょーに面白い

2016年10月18日 (火)

GoogleMapで徘徊する

昨日の夜から、右の股関節痛くて歩けなくなった。急に寒くなってリウマチ悪化してたけど、週末から暖かくなったので、これでしばらくは出ないだろうと思ってたら、出た。やれやれ (-_-;

で、歩けないので、GoogleMapでアチコチ徘徊してみた。GoogleMapスゴいね。簡単に絶景が俯瞰(鳥瞰)できる。

Googlemap1
毎日のように横を通ってる熊本城の崩れちゃった石垣。俯瞰すると、こんななっちゃったんだってのが一目瞭然

Googlemap2
良くテスト撮影に使ってるTV局のアンテナ。これ、いつ撮影したのか分からないけど、地震後。で、ブルーシートは近所にもまだまだたくさん残ってる

Googlemap4
西原村の牧草ロールと東屋ポイント、清和高原、産山村の位置関係が分かりやすい。奥には大分~豊後水道~山口・広島方面も見えてる

Googlemap5
西原村の東屋ポイントから熊本市方向。奥に見えてるのは雲仙。ここは絶景で、ここで星景写真を撮るとヨサゲなんだけど、実際には熊本市が明るすぎて、天の川は無理

2016年10月17日 (月)

今度はこんなモノを手に入れたゾ

元々、高いものではないのだけど、たまたま、定価の1/5くらいで見つけちゃって、勢いでクリックしたら落としちゃったモノが到着した。

Dscn0369
Kenko のテレプラス。同じモノは中古しかないので、参考までに現行品は↓。1.4倍が欲しかったけど、これは2倍。2倍は無茶だよなぁ...と思いつつ。

雲がいっぱいで、ベランダで試写もできそうにないから、よく使ってる近所のTV局のアンテナを撮ってやれ。

Dscn0370
こんな感じに、レンズとカメラの間に入れるだけ。レンズの場合、ピント位置もあんまり変わらなかった。

D70_0015
300mm, F8, 0.77sec, ISO1600

D70_0016
300mm + x2 Extender  , F8->F16, 0.77sec, ISO1600
さすがに暗くなりますなぁ

で、これでは周辺部の像の悪化とか全然わかんねーなぁ...と思ってたら、北極星付近の雲が切れたので焦って撮影(なので、露出時間とかアレです)

D70_0022
300mm, F8, 5sec, ISO6400

D70_0018
300mm + x2 Extender  , F8->F16, 30sec, ISO6400 20secにすりゃ良かったと思うけど、焦ってたんですぅ(言い訳)

これでも、あんまり良く分からないけど、例の ニコン->フォーサス変換の x0.7 Reducer よりマシみたいな気がする。

晴れたらベランダで M57 でも撮ってみたいんだけどなぁ


21時頃、結構晴れてたので撮影しようかと思ったけど、足の関節が痛くなってきたので、こりゃ、無理しちゃイカンと思って自粛。
だけど、夜中にやっぱり痛くなって悶々中 ← 今ココ

2016年10月15日 (土)

これは何ですか?

Dscn0366
昨夜は月はあるけど、ちょっと撮影してゴニョゴニョしてみたい事があったけど、雲がばんばん湧くので諦めて寝てしまった。
朝起きても、雲が多い状況は変わらず。週末の半月に期待しよう。

Dscn0367
こんなん買ってみた。タコラサダのドレッシング
タコサラダでググると、タコとキュウリをどうのこうのなんて、蛸を使ったレシピがヒットしたりするけど、こいつはもちろんメキシカンなタコ。

Dscn0368
見た目、普通のドレッシング。

で、食べてみても、普通のドレッシング.... と思ったら、ちゃんとタコス風味。で結構スパイシー。ちょっとヒリヒリする系。

おいしゅうございました。

2016年10月14日 (金)

キモチ悪い

ハルキニストとアップル信者がキモチ悪いってネタで書いたんだけど、どうも面白くなかったので、一度削除して再考しようとしてたら、速攻メッセージ来て
「ハルキニストとアップル信者を敵に回すと怖いから消した?」と聞かれてしまった。
早朝だったので、誰も見てないと思ったけど、速攻バレた...orz

つー訳で再考しようと思ったんだけど、要するに、ハルキニストとアップル信者の言動がキモチ悪くて生理的にダメっつーだけなので、そんなに掘り下げるネタでもないな...と。

で、このキモチ悪い言動だけど、汐留で働いてた時、周囲にわんさか居たんだよ、この手のキモチ悪い連中。

連中、色んな事を偉そうに言うのだけど、内容が浅くて薄い。で、言い方が大袈裟。一度でも行った事がある店だと即「絶品」。自分が使ってるもの、知ってるものが最上級なので、皆従うべきだってのが持論。
あー、思い出しただけでも、反吐出そう。ゲロゲロ。

要するに、「自分が知ってる事が一番なのだ。そうに決まっているのだ」的な事を言ってるのだけど、聞いてる方は、なにその狭い価値観は?と思ってゲロゲロ。

汐留ってのは地域自体がキモチ悪い場所で、そーゆー連中のホーム。けむけむみたいな控えめで、そこは言わなくても分かるよね?的なヤツにはめちゃんこアウェイ。

で、どっちかっつーと、在籍してる会社自身がキモチ悪い派なので、居心地悪い事この上ない。さっさと退職して清貧に甘んじたいものだ。

脱皮

すのーるん、久しぶりに脱皮してるのだけど、夜中にガサガザ・ゴソゴソするので、気になってしょうがない。

いつも、いつの間にか綺麗になってるのだけど、今回は苦労してるのだろうか...

脱皮の様子は↓な感じ

Dscn0365
朝になっても大騒ぎ中...

2016年10月13日 (木)

これは何ですか?

Dscn0356
これは何ですか?
箱ですなぁ

Dscn0357
Open sesame! イフタフヤーシムシム

Dscn0358
50mmØ のファインダー

Dscn0360
普通のファインダーだと西側の低空が無理。
このファインダーと赤道儀の隙間に頭を突っ込む必要があるけど、無理。どんなヨガの名人でも無理。
カメラを赤道儀の中心方向にしたいのでこうなってしまう(設計上は眼視で主鏡筒の接眼部が赤道儀と90度の角度で取り付けるのを想定してるようで、ソレならファインダーがこんな無茶な位置には来ない。

Dscn0361
で、コレを使うと、ちゃんと普通に覗ける位置になる。しかも正立像!

ファインダーを覗けないので、CMOSカメラに35mmレンズ付けてデジタルファインダーとか言ってたけど、アレを使うとアライメントに時間かかってしょうがないので、コレを導入してみた。


Photo
アチコチで話題になってる三菱自動車のCM。【星空】見上げるプロジェクトらしいけど、残念ながら地面を見てる。
やっぱ、三菱自動車、色々と残念...

2016年10月12日 (水)

スローター・バーナム彗星_20161010

56p_20161010crop
スローター・バーナム彗星
56P/Slaughter-Burnham, 2016/10/09.6963, 8*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=400, Temperature=0), 1/2 Cropping, mag=16.5(SI7)
はっきりとシッポが写ってウレシイ

226p_20161010crop
ピゴット・リニア・コワルスキー彗星
226P/Pigott-LINEAR-Kowalski, 2016/10/09.7130, 8*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=400, Temperature=0), 1/2 Cropping, mag=15.6(SI7)
(メトカーフコンポジットの角度を間違ってたので画像を差し替えました)

226p_20161010_800
たまたま、カニ星雲のスグ近くにいた(写真の中央付近)

315p_20161010crop
ロニオス彗星
315P/LONEOS, 2016/10/09.7639, 8*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=400, Temperature=0), 1/2 Cropping, mag=16.3(SI7)

74p_20161010check
スミルノワ-チェルヌイフ彗星
74P/Smirnova-Chernykh を撮影してみたけど、写っていなかった

74p_20161010_800
撮影範囲全体

念のため、吉田さんのホームページの軌道要素に修正して確認してみた
74p_old
修正前位置

74p_new
修正後位置

あちゃちゃ... 久しぶりに軌道要素修正しなきゃダメだったか...orz
最近、パソコンを持ち歩くので事前に撮影計画を立てずに手抜きしてたのが敗因か...

146p_20161010crop
シューメーカー-リニア彗星
146P/Shoemaker-LINEAR, 2016/10/09.7297, 8*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=400, Temperature=0), 1/2 Cropping, Undetected
居ると言われれば居るような、ノイズと言われればノイズのような... →ノイズでした
※追記 2016/10/15※
モンドシャルナさんがほぼ同じ時刻に撮影されてたので比較させてもらったら、やはりノイズの誤認だったみたい。

146p_20161010check2
近くの16.74等星よりずっと暗い星(A)はどちらも確認できるけど、モンドシャルナさんの写真で確認できる星(B)は確認できず、146Pは(B)よりさらに暗いようなので、写っていなかったのが確定。モンドシャルナさんの光度測定結果は18.6等。

C2015v2_20161010crop
ジョンソン彗星
C/2015 V2(Johnson), 2016/10/09.7798, 8*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=400, Temperature=0), 1/2 Cropping, mag=13.6(SI7)
低空(15度)だったので、シッポがいまいち... もう少し待って撮影すれば良かったのだけど、明け方にいくつも彗星がいるので泣く泣く低空で...orz

43p_20161010crop
ヴォルフ・ハリントン彗星
43P/Wolf-Harrington, 2016/10/09.7958, 8*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=400, Temperature=0), 1/2 Cropping, mag=13.1(SI7)
明るいしシッポも長い。こちらも撮影時の高度は16度。

144p_20161010crop
串田彗星
144P/Kushida, 2016/10/09.8097, 8*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=400, Temperature=0), 1/2 Cropping, mag=14.9(SI7)
淡く広がっているので暗めの値になったけど、緑色が出ているし、もっと明るいだろう。これまた撮影時の高度は15度

2016年10月11日 (火)

スペースウォッチ彗星_20161009

C2011kp36_20161009crop
スペースウォッチ彗星
C/2011 KP36 (Spacewatch), 2016/10/09.647, 8*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=400, Temperature=0), 1/2 Cropping, mag=14.8(SI7)

2p_20161009crop_2
エンケ彗星
2P/Encke, 2016/10/09.6201, 7*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=400, Temperature=0), 1/2 Cropping, mag<16.39(SI7)
ステライメージでは負のカウントになってしまったので測定不能。近くの16.39等星と比べると、ずっと暗いので、多分17等級。近くには紛らわしい銀河がいっぱい。

C2015vl62_20161010crop
レモン・ヨン・パンスターズ彗星
C/2015 VL62 (Lemmon-Yeung-PanSTARRS), 2016/10/09.6361, 8*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=400, Temperature=0), 1/2 Cropping, mag=15.2(SI7)
15等星と接しているので、明るい値になってしまったっぽい

C2015v1_20161010crop
パンスターズ彗星
C/2015 V1 (PanSTARRS), 2016/10/09.6604, 8*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=400, Temperature=0), 1/2 Cropping, mag=17.1(SI7)

C2013us10_20161010crop
カタリナ彗星
C/2013 US10 (Catalina), 2016/10/09.6778, 8*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=400, Temperature=0), 1/2 Cropping, mag=15.3(SI7)
やっとカタリナ彗星をそれなりに撮れた。去年の冬、あんなに明るかったカタリナ彗星も、今年の冬には見つからなくなってしまうだろう。


20161009_230705
西原村の山に行くと、熊本CityFMはモチロン、FM熊本もあまりよく入らない。良く聞こえるのはなぜかFM佐賀。で、ラジオ沖縄ってのも聞こえるけど、コレはもちろんEスポで沖縄が入ってる訳ではなくて、同じ周波数の九州のどこか(タブンFM八女)を誤認してるんだろう。

日曜深夜(月曜早朝)だったらか、FM熊本やFM佐賀は終わってしまって、AM聞いたら、北京放送的なのが聞こえてきた...orz

2016年10月10日 (月)

久しぶりに晴れたので、悶々としてた事を試してみた

久しぶりに晴れた。阿蘇が噴火しちゃったので、風向きによっては灰が降ってきて難儀するかも?って心配したけど、そんな事にはならず、良かった良かった。

季節は突如進んでて数日前まで夏だったのに秋になってて、山なので気温は15℃。シャツにジャケットでは寒かったので、大半を車中で過ごした。一週間くらい前に撮影した時は同じ場所だけど、25℃はあったと思う...

やってみたかった事ってのが、
「M-GENのディザリングを非同期でやってみる」
ってな無謀な企み。M-GENをUSBでPCに接続して、COMポートとして認識したんだけど、ポートモニタしても、何も信号が捕まらなかったので、諦めて、非同期でやってみた(まぁ、色々と無茶やってますなぁ)

M45_dithe
位置合わせせずにコンポジットするとこうなる。このズレがディザリングで移動したズレなんだろう。

M45_dithe2
位置合わせしたら、こうなった。流れてるのは、ホントはシャッター閉じてる時にディザリングで移動するようにタイミング合わせたツモリだったのに、微妙にズレちゃった跡。
非同期でうまくタイミングを合わせるのは至難の技で習得に大変な労力を要しそうなので諦めよう。

M45
諦めて、普通に撮影。
Binning=1,Hardware Binning=Off,High Speed Mode=Off,Gain=400,Exposure=120*6,White Bal (B)=50(Auto),White Bal (R)=50(Auto),Brightness=30,Gamma=50,Temperature=0.1

まだ半月が残ってる時だったので、アレだけど、誰かさん(?)が気にしてるガスを撮ってみました (^o^;

20161009_224857crop
この時のM-GENの画面がコレ。プレアデスはしっかりと収まるくらいの視野だったんだ。M-GENで500msec.のGain=6くらいで6~7等星がガイドに使えそうってのも確認できた(空の状態に大きく依存するけど)。

M45lrgb
M45を派手盛り。もちょっと青が出るかと思ったけど、もっと露出しなきゃダメでしたかの~

2016年10月 8日 (土)

噴火キタコレ

久しぶりに阿蘇山噴火したようで...

とりあえず、こっち側は、そうなの?的な感じなんだけど、東側は火山灰が降ってるらしい。

風向き変わって降って来たら嫌だなぁ...

2016年10月 7日 (金)

鬼の爆笑を誘ってみる

最近、明るい彗星がないとらっぱさん嘆き続けてるので、周期彗星で明るいの無いか探してみた。

探した方法
①ステラナビゲータを起動して、1ヵ月くらいの間隔で未来日を指定
②天体-彗星で10等級以上を検索
吉田さんのホームページで光度グラフを参照して明るい時期を確認し、日本から見えるかどうかをステラナビゲータでゴソゴソ

本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星
45P/Honda-Mrkos-Pajdusakova

_45p
2017/01/06 18:30 月齢:8 高度:13° 6.7等
舌噛みそうだけど、直近ではコレが期待できそう

_45p_2
2017年2月11日に地球に0.09AUまで接近するらしい。

エンケ彗星
2P/Encke

_2p
2017/02/28 19:10 月齢:21 高度:20°7.8等
夕方、やや低いけど、金星と火星が近くにあるので、わんさか撮影する人が出るだろう

タットル-ジャコビニ-クレサーク彗星
41P/Tuttle-Giacobini-Kresak

_41p
2017/04/26 03:00 月齢:29 高度:70°7.2等
月も無いし、70°まで昇る 7.2等は嫌が上にも期待大

マックホルツ第1彗星
96P/Machholz 1

_96p
2017/11に0等級くらいまで明るくなりそうだけど、太陽のすぐ近くなので無理...

ショーマス彗星
24P/Schaumasse

_24p
2017/10/20 05:00 月齢:0 高度:26°9.8等
10/17 M95, M96, M105 に、 10/23 M65, M66に接近

ジョンソン彗星
C/2015 V2(Johnson)

_c2015v2
2017/06/17 21:00 月齢:23 高度:61°6.8等
周期彗星ではないけど、既に13等級のC/2015 V2(Johnson) は、6月に6等級

ロゼッタが行けなかった ワータネン彗星(ウィルタネン彗星) 46P/Wirtanen は  2018年末だけど3等級くらいまで明るくなりそう。

2016年10月 5日 (水)

ステライメージ7 ホット&クールピクセル除去パラメタ

Hotcool
パラメタを変えて試してみた。結果、Hot=1%以上の場合、除去しないのに比べ効果があった。5%, 10%, 25% も確認したけど、変わらず。
Coolを増加させても変化なし。Hot=1%, Cool=1% でも大丈夫な感じ。余裕みて、5%, 5% で処理することにしよう。

2016年10月 4日 (火)

ASI1600MC-Cool Sixteenth Impression

2016/10/01 に撮影してきた写真の画像処理過程でのノイズ変化

撮影パラメタ(主要なもの)
[ZWO ASI1600MC-Cool]
Output Format=Fits files (*.fits)
Binning=1
Capture Area=4656x3520
Colour Space=RAW16
Hardware Binning=Off
High Speed Mode=Off
Turbo USB=96(Auto)
Frame Rate Limit=Maximum
Gain=400
Exposure=120
Timestamp Frames=Off
White Bal (B)=99
White Bal (R)=50
Brightness=122
Gamma=50
Temperature=2.3
Cooler Power=24
Target Temperature=0
Mono Bin=Off
Subtract Dark=None

__3
撮影した Fits ファイルを読み込んだ直後

__2
ホット&クールピクセル除去後

__4
フラット補正後(Gain, Expなどを合わせてあるため、ダーク補正無しのフラットで同時にダーク補正も処理)

_rgb
ベイヤー・RGB変換後

__6
レベル調整後

__7
オートストレッチ後

__8
フラットの生データ

__
フラットのホット&クールピクセル除去後(このファイルを位置合わせせずにコンポジットしたものをフラットとして Fits 保存し、ライトフレームのフラット補正用ファイルとして使用)

53p_0001_hc_noflat
フラット(と同時にダーク)補正せずに画像処理したもの

53p_0001_hc_flat_2
フラット(と同時にダーク)補正して画像処理したもの
若干、周辺減光が残ってるけど、まろやか(?)になってる
けむけむ特製フラット用のアレの効果は絶大(と思いたい)

Flat
フラット処理すると、全体に暗くなって、S/N比が向上してる(と思いたい)
0℃でも、けっこーなダークノイズ出てる。Binnigしないとダークノイズが目立つ(ような気がする)... 2x2Binnigした時よりも。

2016年10月 3日 (月)

スローター・バーナム彗星_20161001

56p_20161001crop
スローター・バーナム彗星
56P/Slaughter-Burnham, 2016/10/01.5574UT, 4*120s, 20cm F8 RitcheyChretien+ x0.7 Reducer, ASI1600MC-Cool, Gain=400, Binning=1, Temp=0, 1/2 Cropping, mag=17.5(SI7)

低空だったので(約18度)、暗く写ってしまったけど、シッポがあるようで、もっと昇ってから撮影したら、もっと綺麗だろう。

93p_20161001_check
ロバシュ第1彗星
93P/Lovas 1, 2016/10/01.5866, Undetected
16等級の恒星は確認できるけど、彗星は写っていなかった

C2015vl62_20161001crop
レモン・ヨン・パンスターズ彗星
C/2015 VL62 ( Lemmon-Yeung-PanSTARRS ), 2016/10/01.6004UT, 8*120s, 20cm F8 RitcheyChretien+ x0.7 Reducer, ASI1600MC-Cool, Gain=400, Binning=1, Temp=0, 1/2 Cropping, mag=16.8(SI7)

C2016a8_20161001crop_2
リニア彗星
C/2016 A8 ( LINEAR ), 2016/10/01.4636UT,6*120s, 20cm F8 RitcheyChretien+ x0.7 Reducer, ASI1600MC-Cool, Gain=400, Binning=1, Temp=0, 1/2 Cropping, mag=15.1(SI7)

C2013us10_20161001_check
カタリナ彗星
C/2013 US10 ( Catalina ), 2016/10/01.5095, Undetected
15等級の恒星がギリギリ。もっと高く昇れば写ったかも知れないけど、低空過ぎた...orz

2016年10月 2日 (日)

スペースウォッチ彗星_20161001

C2011kp36_20161001crop
スペースウォッチ彗星
C/2011 KP36 (Spacewatch), 2016/10/01.5414UT, 7*120s, 20cm F8 RitcheyChretien+ x0.7 Reducer, ASI1600MC-Cool, Gain=400, Binning=1, Temp=0, 1/2 Cropping, mag=15.5(SI7)

彗星らしい姿に写ってくれてうれしい。最近、明るい彗星が居ないし、自宅では写らないし、ションボリ写真ばかりだったので、彗星っぽい姿を見ると、大袈裟に言えば感動しちゃう。

C2016n4_20161001crop
マスター彗星
C/2016 N4 (MASTER), 2016/10/01.5704UT, 8*120s, 20cm F8 RitcheyChretien+ x0.7 Reducer, ASI1600MC-Cool, Gain=400, Binning=1, Temp=0, 1/2 Cropping, mag=15.4(SI7)

53p_20161001crop
ファン・ビースブルック彗星
53P/Van Biesbroeck, 2016/10/01.48194UT, 8*120s, 20cm F8 RitcheyChretien+ x0.7 Reducer, ASI1600MC-Cool, Gain=400, Binning=1, Temp=0, 1/2 Cropping, mag=15.6(SI7)

今回は、撮影時と同じ設定(Gain, Exp, Temp) でフラットを撮影したので、ダーク補正をしていないフラットでフラット&ダークを一気に補正してみたけど、結果は良さそう。

最近全然彗星撮影出来てなくて、モンドシャルナさんに怒られそう(?)だったので、西原村で彗星大会。

らっぱさんは近くのミルク牧場だったらしいけど、一度帰宅して支度して再出撃っつー激務。無事、フラットのアレを贈呈して一段落。

西原村は、最近、南阿蘇方面へのほぼ唯一の迂回路になっちゃってて、坂道ポイントは交通量が増えて撮影に支障を来していたので、新しいポイントを探してみた。
牧草ロールポイントから10mくらい山側へ進んだ地点。まぁ、牧草ポイントと一緒。

20161001_190614
畑の一角。きっと農作業の機材を置いたりする場所だと思う。

20161001_190628
舗装されてないので、三脚が沈み込まないように防振パッドを敷いた。

場所的には暗いし、電線は少ないし、車のライトの影響も少ないので、結構、いいポイント。今後多用しそう。

空はそこそこ暗くて、ぼんやりと天の川見えてたけど、西側は光害で45度くらいまではダメ。その部分は天の川見えない。

晴れたり曇ったりが激しくて、晴れてる方向なので、導入してオートガイドのキャリブレーションしてると雲ちゃうっつー、嫌がらせのような天気だったので、0時頃諦めて撤収。

早い時間帯に超低空で撮影したカタリナ彗星(C/2013 US10)は写ってなかった... もう少し粘って高く昇って撮影すりゃ良かった...orz

朝起きてみたら快晴。低空までスッキリ... GPVを信用してさっさと諦めたけど、粘ってれば、明け方の彗星も狙えたのか... 残念

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »