« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月29日 (火)

久しぶりに沖縄

久しぶりに沖縄。去年も今頃行ってたんだけど、タブン今年でおしまい。

沖縄って観光で行けば面白いと思うけど、仕事で行くと難儀する(色々質問されたんだけど、何言われてるか分かんなくて、はぁ?を連発...orz)

仕事なんだけど、熊本-沖縄便は日に1往復しかないので、結構余裕かまして徘徊。

日曜日に移動したんだけど、絶賛雨。それも結構な雨。マジ雨。

なので、とりあえず、国際通りのチャーリータコス。

20161127_140606
けむけむ的、スタンダードタコスはチャーリータコス。

20161129_114852
帰る前のランチは国際通りのTakos-ya ってのに行ってみたら、予想以上に良かった。かならず、先にコロナが来ちゃうので、いつもちょっと飲んぢゃった写真になる...orz

支店が県庁の近くなので、ホテルや行動範囲が国際通り付近になってしまって、いかにも...なんだけど、まぁ、しょーがない。
月曜日は客先だったので、ネイティブな店でお昼して、ふーちゃんぷる。これはおいしかった。一緒に居たネイティブは、「味噌汁」って注文して、なんだ?味噌汁しか食べないのか?と思ったら、どうも、味噌汁定食的なものがあるらしい。けっこうな丼で味噌汁出てきた。(二日酔いは味噌汁がいいと言ってたけど、月曜から二日酔いってどうよ?)

20161128_191236
コンビニでちんすこうアイスは忘れてはいけない。けっこう病みつきになる。

20161129_093534
花水木的なのが咲いてた。

20161129_095408
ちょっと路地に入った景色は独特。

20161129_112937
沖縄のトカゲモドキはとても興味があるのだけど、絶滅危惧種で天然記念物なので、野生のは見たことない。

去年は空港出た瞬間暑くて、どうにかなったけど、今年は雨だったからか、上着があっても大丈夫程度の気温だった(支店の連中は11月までかりゆしなんだそうだ)。

でも、帰りは晴れたので日差しが強くて、こりゃTシャツの方がいいかも的な暑さだった。帰って来たら、当然のように冬で、絶対風邪引くと思った。

2016年11月28日 (月)

エンケ彗星_20161125

2p_20161125crop
エンケ彗星
2P/Encke, 2016/11/25.4538UT, 4*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=400, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=17.2(SI7)
以前より像がしっかりして明るくなった印象だったけど、測定値は17等級。

93p_20161125crop
ロヴァシュ第1彗星
93P/Lovas 1,  2016/11/25.4464UT, 4*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=400, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=17.2(SI7)

C2016n4_2011125crop
マスター彗星
C/2016 N4 (MASTER),  2016/11/25.4373UT, 4*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=400, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=15.8(SI7)

Photo
ギラギラ輝いてた金星。Gain=0, Exposure=0.0024 で1000枚撮影してみたけど、半月っぽい姿が分かるだけ。

2016年11月27日 (日)

シュヴァスマン・ヴァハマン第1彗星_20161125

29p_20161125crop
シュヴァスマン・ヴァハマン第1彗星
29P/Schwassmann-Wachmann 1, 2016/11/25.4287UT, 4*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=400, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=16.1(SI7)
高度14度くらいで撮影したけど、無理して120秒露出したら、画面全体がピンク色になってしまったので、モノクロ化。
彗星は拡散してるようで、モヤモヤ像。

53p_20161125crop
ファン・ビースブルック彗星
53P/Van Biesbroeck, 2016/11/25.4207UT, 4*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=400, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=15.8(SI7)

2016年11月26日 (土)

リニア彗星_20161125

237p_20161125crop
リニア彗星
237P/LINEAR, 2016/11/25.4058UT, 4*60s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=400, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=13.7(SI7)
撮影時の高度は9度。低空だったけど、明るかったので、なんとか写ってくれた。

45p_20161125crop
本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星
45P/Honda-Mrkos-Pajdusakova, 2016/11/25.3970UT, 4*60s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=400, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=15.8(SI7)
ノイズかな?と思ったけど、これっぽい。
撮影時の高度は13度だったけど、低空まで晴れていて、これ以上は滅多にないくらいいい状態だった。まだ、撮影するのは、かなり厳しい。
上の方にある白いスジは近くにいた金星のゴースト。

熊本の西の金峰山で撮影してたけど、夕方は結構車が多くて、2回も話しかけられた。
1回目はオバチャンで、「草枕の湯はどっち?」っつーことだったので、あっちと教えた。
2回目はオッチャンで、星を撮影してるのか?とか、どの星が写ってるのか?と尋ねられて、目で見えるようなのは写ってませんと訳わからない回答(実際そうなんだけど)。綺麗な星雲でも撮ってたら説明のしようもあるけど、何が写ってるか本人も分からない写真だと回答に困る...orz

2016年11月24日 (木)

また結露ネタ

オートガイダーを巻きポカにUSBで発熱するちっちゃなニクロム線ヒーターで加熱してたんだけど、これをASI1600MC-Coolのレデューサ部分にも巻いてみようか?と思った。

Dscn0490
2個使うと、結構バッテリを消費しちゃうようで、エネループが 5V 1A なので、3時間くらいしか持たないっぽい。

オートガイダーだけでも6時間しか持たなかったのか... もちょっと大きい方のモバイルバッテルをこっちに使って、スマホ緊急充電用にエネループを持ち歩こうかな... それでも一晩だと1つしか使えそうにないけど。
こいつまでsuoakiから供給するのはリスキーだから、Powertank使っちゃう?ううう~ん...

2016年11月23日 (水)

色々テストしたかったのに、全然テストにならなかった件

22日は、福岡行ってきたんだけど、熊本帰って来たら晴れ間もあったので、無理やり出撃。

【1】例のシリカゲル乾燥空気が結露に効果があるか?

【2】例のバッテリで一晩持つか?

【3】アルカスイスに付けたファインダーでアライメントしやすいか?

今、一番確認したいのは、この3点。


Dscn0469
湿度は結構高くて、90%超えたりしてるんだけど、風が強くて結露しそうにない。実際、車や鏡筒なんか結露してない。

Dscn0476
乾燥空気を送り込んでるフード内の湿度をチェックしたら、80%くらい。少しは下がってるのかな?
とりあえず、鏡も結露しないし、いつも速攻結露するガイドスコープも結露してないので、「結露しない条件だと結露しない」っつー、なんともモヤモヤした事が確認できただけ... orz


気を取り直して、例のバッテリー(suaoki 20000mAh)がどのくらい持つか?を確認してみた。

Dscn0466
撮影風景はこんな感じ。バッテリ消費を確認したかったので、AVX, PC, M-GEN, ASI1600MC-Cool, USB<->RS-232Cケーブル, エアポンプを稼働させた状態で放置。
ホントは撮影したかったのだけど、ばんばん雲が流れてくるし、びゅうびゅう風が吹いてるので、撮影してもトホホ確定二翻(?)。

Ngc7293
無理やり撮影したら心霊写真がッ!
この写真は何ですか?みたいな~

ちょっと待ってたら、ちょっとだけ晴れたんだけど
M74
この写真は何ですか~?

Dscn0483
で、不毛な時間を3時間くらい我慢して、LEDが1つ消灯。84%まで消費したってコトなんだと思うけど、もちろん、怪しい。
けど、これくらいしか材料がないので、約20%消費したとして、ざっくり15時間持ちそう。まぁ、一晩はなんとかなりそうな感じ。

で、帰って充電してみたら、LEDが2個点滅->1個点滅->消灯って感じのプロセスで充電したんだけど、30分程度で完了した。
PowerTank17で3時間使ったら、5時間くらい充電にかかってたので、充電時間は圧倒的に改善されたって感じ。
充電終わったあとで、充電器を外そうとしたら、予想以上に発熱してた。


アルカスイスに付けたファインダーは、アルカスイスとファインダー台座の結合が弱かったようで、気が付いたら、あっち向いちゃってたので、要対応。


Dscn0464
備忘録。GS-200RCにレデューサ付けて、ASI1600MC-Coolは延長筒、大きい方1個だけで合焦する。


Dscn0485
シリカゲル容器、収納時はエアチューブを抜くことにしてたんだけど、エアポンプ側に想像以上にがっつりくっついてて、引っ張ったら、シリカゲル容器側のエポキシ接着部が抜けちゃうって、オマヌケ状態に... この構造、改善の余地あり。ついでに、同じものをもう一個作って、シリカゲル直列配置するって手もあるけど、ま、いっか~。
シリカゲルを一度出して、レンジでチンして再充填するかな...

Dscn0487
シリカゲル、ちょっと仕事してたようで、下の方の色が抜けてた。


ASI071MC-Cool キタコレ!

  • Most famous sensor:Sony IMX071 APS-C(1.8″)
  • Regulated Two-stage Tec-Cooling: 35-40 degree below ambient temperature
  • Very low read noise: 2.3e @24db gain 3.3e @lowest gain
  • 14Bit ADC: provide real 14bit Dynamic range
  • Electronic shutter: no vibration problem with machanical shutter
  • USB3.0 Port(back compatible with USB2.0): 10fps@4944X3284  134fps@320X240
  • AR coated protect window:all light can pass
  • Controllable Anti-Dew protect window heater: you can turn it off to save power
  • External desiccant tube design: no need to open camera forever
  • Compatiable with windows/Mac OS/Linux
  •  


    あぷらなーとさんから、心霊写真がなぜ緑色なのか?ってコメントを頂いたので、ちょっとゴソゴソ(霊界から出てきた影響ってコトでも良かったんだけど)

    Rasen_0001
    Fitsをそのままベイヤー・RGB変換したら、ほんのり赤い

    Rasen_aftr_bin_2
    ソフトウェアビニングしても、やっぱり赤い。ハテナ?寝ぼけて変な手順で処理したのかな?もしくは地震以降動作が怪しいディスクがまた変になってる?

    Rasen_bfre_bin
    あ、コレ怪しい。先にソフトウェアビニングした後で、ベイヤー・RGB変換してたのかな?
    超写り悪いのを、やる気なく処理してたので、何やったか覚えてないっつーオソマツ...

    Rasen_0001_wf
    お、再現したかも?緑っぽい。登録してたワークフローを使って処理したら、こうなった。

    Photo
    ←GRBG →BGGR

    手抜きして、何だか分からないワークフローを呼び出して処理してベイヤー・RGB変換を間違ってたって事みたいです...orz

    Ngc7293_1122
    テキトーに処理して申し訳なかったので、それなりに処理してみたけど、やっぱりトホホ。

    2016年11月22日 (火)

    続・これまた、何ですか?

    suaoki 20000mAh が予想外の反響(?)だったので、エアポンプを使ってみた。

    Dscn0457
    たまたま未開封で置いてあった水心のSSPP-35を使ってみた。

    結果、電池式との大差ない流量。ううう~ん...

    とりあえず、suaoki 20000mAhにSSPP-35もつないで、機材一式を一晩使ったらどうよ?ってのを試してみたいな。

    今日は福岡だけど、夕方帰れるから晴れてたら山行くのだけど、GPV的には、撮れて一時間ってトコみたいだし...

    週末は日曜から沖縄なので徹夜すると死にそうだし...

    2016年11月21日 (月)

    これまた、何ですか?

    ずうーーーっと天気悪い (-_-; このままだと自己破産する (-_-;

    Dscn0450
    これは何ですか?

    Dscn0451
    バッテリ。20Ah。左側がこれまで使ってた PowerTank17 で 17Ah。

    Dscn0452
    PowerTank17 は 7.1 kg

    Dscn0453
    対して、こいつ(suaoki 20000mAhとしか書いてないので名無し)は、2.5kgと圧倒的に軽くて小さい。

    Dscn0456
    ややプル程度で片手で持ち運べる。

    Dscn0454
    コネクタが付属してて、 DC12Vはシガソケットとしても供給できる。他に、AC 110V 50Hz と DC USB 1.0A も供給できる。
    残量がLEDで 100%→84%→68%→52%→36%→20% と表示されるらしい。PowerTank17 はそろそろなくなりそうって時にLEDが黄色に変化するけど分かり難かったので、残量の目安は付けやすくなるかも。

    Dscn0455
    小さいのでカメラバックに収納できた。一緒にエアポンプとシリカゲルも収納。
    電池式エアポンプの出力不足を感じたら、こいつにACのエアポンプを接続してみようって魂胆。

    2016年11月20日 (日)

    続々・これは何ですか?

    接着剤が固まったようなので、起動試験。

    Dscn0435
    シリカゲルを充填し、各パーツを結合後、出力側にビニール袋に入れた湿度計を接続する。

    Dscn0436
    どちらも85%くらいの多湿な状態を示している。

    Dscn0437
    結構な速度で膨らむので、それなりの流量があるようだ。

    Dscn0438
    しばらく放置して湿度が変化したか比べてみると、
    ま、ま、ま、まさかの加湿ッ!乾燥空気を送ったツモリが湿度が90%超えになってる!

    このビニールが原因?ペットボトルを洗った後で作ったので、エアストンとかに水分が染み込んでた?
    湿度を変化させる能力があるのは分かったけど、思ってたんと違う...orz

    シリカゲル充填直後にやったのが敗因か?一晩放置して再試験してみる?

    よーく写真を見直してみたら、乾燥空気を送る前のビニール袋に入れた後すでに湿度が上がってたらしい。
    このビニール袋が犯人っぽい。別のビニールを探して来るか、望遠鏡にセットした状態を再現して(フードを付けた鏡筒内に湿度計を置いたまま、装置を稼働させてみるとか)、再確認してみるかな。
    なんかモチベーション下げ下げで追試する気力湧かないけど... orz

    Dscn0439
    実際には、フードに接続してこんな感じで使用する予定...

    Dscn0440
    気を取り直して、再試験 19:52

    Dscn0441
    19:59 今度は順調に下がってる

    Dscn0442
    20:02

    Dscn0443
    20:06

    Dscn0445
    20:09

    Dscn0446
    20:15

    Dscn0448
    20:25 しばらく待てみたけど、40%で変わらず。かなり湿度を下げる能力があるのは確認できた。

    Dscn0449
    実験風景。こんなにデッカイ袋でやってたんだけど、BKP200を乾燥空気で満たすには10~20分くらいかかりそうな感じ。

    2016年11月19日 (土)

    続・これは何ですか?

    乾燥空気の続き。

    シリカゲルを入れる容器、どうしようか?と思ったけど、とりあえず、ペットボトルにしてみた。

    Dscn0420
    ヤスリでチューブよりやや小さい穴開けて、

    Dscn0422
    中にエアストンを入れてみた。こちらが吸気側でチューブの先にエアポンプを付ける。

    Dscn0424
    排気側は、ペットボトルのフタに穴開けて、エアストンを介して、2.5mのチューブ。経験上、チューブが長くなると流量がドンドン減るはずなので、ギリの2.5mにしてみた。

    Dscn0423
    この状態でエアポンプを動かして、2.5m先から排気されるのを確認。これでも気密性はそれなりにあるようだけど、チューブの周囲はエポキシ樹脂で接着することにしよう。

    Dscn0425
    エアチューブのジョイントをちょっと削る。

    Dscn0426
    フードに突き刺す。

    Dscn0430
    オヤジ様が像に影響すると脅すので、ほんのちょっとだけ顔を出すようにしてみた。

    Dscn0431

    Dscn0433
    フタやフードにこんな感じで接着してみる。

    接着出来たら、シリカゲルを入れて起動試験(?)してみよう。

    Dscn0434
    ばっちし接着できた。エポキシ最強。

    2016年11月18日 (金)

    普通の日記

    今日は膠原病内科の定期通院。

    なので、7時頃から病院へ移動。天気予報は午後から雨とか言ってたけど、病院手前で雨。折り畳み傘を出す気にもならず、ちょい濡れながら歩く。

    いつもの血液検査・尿検査に加え、久しぶりのホルター心電図。

    ナースにザラっとした液体でアカスリ的な事されて、電極をベタベタ貼られて、何か所か縛られた上から服を着るので、気分的には軽くSM。

    で、診察待ちがいつもよりずっと長くて、何度も気絶して待つ。

    担当医(困った事に若くて可愛い女医さんなので、触診されるとドキドキする)が言うには、人が足りないから、患者さんを待たせてしまう。上には増やせと要求してるのに... って事らしい。
    なので、「そうやって頼んで来たヤツって、普通はまったく使い物になりません」と真理を語ってしまう。

    ホルター心電図付けたのに、今日は全然脈が飛ばないそうで、担当医曰く、検査しようとすると症状でないって多過ぎらしい。
    なので、「調べようとして再現する事象は、そもそも問題にならない」と真理を語ってしまう。

    で、薬局に、今月からジェネリックにしてとお願いしてたので、アレがコレになりました的な説明を延々受ける。
    こんな事になると思ったので、ジェネリック面倒くさいと思ってたけど、毎月組合からジェネリックにしろって通知きて、ウザいので、ジェネリックにしてしまった。組合の目論見通りの扱いやすい組合員だ。

    ってな訳で、普通の日記。

    LGBTとロリコンの境界線について語ろうかと思ったけど、炎上しても面倒くさいので止めておく。

    2016年11月17日 (木)

    今度は何ですか?

    満月期 or 天気悪い と 「これは何ですか?」 は、線形関係にある。

    Dscn0406
    証明終了。

    開けてみる。

    Dscn0407
    真面目に、これは何ですか?な雰囲気。

    Dscn0409
    アルカスイス・プレート登場。

    Dscn0410
    合イ... 本... 

    Dscn0411
    横のデッバリが邪魔でカメラネジが届かないので 合体できないッ!

    Dscn0412
    色々組み合わせて悶々とする... (-_-;

    Dscn0414
    おおおう! BKP200 の背中(?)についてて、使わなくなったヤツがばっちしだぜ

    Dscn0419
    BKP200の撮影時はM-GENのカメラを付けるアルカスイスに付ける

    Dscn0415
    ファインダー ON!

    Dscn0417
    ガッチリと保持できてる。

    ちょっと前に直角に覗き込む正立ファインダーを買って、これでアクロバティックな(つか、どう頑張ってもファインダーが覗けない)体位を解消できたんだけど、ファインダーに対象物が入ってないと、どこ見てるのか、まったく分からないって致命的な欠点があったので、こうしてみた(片目ファインダー、もう片目は裸眼で直視して導入する技が使えない)。

    天頂部分はかなりアクロバティックな体勢を強いられそうだけど、なんとかなりそう。

    カメラを付ける場合、赤道儀の中心方向に接眼部を向けるので、こんな事になってしまうんだよね(ファインダーと赤道儀が非常に近い位置になるので、頭が入れられなくなる)。

    設置時に三脚の高さを調整すれば、無茶苦茶アクロバティックな事しなくてもアライメントできそうな気がする。

    ファインダーとオートガイダーは共存できないけど、アライメント済めばファインダーは使わないので無問題。

    大佐「ファインダーが付いていないようだが?」
    兵士「あんなものは飾りです。偉い人にはそれが分からんのですよ」
    また、このネタ

    寒い時代だと思わんか...

    2016年11月15日 (火)

    これは何ですか?

    Dscn0405
    シリカゲルと乾電池式のエアポンプ
    最近、結露しまくったので、乾燥空気を送ってみようかと。
    主鏡はお尻にホカロンを張り付けてもいいかと思ったけど、斜鏡が結露しちゃうだろうから、鏡筒内に乾燥空気を送る方式で。
    乾電池式エアポンプは吐出量が少ないので効果あるか疑問... 乾燥空気より空気を動かすことに効果があるような気がしてるんだけど...
    鏡筒の頭からチューブを突っ込んで斜鏡付近から空気を出すようにしてみようと思う。
    去年まで結露した覚えないんだけどなぁ...

    2016年11月14日 (月)

    スローター・バーナム彗星_20161112

    56p_20161112crop
    スローター・バーナム彗星
    56P/Slaughter-Burnham, 2016/11/11.7830UT, 4*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=2, Gain=400, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=15.9(SI7)

    月が沈めば、16等級くらいの彗星も写るようで、西原村と暗さは大差なさそう。山からちょっと離れるので、より低空が撮影できるメリットもありそう。

    43p_20161112crop
    ヴォルフ・ハリントン彗星
    43P/Wolf-Harrington, 2016/11/11.8180UT, 4*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=2, Gain=400, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=13.1(SI7)

    144p_20161112crop_2
    串田彗星
    144P/Kushida, 2016/11/11.8289UT, 4*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=2, Gain=400, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=14.7(SI7)
    拡散しているので暗い値になってしまったけど、かなり明るい。

    今回はコレが彗星です!マークを付けなくても分かるものばかりだッ!

    他に、226P/Pigott-LINEAR-Kowalski, 74P/Smirnova-Chernykh, C/2014 S2(PanSTARRS) も撮影したけど、写っていなかった。

    2016年11月13日 (日)

    色んなモノを初めて撮ってみた

    こう見えても(?)、(赤道儀使った)天体写真、まだ2年くらいの初心者なので、色々と撮影してみた。

    M1_uhc
    カニ星雲(M1)を Gain=600, Exp=15 で1000枚撮ってコンポジットしてみた。
    ただ、でっかい月が居たので、普通に光害カットフィルタで撮ってもほとんど分からないくらいだったので、Zhumell UHCを付けてみた。結果、う~ん...
    やっぱモヤモヤ系を月が太った時期に姑息なマネして撮影してもションボリになるのが分かった。

    彗星をUHCとLPR-Nで比較してみた。

    Hc_uhc
    UHC

    Hc_lpn
    LPR-N

    どちらも Gain=400 なんだけど、LPR-Nの180sec.で撮った方がUHCの300sec.より、ずっと明るい。
    UHCだと光害が激しくても彗星は良く写ったりしない?って夢と野望を試してみたけど、226P/Pigott-LINEAR-Kowalski は月夜だと何やっても写らないって事が分かっただけ...orz

    Moon_2
    M1 をションボリにした犯人も撮ってみた。Gain=0, Exp=0.02 で1000枚撮って50%コンポジットしてウェーブレットしてみたけど、どこをどうすりゃいいの?迷路でウロウロ。

    _05_14_30
    明け方、木星も撮ってみた。Gain=0, Exp=0.06 で1000枚撮って50%コンポジットしてウェーブレットして、これまた迷路...
    つか、木星を800mmで撮っても、ちっちゃ!
    月や木星はすげー明るいので、1600mm F8 に例の x2 TelePlus で3200mm F16相当にして撮ってみようか...

    メインは彗星だったので、800mmでとりあえず試してみたってトコなんだけど、0.02秒だと1000枚撮ってもサクサク撮れるので、楽っちゃ楽。

    Hc_jup2

    Hc_jup3
    木星をキャプチャしてる時の画面ハードコピー。こんなにゆらゆらしてるから大赤斑は処理してみて存在に気が付いたくらいで。

    800mmだとあまりに小さかったので、1600mmに例のx2TelePlusして撮ってみた。
    1024*768にROIして、Gain=300, Exp=0.01sec. 1000枚撮って50%コンポジットしてウェーブレットしてみたけど、低空で雲の隙間からの像だとダメダメ。
    大きさの比較が出来ただけ。

    _1113
    800mm より、ずっとデカイ。けど、低空でゆらゆらしまくってた。

    Photo
    うへー...orz

    Photo
    ついでに、BKP200の光軸をチェック。
    中央と四隅がほぼ同じ像で、グッピーもプラナリアもいないので、光軸調整はバッチシ(と思う)

    2016年11月12日 (土)

    ジョンソン彗星_20161112

    月齢12のデッカイ月は居たけど、明け方晴れそうだったので、益城町まで撮影に行ってきた。

    20161111_234247
    23時頃、到着したけど、全面雲。たまに月がちょこっと見えるくらいなので、らっぱさんにGPVに騙されたとメールして、ちょっと仮眠して様子見。

    Gpv_20161112
    1時間ほど待ってたら、雲が切れて、やがて快晴。GPV正しいッ!

    20161112_031424crop
    九州はカノープスが普通に見える。スマホの手持ち撮影なので、グダグダだけど(つか、スマホの手持ちで星写るんだ!)

    西原村まで行った方がちょっと暗いと思うけど、山は明け方霧が発生しそうだったので、熊本空港付近の畑の真ん中みたいな新しいポイントを試してみた。
    このポイントは空港から車で5分くらいのところで、キツネどころかタヌキや犬・猫もウロウロしてない、な~もいないポイントだった。
    片側1車線だけど、農作業用の機材とかを置くためか道の横にちょこっと広くなってるところが点在してるので、そのひとつにくっつけて停車して店開き。
    車は少し道路にはみ出しちゃうけど、6時間居て2台しか通過しなかったので、邪魔にはなってないだろう。

    C2015v2_2011112crop
    ジョンソン彗星
    C/2015 V2(Johnson), 2016/11/11.8080, 4*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=2, Gain=400, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=12.3(SI7)

    先月は13等台だったので、順調に増光してるようだ。
    雨上がりだったので、恐怖の結露発生。ASI1600MC-Coolを-10℃にしてたら、スグ結露したので、0℃で様子見したら、以降結露しなかった。
    けど、BKP200の主鏡が結露しちゃったので、モヤってるような像になってしまった (-_-;

    薄明まで粘って色々撮影したけど、ちょっと寝ないと画像処理する気力が湧かないので、おやすみなさい。

    2016年11月11日 (金)

    どのうむ

    Dscn0400
    起きたら、真っ白だった。

    ペギラが来たのかッ!?とお約束のビックリしてみたけど、雲の中に突入してるようで、すげー濃霧。

    きっと、この霧が晴れたら、PM2.5が一掃されたスッキリ空が待っているのだッ!だから今夜は撮影に行くのだッ!週末だから徹夜だってしてしまうのだッ!白熱の次号を待てッ!!

    みたいな少年漫画的盛り上がりをしてみたけど、けっこーでっかい月がいるので、そこそこ撮影できるのは4時以降くらい?

    最近、明け方の彗星撮影出来てないので、夜中に出かけて、益城町あたりで彗星を出待ちしようか... 西原村まで昇ってしまうと早朝は霧が出て、トホホってしまうような気がするので。

    2016年11月10日 (木)

    私は何をしてきたのか 何をしているのか 何をしようとしているのか

    パソコンをごそごそしてたら、数年前の日記のExcelシートが出てきた(日記ではなくて家計簿にちょこっとコメントを付けてただけなんだけど)

    Photo

    2010年~2013年にかけての11月を抜き出してみた。

    ヒドいですな。住所不定有職って感じ。飛行機に乗るとCAさんに「いつもご搭乗ありがとうございます」と言われてた頃

    しばしば風邪ひいてるけど、免疫抑制してるから、しゃーない。女子医大っつーのは、リウマチセンターに通ってたから。単に病院と書いてあるのも、女子医大が多いと思う。

    葛西の湯ってのは、正しくは湯処葛西ってスーパー銭湯。

    こーゆーカオス生活してた葛西臨海公園の単身赴任寮が廃止になるんだそうな。ちょっと寂しい。

    2016年11月 9日 (水)

    色々とビックリな日

    日経平均が怖い値動き。ヨーロッパも軒並み下げてるけど、FTSE100やDAXが1%未満の下げなので、5%も下げた日本よりは冷静。

    Photo
    メキシコ、米国との国境に壁を建設へ

    この新聞、まだやってたんだってのも、ビックリ

    2016年11月 7日 (月)

    久しぶりにオトナする

    Dscn0394

    Dscn0395

    Dscn0396

    食べきりサイズだけど、いっぱいあると、結構壮観。


    Dscn0398
    久しぶりに阿蘇の外輪山見えた。このまま改善して欲しい。

    2016年11月 6日 (日)

    もっともっとモヤモヤする

    Dscn0391
    近くの山も霞んでしまって、モヤモヤ度がどんどん上昇してる (-_-;

    大陸の連中が身勝手な事しやがるので、大迷惑だ (-_-#

    2016年11月 5日 (土)

    もっとモヤモヤする

    Dscn0385
    山が霞んで見えて、星はあまり見えないと嘆いていたら、どんどん悪化して、山はまったく見えなくなった。
    もちろん星もダメで天頂付近で2等星くらいしかみえないっつーモヤモヤ空。季節外れの透明度の悪さ。
    今夜晴れたら月でも撮影してみようか(モヤモヤと嘆いていたら、空一面雲だらけになってた)

    Dscn0386
    山どころか数キロ先の景色もモヤモヤだ。どんどんモヤモヤ度が増してる...

    2016年11月 3日 (木)

    モヤモヤする

    Dscn0382
    阿蘇の外輪山、霞んで春みたいな景色だ。

    晴れてるのに、星があんまり見えない。撮影する気にならないくらいモヤモヤ。PM2.5予報は、”多い”。こいつが犯人かな?

    Dscn0378
    玄関ドアに優曇華の花

    Dscn0376
    カメはそろそろ置物モードに入るので、その前に日光浴

    2016年11月 2日 (水)

    ウェーブレット難し過ぎ...orz

    あぷらなーとさんがウェーブレットを駆使して、ででん!と画像処理されてますが、コレがほとんど神業。

    素人がマネすると、こーなるってのが、この記事...orz

    20_59_17_100
    先日のM27を2.5秒で1000枚合成したもの。AutoStakkert!2 で処理しただけだとこんな感じで、滑らかだけどぼんやりしてる(TiffをJpeg変換して横800Pixelに加工してあります。以下同文)

    M27_20_59_17_100_2
    paint.net でコントラストとトーンカーブと彩度をごにょった。最初がスッピンとするとコレは (ry

    20_59_17_100_wl
    最初の画像をRegistax6 で弱く(Layar1だけ)処理したもの。派手ぢゃないけど、いいかもかも。

    20_59_17_100_wl2
    Layer2 までかけてみたら、パンダ化(恒星の周りが黒くなる)が目立ってきた。

    Photo
    Layer2まで処理した時のパラメタはこんな感じ。ちょっとかけるとザラザラになるし、びっくり画像になるので、チクチクちょっとづつ処理するっつーメンタル病みそうな作業になる。

    20_59_17_100_wl3
    Layer2まで処理したものをpaint.netでレベルとか彩度とかいじってノイズ除去してみた。どうよ?

    http://photohito.com/photo/orgshow/6129555/

    ↑でウェーブレット処理前後のM27を下のサムネをクリックして比較すると、かなりシャープにディテールが強調されてるのが分かりやすいです。

    2016年11月 1日 (火)

    エケクルス彗星_20161029

    174p_20161029crop
    エケクルス彗星
    174P/Echeclus, 2016/10/29.5687, 8*60s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=2, Gain=400, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=17.7(SI7)
    ノイズと区別がつかないレベル

    C2011kp36_20161029crop
    スペースウォッチ彗星
    C/2011 KP36 (Spacewatch) , 2016/10/29.5611, 8*60s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=2, Gain=400, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=15.9(SI7)
    このくらい明るいとはっきり分かる

    C2013us10_20161029crop
    カタリナ彗星
    C/2013 US10 (Catalina) , 2016/10/29.5917, 8*60s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=2, Gain=400, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=15.7(SI7)
    カタリナ彗星もいよいよ暗くなってきた...

    C2015v1_20161029crop
    パンスターズ彗星
    C/2015 V1 (PanSTARRS) , 2016/10/29.5845, 8*60s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=2, Gain=400, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=16.7(SI7)

    C2015vl62_20161010crop
    レモン・楊・パンスターズ彗星
    C/2015 VL62 (Lemmon-Yeung-PanSTARRS), 2016/10/29.5712, 8*60s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=2, Gain=400, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=15.8(SI7)

    C2016m1_20161029crop
    パンスターズ彗星
    C/2016 M1 (PanSTARRS) , 2016/10/29.4852, 8*60s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=2, Gain=400, Temp=0), 1/2 Cropping, Undetected
    2018年の夏に8等級くらいまで明るくなりそうな彗星。ただし明るい時期は南半球でしか観測できないので、春に12~10等級くらいで観測するのが良さそう。

    C2016n4_20161029crop
    マスター彗星
    C/2016 N4 (MASTER) , 2016/10/29.5512, 8*60s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=2, Gain=400, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=15.9(SI7)

    « 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »