2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星_20161230 | トップページ | ネオワイズ彗星_20161231 »

2016年12月31日 (土)

M-GEN Virtual UI を使ってみる

とかげ印の LACERTA M-GEN AutoGuider はスグレモノなんだけど、画面がちっちゃくて老眼には辛い。

オヤジさんと秘密のメール(?)をやりとりして老眼対策(オヤジさんは凍死回避策)として、うまくいったので、備忘録として記録。


元々、撮影地までパソコンは持ち歩きたくない派だったのだけど、ZWO ASI1600MC-Coolなんつークールなモノを使うことにしたので、パソコン必須になった。

ので、噂には聞いてるけど、使った事のない 'Virtual M-GEN UI' を試してみよう。

M-GENに添付されてた媒体には
Cdrom

こんな感じのファイルが入ってたので、 6.LMG_firmware_203.zip を解凍して、LMG_SAAG_WinApp.2.03.exe を動かしてみた。

Lmg_saag_winapp203

うへー。Virtual UI のボタンが無い。もっと新しいプログラムを探さねば...

プログラムはここにあった。

Homepage1_2

このページから 2.42 をダウンロードする。

と、FTDI D2XX ドライバってのをインストールしなきゃいけないようなので、ここのページからダウンロードする。

Homepage2_2

これで
CDM21224_Setup.zip
MGEN_LACERTA_MGEN_FIRMWARE_2_42.Zip
の2つのファイルがダウンロードできる。

CDM21224_Setup.zipを解凍すると、CDM21224_Setupってフォルダが出来て、中にCDM21224_Setup.exeがはいってるので、コレを管理者として実行する。

ドライバをインストールするか?とウィザードに聞かれるから、素直にハイと答えておけば、Ok

MGEN_LACERTA_MGEN_FIRMWARE_2_42.Zipを解凍すると、MGEN_LACERTA_MGEN_FIRMWARE_2_42フォルダが出来て、LMG_SAAG_WinApp.exe があるので、実行すると、メニューが表示される。

Lmg_saag_winapp242

めでたく Virtual M-GEN UI が追加されてる。

Virtual_mgen_ui

Virtual_mgen_ui2

M-GENをUSBケーブルで接続し、M-GENにカメラを接続し電源を供給した状態で起動すると、M-GENの画面がまんまPC上に表示される。

M-GENの△▽▷◁は、↑↓→←、EscはEsc、SetはEnterキーにアサインされるので、M-GENとまったく同じ操作で利用できる。

これで、M-GENはPCから操作できるようになったけど、コレを使って、M-GENのディザガイドの On/Off で SharpCap のキャプチャのOn/Off を、にゃあさんがどうにかしてくれるのに期待ッ!

« 本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星_20161230 | トップページ | ネオワイズ彗星_20161231 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

これはまた面白そうなことを!
さて、年内の仕事も無事終わり、現在実家に向けて移動中。
ただし、2日の早朝からは仕事が始まるので、今夜晴れたままなら年越し撮影といきますかねぇ。ゲインと最短露出の謎解決の糸口をつかまなきゃ♪

激務お疲れ様です。
高気圧に広くおおわれるようなので、バッチリではないでしょうか
昨夜徹夜して、凍結しまくりました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/69059448

この記事へのトラックバック一覧です: M-GEN Virtual UI を使ってみる:

« 本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星_20161230 | トップページ | ネオワイズ彗星_20161231 »