2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 快晴だったので、平日にもかかわらずベランダでゴソゴソした件 | トップページ | APT(Astro Photography Tool ) をセットアップ »

2017年1月28日 (土)

試しにやってみた。 L + GB + R

Ngc2903lrgb_800

色々中途半端なんだけど、試しにやってみた。

LRP-N で撮影したものをモノクロ化したL画像と、RGB分解した GとB画像。
そこに、LPS-V4 で撮影してRGB分解して得た R画像を加えて、 L + R+GB 合成。

方向性は間違ってないようなので、本気でフィルターホイール欲しいけど、2インチなんだよね...(いまさら、1.25を買うような財力はないし)


【備忘録】

Hc1
LPR-Nで撮影したものをベイヤー・RGB変換->コンポジット後、RGB分解する。

Hc2
同様に LPS-V4 で撮影したものも RGB分解する。

Hc3
出来るファイル群は、こんな感じ。

Hc4
好きな RGB の組み合わせを持ってくる。画像回転やソフトウェアビニングなどで合わせておく。

Hc5
2か所の基準点を指定する。

Hc6
RGB合成する。

Hc7
色合いがアレなので、

Hc8
オートストレッチして

Hc9
デジタル現像する。

Ngc2903_v4_rrgb_800
合成時にズレてる(ので、フィルターホイールが欲しい)し、バックのカブリもヒドイので、FlatAidやNeatImage, Paint.net, RawTherapee で調整する。

Ngc2903_v4_rrgbflcrop_rt_filtered_2
いろんな処理をしたので、画像のファイル名は 'NGC2903_V4_r-rgb-FL-crop_RT_filtered_1280.jpg' なんて、スゴい事になっちゃってる。

« 快晴だったので、平日にもかかわらずベランダでゴソゴソした件 | トップページ | APT(Astro Photography Tool ) をセットアップ »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

ふむふむ、こういうやり方があるわけですね。勉強になります。どのフィルタをLにするかで表現が変わってきそうで興味深いです。

RGB合成で、RをR+Hαにするなどの記事を色々見かけたので、試してみました。
うまく行きそうなので、フィルタホイール使ってみたいなぁ~と思ってますが、財力が (^o^;

ASI1600MM-Cool + 電動ホイールで、LRGB+Hαとか興味あるけど、撮影時間が鬼のように必要なので遠征して撮影できたのが1対象... みたいな事になりそうで、浮気っぽいけむけむ的には、う~ん... です。

さっぱり分かりませんが(頭ボリボリ)、画像が載ってるので説得力ありますね。
一番下から2枚、正攻法で掛けたフラットが効いてるように見えてます。
凄いわ!

銀河には、小さな赤いポチポチがあるんです。
これはオリオン座の大星雲みたいのが、どこの銀河にもあって、それが小さくポチポチと写るんですが
これまでは、カラーで撮ったのに何故モノクロなのだッ?って感じだったので、赤が良く写るLPS-V4の赤い成分を
取り出して、変に色の偏らない光害カットフィルターで撮影した青と緑を混ぜてみたって記事です。
ホントはASI1600MM-Cool を使って、LRGBとHαで撮って合成しちゃうんでしょうけど、そんな財力も体力もありません。まるで色男です。

それが、銀河の中に1つ見えてる赤星なんですか。成る程。
画像処理、良く分かりまた。

明るくて大きな銀河をいろいろ撮影して赤ブツブツがどうなってるか見てみたいと思ってる訳です (^o^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/69395181

この記事へのトラックバック一覧です: 試しにやってみた。 L + GB + R:

« 快晴だったので、平日にもかかわらずベランダでゴソゴソした件 | トップページ | APT(Astro Photography Tool ) をセットアップ »