2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 起きたら晴れてたのでベランダでゴソゴソの巻 | トップページ | SharpCap でピント合わせ(のテスト) »

2017年1月 8日 (日)

ベランダで短時間・多枚数してみる

で、木星を撮影する前に、NGC2683 も撮影してたんだな、実は。

笑うくらい光害激しいベランダだとどう写るか?を比較してみた。

Ngc2683_
撮影したFitsを1枚、SI7に読み込んでベイヤー・RGB変換後、レベル調整せずにJpeg出力したもの。
左から、西原村で360秒。ベランダ30秒フラット補正無。同フラット補正有。

360秒と30秒で淡い部分がどうなってるか?なんて比較してもしょうがないけど、山の360秒よりベランダ30秒の方がバックグラウンドが明るいのが分かる。
フラット補正すると多少改善されてるのも分かる。光害がある場合、フラット補正でコントラストが向上しているように見える。
で、30秒だとサチってないので、ディテールが出ている。

さて。今回はここからが、本題。ベランダ30秒を256枚コンポジットしてみる(ひぃぃ)。

256枚ってのはトーナメント2回戦必要な量で、パソコンにメモリを8GBしか搭載してないので、処理はFitsを1度に8枚くらいにしておかないと、スワッピングでオーバーヘッドしまくる。

Fitsを001~008, 009~016, 017~0024... と、249~256 までの32セットコンポジットする(1回戦)。
出来た001~008 ~ 057~064までを8枚づつ4回コンポジット(準決勝)。
出来た001~068 ~ 193~256まで4枚をコンポジット(決勝)。

ってな気絶しそうな作業になる。クール&ホットピクセル除去は1枚に20秒程度かかるので、割愛。
フラットは補正した効果が大きそうなので、1回戦の時にやっておく。

Ngc2683_256_800_2
気絶しそうになりながら、コンポジットしてみた。256*30s. GS200RC(20cm F8), ASI1600MC-Cool(Gain=400, Bin=1, Temp=-1) ベランダだと、2時間かけてこのくらいかぁ~

Ngc2683
西原村で 8*360s がコレだから、結構頑張ったと褒めてあげたい。でも、西原村で256*30sやってみたいなぁ (^o^;
すっげ~ヒマだから、ゲーム機でも持っていくかな(ネットオークションで探してみよう)

Ngc2683_addcrop
360sと30sで無理やりコンポジットしてみた。やっぱ露出時間変えてコンポジットは効くなぁ

Ngc2683_ac_800_2

Ngc2683lrgb_800
360s はフラットが合わず目玉が残ってしまったので、256*30sをごにょごにょやって色っぽくしてみたけど、これが限界...
やっぱ、光害あると淡い部分は厳しいようで (-_-;

Ngc2903_lrgb_800
NGC2683  は、あんまり面白くならなかったので(ヒドイ)、NGC2903 を色っぽくしてみた。

« 起きたら晴れてたのでベランダでゴソゴソの巻 | トップページ | SharpCap でピント合わせ(のテスト) »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

気絶しそうなトーナメント、お疲れさまです。
色々と示唆に富む比較、興味深いです。
やはり暗い空に勝るものは無さそうですね

リアルに気絶しそうでした (^o^;

空が明るいと、弱い(暗い)光は埋もれてしまうようで、そうなると、どんなに重ねても出てこないのではないか?と思います。バックグラウンドのサチレーション?的な感じで...
ナローバンドフィルターは効くかなぁ...

九州「おのこ」は、我慢強いなーぁ。(汗)
絶対無理だ。!
まあ、県の予選1回戦で大敗ですけどね。(笑)

全然我慢強くないので、大変でした(-_-;)

またまた気の遠くなる様な検証をやってますねえ(^^;)

私は目途が立つまではbin2でやってます、気が短いので無理ですよ

ベランダでは月か木星に絞った方が吉かもですねえ(^_^)v

ベランダは、やっぱり明るいのしか無理みたいで(^_^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/69148630

この記事へのトラックバック一覧です: ベランダで短時間・多枚数してみる:

« 起きたら晴れてたのでベランダでゴソゴソの巻 | トップページ | SharpCap でピント合わせ(のテスト) »