2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« RawThrapee が頑張る件 | トップページ | 試しにやってみた。 L + GB + R »

2017年1月27日 (金)

快晴だったので、平日にもかかわらずベランダでゴソゴソした件

最近、快晴が続いている。例によって、九州内ではあるものの出張して激務に勤しんだり、サボったりする毎日なので、山で撮影って訳にはいかない。
ので、不本意ながら、ベランダでゴソゴソしてみた。
これまでの少ない経験から、以下の法則(?)は見つけてある。

・LPS-V4 は、LRP-Nに比べ、2倍程度は露出する必要がある。
・光害の激しい場所では、短時間・多枚数は、イマイチな感じ。
・周囲の寝込みに活動する方が、多少マシ(肉眼で3等星→4等星くらいは改善する)。
・天頂付近はそれなりに暗い。

で、まず確認できたのが、コレ。

Photo
撮影時刻が遅くなるに従って、バックグラウンドの暗さが増している。
撮影条件は、 Gain=300, Exp=600, Temp=-20, Bin=2。ただし、19:42だけはあまりに明るかったので、Exp=480。

0時過ぎれば、結構、イケテネ?って気はする。

20170126_193733
これが撮影地。隣のマンションの影響が大きいのだろう。この両隣は、コンビニで24時間明るいけど、ここが10階なので、下の方の影響は少ないのだろう。

M74_rtfl
M74, 2017/01/26 19:42:20, 5*480s, GS-200RC(20cm F8 RC), ASI1600MC-Cool(Gain=300, Exp=480, Temp=-20, Bin=2), LPS-V4
20時頃は、厳しい。撮影中画面からダメダメ感がばんばん伝わってきたので、5枚撮影して中断。

Ngc1514_rtfl
NGC1514, 2017/01/26 20:29:46, 16*600s, GS-200RC(20cm F8 RC), ASI1600MC-Cool(Gain=300, Exp=600, Temp=-20, Bin=2), LPS-V4
ベランダで21時頃にもかかわらず、かな~りイイ感じぃ↑
惑星状星雲と LPS-V4 は相性が良いみたい。

M1_rtfl
M1, 2017/01/26 23:41:38, 14*600s, GS-200RC(20cm F8 RC), ASI1600MC-Cool(Gain=300, Exp=600, Temp=-20, Bin=2), LPS-V4
隣のマンションに隠れちゃったので、14枚で終了したけど、ベランダでここまでグニグニするとウレシイ。夜中なら、山行かなくてもいいんぢゃね?くらいの勢い。
つか、これで山行ったら、何が起きるんだろうか?みたいな。
LPS-V4 最強ッ!

Ngc2903_rtfl
NGC2903, 2017/01/27 02:19:42, 6*600s, GS-200RC(20cm F8 RC), ASI1600MC-Cool(Gain=300, Exp=600, Temp=-20, Bin=2), LPS-V4
ずっと快晴だと思ってたら、甘かったようで、6枚以降は雲が来たようで真っ白...
6枚でも銀河の中の赤い部分がチラチラ見えてるので、曇らなかったら、面白かっただろうに残念。強引に処理したのでザラザラ。

Ngc2903
強引な処理をせず、コンポジットした時点だとこんな感じ。この方がよっぽど綺麗だってのは言っちゃ駄目。

Ngc2903_gs200_800
年末年始に山で撮影したのが、こんな感じ。山で LPS-V4 使って長時間露出したら、かなり面白そう。


Hc1
Polar Align もやってみた。

Hc2
ベランダは明るくてコントラストが悪いのでチラチラしながら、すごく時間かかる。
黄色い平行線の間隔が大きいとダメみたいなので調整する。

Hc3
この辺で勘弁してください。Sharpcapを信用すれば、精度は25"。ちなみに、極軸望遠鏡使って、いつもと同じに勘で合わせた状態だと精度は 4'42" だった。

Hc5
精度は向上したのだろうけど、Mgenのグラフは大差なかった。

Hc4
バーティノフのピント合わせは、数秒間隔でしかグラフが描かれない。1秒を指定したのだけど。ピント合わせに関しては、APTを使っても同じような感じになるのかも(年末年始はもっと反応が良かった気がするんだけど)。

次の満月期には腰を据えてAPTを試してみようかな... 彗星には向かないようだけど。

« RawThrapee が頑張る件 | トップページ | 試しにやってみた。 L + GB + R »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

遅くなると結構行けそうじゃないですか、LPS-V4で色合いの変化もそれ程酷くなさそうなので多数枚撮ったら大抵の星雲も楽しめそうな感じですね(^_^)v
ガイドする前提でも極軸は正確な方が良さそうな気はしますが?ですか、ちゃんと合わせていると言う安心感は大きいと思いますね、特にうっかりしていい加減にセッティングしたなどの時にチェックになるのも時間ロスを防ぐ手段だと思えます。
LPS-V4で無理しない程度の団地内深夜徘徊も出来そうですね(^_^)v

LPS-V4 オススメしますよ
試したうちで、最強です
彗星にもいいらしいですし

ベランダrだと西側だけなので、屋上に進出する企画中 \(^^)/

ベランダでこれだけ撮れれば満足ですよ。うらやましい。周囲の空の明るさもこうやって比較すると説得力ありますね!

ベランダだと、撮る寝る起きる撮るって、ルーチンなので、2時間楽勝っす

お隣マンション明るいですけど、メリハリ有りそうですね。
10Fにお住いだからでしょうか。
こちらは、新月満月関係なしに空全体が明るいんですよね。
基本は、遠征ですよね。春になったら頑張んべーぇ。(笑)

そんなアナタに LPS-V4
露出時間は倍必要だけど、ヒドイ光害地が、ちょっとだけ暗い場所くらいまで誤魔化せます
フィルター屋さんの回し者ではないけれど、オススメ

そんなアナタにって、ボケオヤジの俺の事?(笑)
光害フィルタは、LPS-D1を5枚位持ってますが、コレを付けた時は驚きました。暗いけど星はピカビカ。
他のフィルタ買ったこと無いので、一つ買って見ますかね。

LPS-D1 を5枚って...
カメラレンズ毎に異なるサイズを揃えちゃったとかですか?
同じサイズが複数あるんなら、2枚重ねとか面白そう!

けむけむさん、それは、やった事無かったです。
FS-60CBの先頭と冷却部なら、直ぐテストできますね。(笑)
LPS-V4、今、買っちゃいました。

バーティノフマスクとsharpcapを使ったピント合わせでは、ROIで恒星周りに絞り込んで、モノクロ8bitとかにすると、完全にリアルタイムで表示されるので快適ですよ~。ぜひ、お試しを♪

To オヤジさん

 私も2枚重ねやった事ないですが、うまく行けばいいかも?です。
LPS-V4、素早いですね (^o^)

To あぷらなーとさん

 なるほど!画面を拡大ではなくて、ROIやモノクロでデータ量減らしちゃうと効きそう!試してみます。
そういえば、MonoBin ってのも試してみようと思ってたんでした。
 SharpCap で画面表示しておいて、ピントエイドを使ってみようとしてました (^o^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/69387421

この記事へのトラックバック一覧です: 快晴だったので、平日にもかかわらずベランダでゴソゴソした件:

« RawThrapee が頑張る件 | トップページ | 試しにやってみた。 L + GB + R »