2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« ベランダで短時間・多枚数してみる | トップページ | SharpCap で極軸合わせ(のテスト) »

2017年1月13日 (金)

SharpCap でピント合わせ(のテスト)

月を撮影するのは、若者に任せて、年寄りは大人しくしておきますかの。ふぉふぉふぉ。

ってな訳ではないんだけど、最近、ブログ更新サボってた。リウマチなのか首~肩甲骨の間くらいにかけて痛い。
肩凝りだの五十肩だの寝違えた時だのみたいな感じなんだけど、リウマチが脊椎に出てるんだったら嫌だなぁ。
で、今日、定期通院なので主治医に相談してみよう。


で、SharpCapを再インストールしたので、ゴソゴソしてみた。

1 SharpCapで吐き出すデータがでかくて、容量心配だし(使ってるT100HAはストレージが64GBのeMMCで32GBくらいしか空いてない)、どする?

ちょっと前までは64GBのSDをVHD化して、そこに色々ぶっこんぢゃえばいいや。くらいに思ってたんだけど、気が付いたらSDが抜けかけてる事件が発生(ちょっと飛び出した状態なので、とても起きそうな話)。

で、SharpCapのマイナスカウントが起きちゃったと思われるので、VHDをやめて、SDをSharpCapの出力媒体にしちゃえ。

どっちみち、USBメモリとかにコピってメインPCに持っていくくらいなら、最初からリムーバブルなメディアに出しちゃえば楽ぢゃん。

Photo
[File]-[Settings]からSettingsダイアログ開いて、Filenameタブで出力先フォルダを指定するだけ。

やってみたら、SDカードを抜いて、メインPCに挿せばいいだけなので、老眼でSDカードが見難い事を除いて、便利。

撮影途中で、SDカードを使い分ければ、色々と応用もできちゃう。SDカードが(リアルに)吹けば飛ぶので紛失注意だけど。


2 フォーカシング・ツールを試してみる

オヤジさんはShapCapで極軸合わせされてるようだけど、ファインダーCMOSカメラ付けるのも面倒なので、ソコは置いといて、フォーカシング・ツールを試してみた。

2
例によって曇ってるので、遠くの灯りをなんちゃって人工星としてやってみる。虫眼鏡的なアイコンをプルダウンすると、いくつかツールが表示される。

SharpCapは'FWHM Measurment' を推奨してるのでやってみる。

3
ピント合わせたい星を赤いカーソルで合わせる。カーソルはドラッグするとサイズ変更や移動できる。ピント合ってないと、グラフはまっかっか。

5
合ってくると、イエロー→グリーンと変化して Now の値が小さくなる。最良時からの差も分かる。のだけど、どうも本物の星でやってないせいか、いまいち...

8
こっちの 'Multi-Star FWHM' の方が合わせやすかったけど、本物の星でやってみないとなんとも...

9
バーティノフマスク用のツールもあるのだけど、使ってるのが carey mask なので、コレはダメだろう。Bahtinov Maskを引っ張り出してみようか(アクリル製なので割れちゃってるんだけど)

« ベランダで短時間・多枚数してみる | トップページ | SharpCap で極軸合わせ(のテスト) »

ASI1600MC-Cool」カテゴリの記事

コメント

ピント合わせツールは上手く使いこなせば良さそうですね、いつも気合い入れて画面をにらめっこしているので色が変かするのは良さそう\(^o^)/

月は若い二人が頑張っているのでご安心を・・(笑)

先日ファイヤーキャプチャーを入れてみたんですが設定項目を弄るのに動作が遅くて閉口しました、軽く動くPCなら良いんでしょうね、高速PCのオヤジさんなら良いのでしょう派手な画面もオヤジさん向きだったりして(笑)

月は若い人達(!)が切磋琢磨されてるので、年寄りは安泰です

FireChaptureって、派手なんですか?見たことも無いです
SharpCapの極軸合わせとか、もちょっと色々使い倒そうかと思います。
あれ、結構いろんな機能がてんこ盛りで、基準星指定とかフラット補正とかも出来そうな感じです

sharpcap実は色んな機能があるんですね。慣れればバーチノフさんより便利なのかも?リウマチの痛さは分からないのですが、私も肩こりには悩まされ、腰から背中、肩にかけてつったように痛くなることがあります。ストレッチすると少し楽になります。

バーティノフを引っ張り出して来たので、次回は、それでフォーカス合わせてみたいと思います。
勘と経験が数値化されるので安心感ありそう
極軸も試してみます
フラット補正の謎を調べたいです
以前、Fitsを指定しようとしたらエラーだったような

先日、ピント出し機能、一度使って見たのですが、もたもたしてたら、寒過ぎで、二回目は、やってません。
色が変るのは良いですね。
星が見えるようになったら、また、やってみます。

ピントはバーティノフマスクを使って、SharpCapで合ったかどうかチェックするのが順当な使い方のような気がします。ピントエイドと同じですね。

私はもっぱらバーティノフマスクとsharpcapでピント合わせしていますが、なかなか快適です。ただし、シーイングが悪いと上手くいきませんね。

なかなか快適ですか? (^o^)
バーティノフを修理したので、晴れたら試してみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/69223539

この記事へのトラックバック一覧です: SharpCap でピント合わせ(のテスト):

« ベランダで短時間・多枚数してみる | トップページ | SharpCap で極軸合わせ(のテスト) »