2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« APT + LPS-V4 + ASI1600MC-Cool を使ったベランダ撮影 | トップページ | APT(Astro Photography Tool ) とCdC(Cartes du Ciel)の連携 »

2017年2月 4日 (土)

APT + LPS-V4 + ASI1600MC-Cool を使ったベランダ撮影 2

Ngc2403_20170203

年末年始から追いかけてる NCG2903
NGC2903 Exp=12x600sec, Gain=300, Temp=-10℃ SI7 -> Paint.Net -> RawTherapee -> FlatAid -> PhotoScape

ベランダなので、淡い部分は残念だけど、山で撮影したのより、ずっと好み。派手好きなもんで (^o^;

M81_20170203

M81 Exp=16x600sec, Gain=300, Temp=-10℃ SI7 -> Paint.Net -> RawTherapee -> FlatAid -> PhotoScape

けむけむ史上最高のM81がベランダから生まれようとは...

ベランダだと淡い部分がさすがに厳しくて、キツク処理してしまって、ディテールが出ないけど、これを山でやったらどうよ?(山で160分も何して待てばいいの?)

銀河中の赤い星雲を写したいと思ってたけど、ベランダで実現とは (^o^;

悩み続けていた縮緬シマも解消できて、いよいよ山へ行くべき時が来たのかッ!?

« APT + LPS-V4 + ASI1600MC-Cool を使ったベランダ撮影 | トップページ | APT(Astro Photography Tool ) とCdC(Cartes du Ciel)の連携 »

APT」カテゴリの記事

ASI1600MC-Cool」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

M81に赤い散光星雲?のぽちぽちが写っていますね。ベランダで実現するとは恐るべしです。山で撮った写真とこの写真を合体させたら、もっとすごいことになりますよ!?

年末年始に山で撮った 80x36sec. があるので、それとこれをどうにかしたいと思ってるのですが、山の GB とベランダの R を混ぜても、なんかイマイチ...でした。
山を L これを RGB にして合成してみようかな...
ちょっと角度が違うので、そこを除くとM81がキツキツになっちゃうし... なかなかうまくいきません

これもディザガイドしてるんですか?、ツルツルツヤツヤじゃないですか、凄すぎですね\(^o^)/
ポチポチも表現出来ていてこれだけでも十分作品としての価値があります、薄い部分は国内とハワイやチリとは比較にならないんだからこれはこれで素晴らしい作品と言えます\(^o^)/
都市部で惑星以外が物になるなんて・・・

ディザガイドしてます。等倍で切り出しても、結構ツルツルです。
ベランダだと淡い部分が埋もれるので、無理にあぶって、ザラザラ感が出てますが、元は結構ツヤツヤです。
ディザガイドすると、16枚も合成すれば、かなり滑らかになりますよ。
ほら、APT欲しくなったでしょ? (^o^)
撮影画像からの位置解析ができなくて、画面上に「気にいったら買ってね」って赤い文字が出てる以外はデモ版でも撮影できますよ。PHD Guiding もディザリングしてくれたと思います。

うわーっ。M81のポチポチが写ってる!!
ディザの効果もフィルターの効果もバッチリですねぇ。
それにしても、ベランダ撮影でここまで撮れるとは。

ディザリング&LPS-V4は効果的ですよ。是非お試しください。
ただし、かなり暗くなるので、30秒くらいの露出では厳しいですし、枚数が多いと間に入るディザリング時間でオーバーヘッドが増大するので、ある程度長時間露出がいいと思います。
暗くなるので、10分露出でもサチレーションは大丈夫みたいです。
ディザリングすると枚数は比較的少なくても滑らかになるようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/69470948

この記事へのトラックバック一覧です: APT + LPS-V4 + ASI1600MC-Cool を使ったベランダ撮影 2:

« APT + LPS-V4 + ASI1600MC-Cool を使ったベランダ撮影 | トップページ | APT(Astro Photography Tool ) とCdC(Cartes du Ciel)の連携 »