2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 続々・野望潰えるの巻 | トップページ | 久しぶりに撮影しようと思ったんだけど »

2017年3月 2日 (木)

手抜きフラット補正の効果を確認してみる

リウマチ出て痛くて難儀してる上に、昨日から花粉症がすごく悪化してるので、サイテー。いっぱいやらなきゃいけないコトが溜まってるけど、ちょっと仕事するの無理状態なので、サボって寝てたんだけど、オヤジさんが、フラット補正する時にフラットからダークを引くとノイズが増えるってのを悩まれてる。

なので、どんな感じでフラット補正してるか、まとめてみた。

以前は真面目に
フラットA = フラットB - フラット用ダーク
ライトA = ライトB - ライト用ダーク
ライトA’ = ライトA - フラットA

ってな感じで処理してたけど、最近は手抜きで、
フラット(コンポジットしただけ)
ライトA = ライトB - フラット

で誤魔化してる。で、ダーク・ノイズは気にならないのでヨシとしてたんだけど、本当にダーク補正されてるのか?冬だし冷却CMOSなので、元々ダークノイズが気にならないのか確認してなかったので、確認してみた。


まずは、ライト画像1枚。ベイヤー・RGB変換して、オートストレッチ後、横800ピクセルにしたもの。

M65_20170217_235112_bin1x1_300s__10

M65_20170217_235112_bin1x1_300s___2

Gain=300, Exp=300, Temp=-10, Bin=1
300ピクセルを切り出し。赤・青・緑っぽい小さな点が点在してる。

フラット。ライトを撮影したまま同じRA, DEC を鏡筒の前にトレーシング・ペーパーを付けて撮影したもの。

Flat

Flatcrop

Gain=300, Exp=300, Temp=-10, Bin=1
300ピクセルを切り出し。

Photo

フラット補正。ダークもフラットのダークも使わないで処理する。
実際にフラット補正するタイミングはSIにライトのFitsをローディングした直後。ベイヤー・RGB変換などより前に行っている。

上の設定でフラット補正した後。

M65_

M65_crop

フラット補正前にあった赤・青・緑のプチプチが減っているのが確認できる。

ダークを引かないフラット(Gain, Exp, Tempはライトと同じ)を使って、フラット補正すれば、ダーク減算も行われているらしい。

で、フラット補正の効果確認。

Photo_3

フラット補正前。周辺減光で、四隅が落ち込んでる。

Photo_4

フラット。

Photo_5

フラット補正後。周辺減光が改善している(残ってるけど)。天体の山が大きくなっているので、S/N比が改善してるって事だろう。

APTの Flat Aid  を使って作ったフラットを使えば、もっと綺麗に補正されるかの知れないけど、未確認。その場合、Expが異なるので、ライト用とフラット用のダークを撮影して、それぞれ減算する必要が出てくる(ので、面倒くさいなぁ~)。

元々、ゴミによる目玉汚れが気になったので、フラット補正してたけど、やっぱ、やった方が全然イイってのは確認できた。メデタシ。

ついでに、ディザリングして6枚コンポジットすると、こんな感じ。

New1

New1crop

Photo_6

Photo_7

レベル調整だのなんだの処理すると、こんな感じになってたんだ。

« 続々・野望潰えるの巻 | トップページ | 久しぶりに撮影しようと思ったんだけど »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

リウマチ&花粉症なのに、貴重なお時間痛み入ります。

ここ4回のニワトリで、一番手数のかからない方法は、Lightを複数枚撮影後続けてフラット複数枚・ダーク複数枚撮影の手順でやってます。
鏡筒が天空を向いてると、175cmでも背が足りないので、30cm四方の縁台を買いました。(笑)
それにしても、周辺減光が凄いですね。
どんな組み合わせですか。
生画像でも周辺減光は、さほど出ませんが、画像処理が楽になって仕上が綺麗になった気がします。(自分では)
やはり、最終的にはけむけむさん方式でやることになると思います。

これはフラットの効果が分かるように、x0.7レデューサを付けた 20cm F4 ニュートン(合成F2.8)です。
周辺減光がすごくて、周辺は星が延びちゃうんですが、スッゴい明るい鏡筒になるって組み合わせです

成る程成る程、ガテンです。

まだ、3年の経験ですけど、結局、何が面白いかと言うと、機材集め、、、、、、じゃなくて、画像処理ですね。
熊本方面からの神の声を聞いて、初めてフラットを掛けた先日の興奮は、まだ、余韻が残ってますよ。
ライトもフラットもファイル容量が同じなので、倍には成らないですが、1.5倍とか、また、HDDをまた、買い足す日々になりそうです。(笑)(まだ、余裕ですけどね)

画像処理で試行錯誤は面白いですよねぇ
写るかどうかわからない彗星を探すのも楽しいですよ\(^^)/

もりもりすごいなー
星ではないですけど画像処理する機会があるのでオモシロイです。
ますます花粉が飛びそうなお天気が続きそうです。
お大事になさってください。

ひよちゃんも画像処理されてましたかー
いつも悩みながら手抜きしてます (^o^;

今年は花粉が多いのか、かなり難儀してます... (-_-;

冷却ASIはダークはひいたことがないのですが、フラットはひいたほうが断然いいですね。レベル値をみて確認、納得です!

フラットを引くと、目玉模様除去効果よりS/N改善効果の方が有効なようで (^o^;
なかなか、うまくフラットを引けないのですが、経験則では、ライトとまったく同じ条件が良さそうです。
(フラットはトレーシングペーパー1枚で)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/69779292

この記事へのトラックバック一覧です: 手抜きフラット補正の効果を確認してみる:

« 続々・野望潰えるの巻 | トップページ | 久しぶりに撮影しようと思ったんだけど »