2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« ASI1600MC-Cool 分解清掃する | トップページ | ラブジョイ彗星_20170424 »

2017年4月23日 (日)

本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星_20170422

久しぶりに週末晴れたので、どこか行こうと思ってたけど、阿蘇方面は雲が残りそうな感じだったので、金峰山行ってみた。
登山口の駐車場は、結構暗くて、こぐま座のη(4.95等)が辛うじて確認できる程度。
トイレがあるので、長時間居座るにはいいのだけど、若者が車で山を登ったり下りたりするので、連中が来るとカブるんぢゃないか?とヒヤヒヤする。
近場(車で20分)にしては、かなりいい場所なのだけど...

45p_20170422crop
本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星
45P/Honda-Mrkos-Pajdusakova, 2017/04/22.5438UT, 4*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=300, Temp=-10), No Cropping, mag=16.8, start 21:56:28(JST)

年末、長いシッポがあった本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星は、すっかり暗くなって、そろそろ写らなくなりそう。

315p_20170422crop
ロニオス彗星
315P/LONEOS, 2017/04/22.5697UT, 4*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=300, Temp=-10), No Cropping, mag=16.1, start 22:34:09(JST)

彗星の右側のごちゃごちゃしてるのは散開星団みたいだけど、詳細不明。

C2015v2_20170423crop
ジョンソン彗星
C/2015 V2 (Johnson), 2017/04/22.6849UT, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=300, Temp=-10), No Cropping, mag=11.5, start 01:12:48(JST)

C/2015 V2 は、2015/12/12頃に撮影したようで、こんなに大きく明るく育ってウレシイ。

41p_20170423crop
タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星
41P/Tuttle-Giacobini-Kresak, 2017/04/22.7132UT, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=300, Temp=-10), No Cropping, mag=13.2, start 01:53:19(JST)

C2016m1_20170423crop
パンスターズ彗星
C/2016 M1 (PanSTARRS), 2017/04/22.7449UT, 4*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=300, Temp=-10), No Cropping, mag=16.6, start 02:45:48(JST)

M101_lrgb_800
出待ちで M101 も撮ってみたけど、う~ん... ガイドエラーが多くて、16枚撮って11枚しか使えなかった。原因不明。 露出が全然不足ですね... やっぱ、120~180分くらいは露出しないと色が出ないですね...
M101, 2017/04/22, 11*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=300, Temp=-10), No Cropping

M101_lrgbcrop_800
1/2 Cropping


これらを撮影してた時、なーんか変だった。撮影前に光軸は調整したハズなのに、星像が歪なのが分かるし、導入都度、ピントが大きくズレまくり。

Photo
四隅をチェックしてみたら、案の定、ずれてる。で、家でゆっくり光軸調整してたら、あやや?鏡筒を回転させると光軸が大きくズレる!
なんぢゃこりゃ~?

_
色々調べてみたら、斜鏡のステーが緩みまくってたのを発見。なので、4つのネジを締めて、鏡筒を回転させても主鏡の中心にレーザーが当たるように調整した後、斜鏡を調整。
これで回転させてもズレる事は無くなった。ココが緩むとは思ってなかったので、あちこちへ運搬してた間にじわじわを緩んでしまったのかも知れない。

« ASI1600MC-Cool 分解清掃する | トップページ | ラブジョイ彗星_20170424 »

彗星」カテゴリの記事

コメント

ちっこい点のような彗星、どうやって判別してるのですか。
軌道要素で導入してバッテンで解るとか。
Johnson彗星ですが、恒星でオートガイドして、彗星を基準点にしてコンポジットですか。
ditheringは、使った方が良いのでしょうか。

今夜、行けそうな天気です。
#追伸
ブリーインパルス、お城の上を飛んでますか。

ブルーインパルスはそろそろらしいです。 11:15~

15等級とかの彗星は、簡単には識別できないので、コンポジットした後、ステラナビゲータとパターンマッチングを目でやります。
ステラナビゲータと写真では、あるはずの星が無いとかないハズの星があるとか、色々あるので、怪しい時は、DSS(The STScI Digitized Sky Survey) に、RA, DEC を指定して、その部分を撮影した画像と比較します。
DSSは20等級くらいまで写ってるので、DSSになければ、それが彗星です。
DSSと撮った写真の比較も目視パターンマッチングです。

何れにしても、目が命ですね。
あんな面積の無い点が良く判別出来るものですね。
The STScI Digitized Sky Survey サイトを見てきました。

ブルーインパルスの演技飛行、熊本の人たちが元気になれは良いですね。

シッポがあったり、緑色だったりする彗星は稀で、ふつうは小さな点です。
で、あるかないかのチェックだけなので、慣れれば、難しいことはないと思います。

ブルーインパルスは流石に速く、お城上空つーより阿蘇方面くらいまでぶいぶい飛んでました。
それ以外もヘリの編隊とかいろんなものが飛んでます。

うちから見ると、コンビニ駐車場に車がいっぱいで、みんな運転止めて空を見上げてます。

金峰山へ行かれましたか、まずまずの暗さだったようでしっかり写っていますね(^_^)v
41Pは移動が早そうですね、60秒が限界でしょうか??
私はグリーンロードへ流れ星を見に行ってました、家族を連れて・・・・撮影は無し(^^;)
結構大きな流れ星を二つ見たところで帰りました、で、今日は玉名と黒木の藤を見に行きましたので少々フラフラ・・・
出来れば今夜でも無理してでも彗星の姿を確認しに行きたいと・・・・無理かな(^^;)

機材も油断するとやばい事になりそうですね、私も気を付けたいと思います(^_^)v

昨夜は結構な強風だったので、周囲を木々に囲まれてる登山口駐車場にしました。低空が見えないから写せる範囲は狭いけど、5等くらいは見えそうな感じで(特に夜半過ぎ)、まぁまぁ暗いと思います。
東側はダメですけど (^o^;

斜鏡が緩々状態で撮影してたようで、M51も16枚撮影したのに、ピンボケで使えませんでした。あと、71P/Clark もピンボケ...

今夜は低空まで空気が澄んでるようで、昨夜よりかなり良さそうです。残念ながら、長崎と都城に行ったJRが寒かったので風邪引いたようで、ダウン寸前なので今夜は撮影は無理かな...
調子よくなったら、夜中からベランダ撮影くらいはしないと勿体ない快晴ですね...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/70350278

この記事へのトラックバック一覧です: 本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星_20170422:

« ASI1600MC-Cool 分解清掃する | トップページ | ラブジョイ彗星_20170424 »