2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« ダメダメ2連発 | トップページ | 短い筒で遊んでみたい »

2017年4月15日 (土)

春の軍拡祭りに参戦する

風景を撮影してみる。

Photo
コンデジで撮って、ズームしてみた。このアンテナをASI1600MC-Coolで撮影してみる。

Color
こんな感じ。

Comp
これが、秘術を使ったもの。どうだろう?改善してるだろうか?

Photo_2
さきっちょを切り出して比較してみた。いまいち良く分からないな...

Ir_all
秘術はコレをL画像にして、普通に撮ったベイヤー・RGB変換したものとL+RGB合成してみたもの。

このL画像は、ASI1600MC-Coolを使って撮影したFitsファイルをベイヤー・RGB変換せずにTiffで出力して作ってみた。ベイヤー・RGB変換していないので、解像度はASI1600MM-Cool並みになってるハズなんだけど...

2
普通に撮影したものと、ベイヤー・RGB変換していないL画像で比較してみた。これだと多少改善されてるっぽい?

Asi1600mcqe
ZWOのページにあったRGBの感度特性。なんとなく、850くらいだとR, G, B が一点に集まるんぢゃね?なグラフだ。

で、

Dscn0593
ででんw

ZWO 850nm IRパス フィルター

Dscn0596
1.25インチなので、わっかに付けて

Dscn0601
こんな風に取り付けて撮影した。フィルタ枠の取り付け、取り外しには、爪楊枝が必須アイテムになる。

Photo_3
手順をまとめると、こうなる。

この手口で、月や惑星を撮ったるって魂胆なのだけど、いつ晴れるかなぁ~♪

3
どうも効果がいまいちだと思ったら、IR使った方のピントがあってない...
フィルターでピント位置がズレるってのもあるだろけど、フィルターを取り付ける時に一度カメラを外す必要があるので、こうなっちゃうか...
これは、いよいよフィルターホイールいっちゃう? 1.25インチで...

4
ピンボケでした... ってオチは悲しかったので、IRを撮り直してみた。
たしかにピンボケもあるけど、地表付近のユラユラはものすごくてピント合わせるの無理ってのも分かった...

5
ベイヤー・RGB変換したもの(左)とIRをLにしてLRGB合成したもの(右)の比較リベンジ

6
これなら、効果あると言っても良さそう。

では、いよいよウェーブレットしちゃうよ

7
ででで・で~んw


まとめ

Photo_3
怪しさ満載


21_15_34_g4_ap53crop_2
天気悪くて雨降ったりしてたけど、夜、一瞬晴れたので、大急ぎで撮影してみた。すぐ曇ってしまったので、あれこれ出来なかった。

で、分かったのは、IR Pass Filter 使うと、露出が物凄く長くなる事。
あまりに暗かったので Gain=300 まで上げて、 Exp=600ms.
先月、Gain=300 で撮影した時の露出時間は、 60ms. だったらしいので、10倍必要らしい。ううむ、これが、ASI1600MC-Coolのなんちゃって高解像と ASI1600MM-Coolの素で高解像の差なのか...


Photo
にゃあさんがウェーブレットで悩まれてたので、勝手に処理してみた。

Photo_2
↑を処理した時のパラメタはコレ

« ダメダメ2連発 | トップページ | 短い筒で遊んでみたい »

ASI1600MC-Cool」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

「この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。
  危ぶめば道はなし。踏み出せばその一足が道となる。
    迷わず行けよ。行けばわかるさ」
という言葉もあります。
行っちゃいましょう!!

IRパスフィルターでシーイングによる惑星像の悪化を回避するということですかね?って調べて知ったのですが、うちにもそんなフィルターがあったような。

To カメラde遊ingさん

 ここで、行っちゃうと...

フィルターホイール、テラ便利ッ → ついでに LRGBやっちゃえ → なら、ASI1600MM-Cool ダヨネー

ってな図式が見え隠れするので、行けないんですヨ...

To にゃあさん

>シーイングによる惑星像の悪化を回避
ですです。春になったのに、全然グニグニしてんぢゃん... ってコトでクリックしちゃいました。
IR850 1.25フィルターって、実は気軽にクリック出来るような価格だったんですよ

けむけむさん、教えていただいてありがとうございました!復習しておきました。血肉になっておればよいのですが(汗)

やってみたら、模様はハッキリしたけど、格子状の模様が出ちゃいました。
うまく処理できるパラメタがあったら教えてください。

おお!
けむけむさんも「アヤシい」テクニックの研究、お好きですね♪

ご推察の通り、ASI1600MC-COOLに赤外線フィルタを使えばRGBそれぞれの素子の感度が揃うので、ベイヤー変換の必要がなくなり、「素の1600万画素」モノクロカメラになります。
またシーイングの影響も緩和されたりも期待できますね。

ただし可視光をカットするぶん暗くなっちゃうので、ぜひ明るい月面でお試しを!!

アヤしい時刻にコメントありがとうございます。
ビックリするくらい暗くなりますが、フィルターを目の前に付けて風景を見ても何も見えないので、さすが赤外線と思ったりしました (^o^;
木星でもかなり露出しないといけないので、もっと明るい筒でやってみようかと思ってました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/70267602

この記事へのトラックバック一覧です: 春の軍拡祭りに参戦する:

« ダメダメ2連発 | トップページ | 短い筒で遊んでみたい »