2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 続・デジタル・ファインダーを調整する | トップページ | ケーブル接続で悶々とするの巻 »

2017年5月14日 (日)

木星とEFWの備忘録

_20170513
2017/05/13 21時頃。強風だったので、ダメだろうと思ってたけど、それなり。
左から、IR Pass 850nm, UV/IR Cut, L+RGB

デジタル・ファインダーを実戦投入。劇的効果。AVXでアライメント時、何も悩まずに導入したい星が見つかる。ファインダーだけでアライメントしても、そこそこの精度が出るのも分かった。

極軸もSharpCapで合わせてみようしたけど、星が20個くらいSolveされてるのに、90度回転させるとうまく認識できず。あれって、北極星が画面からはみ出したらダメだったかな?

_20170513_1600_2
Gainを変えて比較してみた。Gain下げると画像は良くんるだろうけど、露出が長くなるからどうだろう?と思っていたので比較してみた。
Gainは300を上限にした方が良さそう。日によって条件変わりそうなので、Gainとフレーム数は何パターンか撮影するのが良さそう(木星はハッキリ分かるくらい自転で移動するので、合成するペアは連続撮影)

IRだとハッキリ分かる斑点がUV/IR Cutだとハッキリしないらしい。それが何か知らないけど。

Photo
バーティノフ・マスクでピント調整中に撮影したのを思い立って、ウェーブレット処理してみた。こんな感じに処理されてるのかぁ~


先日、撮影用 Windowsタブが急遽ご臨終。

こうなってしまうと、EFWのセット順が分からなくなってしまうってゆー、なってみなきゃ思いつかない状況に陥ってしまった...orz
なので、開けて確認。

Dscn0667

1 UV/IR Cut
2 IR Pass
3 LPS-V4
4 LPR Type2

備忘録なので、面白くもなんともない記事で申し訳ない。


あれ?撮影用のWindowsタブ死んでるのに、なんで木星撮影できてるの?ってツッコミが入りそうだけど、撮影したのは、コレ。

Dscn0668
次期主力撮影端末 Huawei Matebook m5

これまでの ASUS T100HA が 4GB, 64GB(eMMC) -> 8GB, 256GB(SSD) になって、確かに性能は向上したけど、撮影端末としてみた場合は微妙。

これ、PD対応らしいのだけど、逆に普通のmicroUSBでは給電できない。USB3.0Cコネクタ給電だけど、実は12Vらしい。
これまでみたいにモバイルバッテリーでは給電できないってコト。Suoakiがあるから、ACアダプタから給電すればいいんだけど。

と、昨夜発覚したのが、USB認識がどこまで出来るか?問題。そもそもがUSB3.0Cコネクタ1個しかないので、給電しつつ周辺機器を使うのためには、PD対応HUBが必要で、それをAVXの近くまで引っ張ったHUBで分岐して、M-Gen, AVX と ASI1600MC-Coolへ。ASI1600MC-CoolがHUBになって、EFWとQHY5Lに接続される構成なんだけど、これだとうまく認識できないものが出てしまった。
HUB3段がダメなのかケーブル長の足し算がダメなのか(これが一番怪しい)、PD対応が関係しているのか...

なので、木星撮影は、給電せずに、USB3.0CをAVX近くまで延長して、そこにHUBを置いて、QHY5LとASI1600MC-Coolを接続。EFWはASI1600MC-Coolから分岐って配線だと正常に動作した。

木星だから、星図ソフトでの制御やディザリング不要なので、これで済んだけど、APTで撮影するには、色々試行錯誤が必要になりそう...

撮影以外で使う分には、マウスやヘッドフォンもBluetoothでバッチシ動作したのだけど...
半日くらいで撮影環境再構築したので大変だった。入院したT100HAはおそらくハード交換になる予感。いつ戻ってくるかな...

« 続・デジタル・ファインダーを調整する | トップページ | ケーブル接続で悶々とするの巻 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

これは何ですかシリーズも無く、行き成り実戦導入ですね。
確かにPCは、一番大事な縁の下の力持ちですからね。
USBのPD対応、色々出てきますね。セルフパワーのハブを買ったと思ったら。(爆)
USB画像伝送は、優先度が高いので、タコ足配線やると、切られてしまうセッションも出るみたいです。

冷却CMOS使っちゃうと、パソコンがないのは、鏡筒や赤道儀が無いのと同じだってのを痛感しました (^o^;
やっぱタコ足、厳しいですよね...
これまでは、PC - USBHUB - カメラ、赤道儀、オートガイダー で済んでたのに、軍拡しちゃったので
PC - USBHUB - カメラ - EFW、カメラ って接続になって、さらにPC側はPDになっちゃったので
PC - USBPDHUB - USBHUB - カメラ - EFW、カメラ にしたらアウトでした。
焦ってしまったので昨夜は
PC - USBHUB - カメラ、カメラ - EFW と簡素化して木星だけ撮影しました。

PC替えると、うじゃうじゃとインストール&環境設定が必要になるので、結構泣けました。
これでT100HAがハード交換でサラピンが返ってきたら、また、うじゃうじゃをインストール&環境設定です...

電子ファインダーが劇的効果ですかっ! スマホファインダーでポチポチやってる場合じゃないような気がしますよ。うちの場合は、QHY5III-174M をファインダーに回す感じになると思う(たっけーファインダーだ)のですが、レンズは35mm(Cマウント激安)でファイナルアンサーですか? そのままAGに使うと焦点距離は足りないでしょうかね?

ファインダーとしては35mmで無問題でした。25mmも試したいと思ってましたが、特に問題ないので、35mmでFAですね (^o^)

そのままオートガイダーとして使う発想は無かったですが、確かに出来なくはないかも?って気はします。でも、800mmや1600mmには厳しいでしょうねぇ... 300mmくらいなら大丈夫かも?

木星、良い色がd増しましたね。

さらに、ぬかりなくゲインの比較テストまでされるとは流石。

Gain上げ過ぎてもダメみたいで、300までに抑えた方が良さそうです。

フィルター、沢山お持ちですね。
フィルターワークで、切り替えると感覚的にも解り易いですね。(1個、欠番が)

1個空いてるのは、書頼的にHαでも入れたろーかって事ですが、当面空きです
現状でも使えてないので

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/70547486

この記事へのトラックバック一覧です: 木星とEFWの備忘録:

« 続・デジタル・ファインダーを調整する | トップページ | ケーブル接続で悶々とするの巻 »