2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« これは何ですか? | トップページ | デジタル・ファインダーを調整する »

2017年5月10日 (水)

これは何ですか?

またかよ?とお思いでしょうが... てへへ。

Dscn0657
これまでも何度か登場したデジタル・ファインダー
これがあれば、ヨガ的苦行から解放されるんだぜ、ハラショー!的なノリで導入したんだけど、ぶっちゃけ、稼働率低い。
ってのが、これを自由雲台経由だとファインダー中心と主鏡筒中心が合わせられないし、Vixenの微動雲台だと雲台が重くてゴツくて、う~ん... になっちゃった訳で。

つー事で、解決策。

Dscn0661
まさかの QHY5L-II-C の登場。あっさりとAR0130を諦めちゃうって潔さ。
で、AR0130で使ってた35mmCマウント激安レンズを装着して、ファインダー脚に付けちゃた事でして (^o^;

Photo
AR0130 のファインダー像

Qhy
QHY5L-II-C のファインダー像

比べちゃ可哀想だよ... 的な差な希ガス。で、実際には星を見てみなきゃなんとも言えないので、とりあえず、こんな感じ。

で、

Qhy2
ASCOM Driverがあるので、ちゃんと APT でも使える。っつー事は、35mm付けて、迷子になった時はファインダーで solve しちゃう事もできる。

Dscn0662
GS-200RC だと、こんな感じの接続。パソコンからASI1600MC-Coolまで、USB3.0で接続しておいて、ASI1600MC-CoolをUSB-Hubにして、EFWとQHY5Lに接続すればいいので、ケーブルは3本(USB3 A-Bケーブル, 12V電源ケーブル, M-gen用のLANケーブル)でOk。
USB2 A-BケーブルはQHY5Lに付属してたけど、例によって太くて硬くて長いケーブルだったので、細くてしなやかな1mケーブルをAmazoって、土曜日到着予定。そこまでに晴れたら、とりあえず、ごついケーブルでやってみればいいんだけど。

※今回気がついた事。
APT で Exp に 0.1 と指定すれば、ちゃんと 100m sec. 露出してくれる!(知らなかった)

Qhy_
雲の間から北極星が見えた。やはり、明らかにAR0130より綺麗に見える (^o^)

Qhy__2
ShapCapの極軸解析もバッチシ出来そう。

Qhy_apt
APT から ASPS で Solve しようとしたけど、曇ってしまって終了。

で、本当はちゃんとAVXに鏡筒積んでやろうと思ったけど、予期せぬ問題発生。
撮影用ノート(なんちゃってタブレット)PCが起動しない。電源長押しとか、電源+音声小同時長押しとかやってみたけど、ダメ。
中華で、サポートは最低ってレビューだったので、どうなる事やら。Amazonで保証期間延長してるので、どうにかなると思うけど...


晴れ間があるので、木星や月を撮影したかったけど、中華タブがご臨終なので諦めて、北極星をファインダーでPlate Solve。

Qhy_solve
無事 Solve 成功。

ついでに、SharpCap使って撮影してみた。

Qhy_nodark
北極星を16枚コンポジット(Binning=1x1, Capture Area=1280x960, Colour Space=RGB24, Gain=30, Exposure=4000 msec.)

Qhy_use_dark
QHY5L-II-C 結構ダークノイズが出るようなので(約20℃)、ダーク引いてコンポジットしたら、こんな感じ。ファインダーとして使うだけだとちょっと勿体ない気もするけど、やっても惑星撮影くらいかな...
調べてみたら、10等級近くまで確認できるので、ファインダーとしては十分。

« これは何ですか? | トップページ | デジタル・ファインダーを調整する »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「これは何ですか」がまさかの4連投、ずいぶんと軽量化できてるみたいですね! 軽いときっと稼働率上がりますよ。solveできちゃうところも素敵で一挙両得ということですかね。

何よりも
>APT で Exp に 0.1 と指定すれば、ちゃんと 100m sec. 露出してくれる!

これ大発見!!

激安AR0130でなんとかファインダーにならないか?とちまちまやってましたが、これにして大正解です。
スッキリと小型軽量化できたし、ファインダーとしての存在意義を問われる主鏡筒と合わせにくい問題点も解決できました。

Exp = 0.1 って、ビックリでしょ?ただ、 LiveViewは更新頻度が1 sec.って制限があるのかも?です。
Exp = 1 では白トビしちゃったので、試しに 0.1 にしたらちゃんと写るようになったのですが、雲の移動は1秒間隔っぽかったです。ちゃんと、Exp = 0.1 を指定してスケジューリングできます。
なお、 0.001 とか、 0.00001 とかは試してません。また、ASI1600などでも 0.1 が通用するかどうかも未確認です。

>これ大発見!!
にゃあさんに、1票ですね。
これは、新星発見より、価値があります。(驚)!

けむけむさんの真似をして、オークションでファインダー1本getしました。
頭が悪いので、オヤジは力業で星を見つけます。(汗)

あらま、これがうまくいけば✨ファインダー余るから、差し上げたのにwサイン入りで(サインなんかすな と、言われそうw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/70525396

この記事へのトラックバック一覧です: これは何ですか?:

« これは何ですか? | トップページ | デジタル・ファインダーを調整する »