2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« デジタル・ファインダーを調整する | トップページ | 木星とEFWの備忘録 »

2017年5月13日 (土)

これは何ですか?

Dscn0665
これは何ですか?なにか取っ手的なモノですね

Dscn0666
こうなります。

GS-200RC ユーザあるあるですね。 GS-200RC、チョー持ち難い (-_-;

なので、Vixenの鏡筒ハンドルをアルカスイス経由で付けてみました。この位置だとバランス取れてて、なかなか良いです。
赤道儀に乗せた後は外して、ここには、ファインダーとかオートガイドのカメラが乗る訳です。

« デジタル・ファインダーを調整する | トップページ | 木星とEFWの備忘録 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なるほど、取り外し可能なハンドルですね、使い勝手がとても良さそうです(^_^)v
ネジの締め忘れとか強度に不安が有りそうな気がしますが、この方式は見習う部分が有りそうに思います。

今夜からしばらくは遊ぶ時間が取れそうですね、本気撮影までに準備を怠りないように・・・(笑)

そうなんですよね、ネジの締め方が一番怖いです。
逆にアルカスイス、締めすぎると、緩めるの大変になったりもします... (-_-;
けど、これがないと、GS-200RCはドブテイルバーで手を怪我しそうなんですよ...

なるほど、ドブテールが上下についてるのでこんな技が使えるわけですね。
アルカネジの閉め忘れにはくれぐれもご注意下さいませ♪
当方、先日のビームスプリッター落下事故以来、臆病になってます(笑)

確かに、保有鏡筒、これだけ持ちにくくて、赤道儀に取り付けている時は、あのR200SSを落とした光景が出て来て(汗)です。
そうですね。何か考えないとです。

To あぷらなーとさん

 ドブテイルが上下についてるのって、いろいろ利点もあるんですが、とにかく持ちにくいんですよ..
アルカスイスではなくて、ビクセンアリミゾを使ってどうにかできそうな気もするんですが、せっかくアルカスイスで交換できるようにしてるので、こうしてみました。

To オヤジさん

オヤジさんは、金属加工ができるから、この手の作業は楽勝ですよね...いいなぁ

取っ手のあるなしは大きいですよね。R200SSは抱きかかえるようにしてマウントしていますが、落っことしそう。こっちは雨です。室内あそび模索中。

けむけむさん
アルミの板に穴を垂直に明けられるだけですよ。
後は、鑢でギコギコの筋肉痛付の力任せです。
EdgeHD800のようが、握りがあると、心強いですよ。

にゃあさん
R200SSは凸凹してるから、持ち易くないですか。(笑)

オヤジさん、ed81sの金属ハンドルと比べたら持ちにくいですよぅ。重心の問題もあるのですが。初心者なので、鏡筒の持ち歩きひとつに苦労してます(>_<)

To にゃあさん

 私もGS-200RCはだっこして運んでますが、だっこしても、ドブテイルが痛いっつー困った鏡筒なもんで...

To オヤジさん

EdgeHD800も持ちにくそうですねぇ...
BKP200の方はアリガタが取っ手になるし、逆方向も取っ手になるプレートにアルカスイスを付けてるので、かなり持ちやすいです(でないと、あんな重たい鏡筒は持てないですが...)

重いの3鏡筒、EdgeHD800が、一番安心(R200SSも安心)して持てますよ。
GS200RCは、何時も、ヒヤヒヤしながら、載せてます。

EdgeHD800はGS-200RCに似てるのに持ちやすいんですか?何か持つところがあるんですっけ?
(EdgeHD800なんて見たこともないもんで)

さっき、ファインダーの調整したので、GS-200RCをAVXに乗せてみましたが、ハンドル大正解でした。安心して作業できました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/70545808

この記事へのトラックバック一覧です: これは何ですか?:

« デジタル・ファインダーを調整する | トップページ | 木星とEFWの備忘録 »