2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« ちょい撮り M57 | トップページ | これは何ですか? »

2017年5月20日 (土)

ベランダ放置で撮ってたもの

M63
M63, Gain=300, 12*600s.  もう少し枚数を稼がないとなんとも... 放置中に強風だったようで、1/3くらいはブレブレで使えなかったのも敗因かな

M51
M51, Gain=300, 20*600s.
こちらは、何度も撮影してるので、L画像には3回分を混ぜてみた。


N6543
NGC6543 Gain=300, 168*20s. ROI(Capture Area=1280x1024)
Fitsで撮影して、SI7に放り込んで処理したもの。

03_23_g4_ap18
168 Fits Files を AS!2 で処理して、RegiStax6 で軽く処理したもの。やっぱ、これ、ピンボケな気がする。 x2 TelePlus を使うと、こんな像になってしまうのかも...


EFWとQHY5Lファインダーのテストの意味もあって、ベランダ撮影してるのだけど、ASI1600MC-CoolをHubにすると、結構シビアなようで、EFW接続を20cmくらいの付属してた短いUSBケーブルだと安定してたけど、50cmにしたら不安定。
短いのEFW側がL型なんだけど、この向きがアレなので、ぱっつんぱっつん

QHY5Lの方も、微妙で、2mだと全然ダメ。1mだと不安定なので、50cmにしてみようか...

と、昨夜は赤道儀接続が何回も切れるっつー、思わぬ伏兵。
SUB3.0 Hubをセルフパワーにしてみたのに、思った効果が得られていない...orz

« ちょい撮り M57 | トップページ | これは何ですか? »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

ケーブルの長さがこんなところで致命的にきいてくるっていうのは、ふつうにPCとHDDを結んでいるような環境ではあまり聞かない不具合ですね。天文機材ならではなんでしょうか。セルフパワーのハブに変えておられるようですし、おっしゃるとおり伏兵的ですね…。

微妙な不安定さで、う~ん... です。
QHY5L はファインダーが必要な時だけ、USB2 A/B ケーブル(2m)でUSB Hub に直結した方が安定するかも?です。
途中のケーブルが増えるのが嫌でASI1600MC-CoolまでのUSB3 A/B でEFW, QHY5L 接続って、おそらく AI1600MC-Cool 設計者の意図通りと思うのですが、USB3 の長さ問題、なかなか強敵なようです。
USB3 A/B のリピーターケーブルにしてみようかな...

EFWは、付いてませんが、赤道儀の真下のUSB3.0ハブからUSB3.0用のケーブル2+1.5mでノートまで一本ですが何も起きないですね。
あの付属ケーブルが短いのは、そんな訳が有るかもですね。

>赤道儀の真下のUSB3.0ハブからUSB3.0用のケーブル2+1.5mでノートまで一本ですが何も起きないですね。
起きない時は起きるけど、起きはじめると、色々起きるっつー面倒くさい系の話みたいです。

ASI1600MC-Cool を経由して接続する前は、同じような感じでも大丈夫でしたし、EFWだけなら問題なかったと思います(騒いだ記憶がない)。
EFWとQHY5Lの両方を使うと起きるようです...

あの付属ケーブルが短いのは、USB3.0ケーブル長問題が出るんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/70616716

この記事へのトラックバック一覧です: ベランダ放置で撮ってたもの:

« ちょい撮り M57 | トップページ | これは何ですか? »