2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« ジムニー搭載試験 | トップページ | やっぱ、ジムニーおもすれー »

2017年6月18日 (日)

ジムニーに身体を合わせるのだ

ガキの頃、バイクを変えたらダートを走ると、早く馴染んだ覚えがある。

ので、ジムニーで山道(舗装路だけど)を走ってきた。つっても、とりあえずは良く知ってる益城町、西原村から南阿蘇村へ抜けるグリーンロードで南外輪山越えってルート。

グリーンロードと思ってたんだけど、ケニー・ロードと書いてある真新しい標識が...

帰ってググってみたら、なんかバイク乗りのおっさんの事らしいけど、知らんがな(つか、グリーンロードでいいぢゃんと思った)。

で、グリーンロード越えて、南阿蘇の白水温泉「瑠璃」行ってきた。

20170617_121457
大広間が改修工事中で、かりぼし側のサウナも工事中だったけど、たった300円で露天風呂が楽しめる、素晴らしい場所だ。

20170617_132122
帰りもグリーンロード越え。俵山トンネル側はダルメシアン・ポイント付近ですげー渋滞してる予感がしたので。
で、途中で以前から気になってたポイントをロケハン。ここは、東屋ポイントよりちょっと登ったところで、牧場入口って感じ。狭いので、CRZでは無理と思ってたけど、ジムニーなら大丈夫みたい。

20170617_132139
東側

20170617_132144
南側

こんな感じで民家、電線の類はない。ただ、西側は熊本市の光害がひどいはず(ひどいつっても、自宅ベランダの天頂付近より全然マシなレベルなんだけど)。
北側もそこそこ明るいと思うので、基本的に東と南。(タブン)清和高原天文台には及ばないものの、自宅から60分圏内ではもっとも暗いと思う。
もちろん、近くにコンビニ・自販機・トイレの類は皆無。なので、結構サイバイバル。
標高は、800mくらい。もっとも問題なのは、吹きっさらしなので、風の強い日が多そう。

20170617_132958
途中、阿蘇ミルク牧場のトイレを借りるのはデフォルト。この近くも結構いいと思う。夜駐車場は施錠されちゃうんだろうな...

« ジムニー搭載試験 | トップページ | やっぱ、ジムニーおもすれー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

熊本いいところ。ジムニーは自然が似合いますね。こんなリゾートが近くにあるとは羨ましい。夜は素晴らしく星が見えそうです!

このロケハンした付近だと天の川がクッキリ見えます。
この草原から昇ってくる天の川とか撮影すると、いかにもな写真になりそうです。

リンク先のこのおっさん誰?と思ったら、キング・ケニーのなれの果てですか!
面影なし!
憧れの存在だったのに・・・時の流れは人を変えますね。
そういっている自分も昔の面影ないもんなー(^^;

露天風呂を楽しむ文化。
皆さん、DIYにお買い物の様な感覚で温泉を楽しむ。
オヤジの感覚だと、温泉って、旅館に泊まって楽しむ所と思ってるけど、爺ちゃん婆ちゃんを載せて、家族で日帰りとか半日とか。
文化が違うと言うか、セカセカ生きてる自分が恥ずかしい。
夜空を楽しむのも文化。
星に笑われるから、難しい顔しながら、ピント合わせするのはやめようと思った。(笑)

To カメラde遊ingさん

 そのキング・ケニーとやらを知らないので、なんで知らんおっさんの名前付けるんだ?と思ってます (^o^)

To オヤジさん

 温泉は露天風呂でしょう。混浴露天だったりすると最強です。混浴露天で最強だった地獄温泉すずめの湯は、素晴らしかったのですが、地震後の土砂崩れで崩壊。復旧の目途立たずで、生きてる間にもう一度行けたらいいなぁ...と思ってます。
https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/kumamoto-jigoku-onsen?utm_term=.lyw5gzw26#.rxE3Epbkl

温泉ってのは、日帰りで楽しむのがデフォルトですね (^o^)。昼食付プランなんてのもいっぱいあるようで(そんなん利用した事ないけど)。
今日は金峰山の草枕温泉行こうかな。こっちは雲仙に沈む夕日が絶景で、500円。
http://www.kusamakura.jp/kusa_on/

二輪のレースに興味がないと知らないかもしれませんね。
現代のライディングスタイルを確立した先駆者的な人で、当時は独特なテクニックを駆使する孤高の人でした。
今はMotoGPと名称も変わり2ストロークマシンから4ストロークマシンに変わってしまいましたが、電子制御もなかった時代に暴力的なモンスターマシンを華麗に操る当時のバイク小僧には憧れの人だったんです。
自分も2ストマシンに乗っていたのでキングのシフトダウンの仕方を真似したことがありますが、モノにならなかったことを思い出しましたよ。
それ程憧れの人だったのに、リンク先の写真を見ても&名前を聞いても、別人じゃないの?って感じましたよ(^^;

バイクは乗ってたけど、雑誌とか読まなかったので、全然知りませんでした。
2ストのオフローダ乗ってました。スズキのハスラーとか。
スズキのハスラーっつーと、モモクロより先にバイクが思い浮かびます (^o^)

blogのタイトル
>ジムニーに身体を合わせるのだ
何か、脳味噌の奥深くに引っ掛かって思い出せなかったのですが、出てきました。

明治42年生まれの爺ちゃんの口癖でした。
軍隊で着る軍服が小さいと、上官にぶん殴られて、軍服に体を合わせろ!と、良く言われたそうです。
爺ちゃんは、スリムだけど背が当時180cmってデカいですよね。
流石に、身長を短くすることが出来ない、今風ならパワハラですね。(笑)
良くぶん殴られたそうですが、自分が上官になった時、一度も拳は使わなかったと言ったら、隣で晩酌していた父が、だから俺を良くぶん殴ったんだなーぁとか、何時もの団欒でした。
そんな昭和の昔を思い出しました。(汗)

さすが、オヤジさん、当たりです。
身体に靴を合わせるのではないッ!靴に身体を合わせるのだッ!
ってセリフが浮かんだので、このタイトルにしました。このセリフは映画かなんかで見たんだろうと思います...

一応、歳は近いだろうとは思ってますが、遠回りに言ってみました。
何せ、田舎の長男坊は、気を遣うものですから。(爆)

#追伸
爺ちゃんの口癖その2
兵隊より軍馬だ大事!
人は、走る距離も重たい物を担ぐのも、馬に勝てない。
軍馬の方が大事。
これは、「乗ってる車は洗車をして大事に乗れよ」との意味でした。
近くに、馬入川と言う神奈川で1番の大河があります。
夕刻、作業の終えた農耕馬を川に入れて、洗車していたんですね。(爆)

馬入川って、どこかと思ったら相模川の河口近くは、そう呼ぶのですか。知りませんでした。
最初、金目川の事かと思いました (^o^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/70888969

この記事へのトラックバック一覧です: ジムニーに身体を合わせるのだ:

« ジムニー搭載試験 | トップページ | やっぱ、ジムニーおもすれー »