2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« これは何ですか?→ Advanced VX のファームウェア アップデート | トップページ | リニア彗星_20170803 »

2017年8月 3日 (木)

月は東に日は西に、AVXは直ったし

突如、Firmwareが腐ってしまった(と思う)AVX、自己責任でFirmUpして見事復活。なので、平日だけど、昨夜断念した BLANCA-70EDT の撮影テスト。
昨夜北極星付近を固定撮影しただけでも周辺像が流れてて、う~ん...が発覚。どうも光軸がズレてる予感...(-_-;

20170802_143928crop
コリメーションアイピース付けて、スマホで撮影してみた。真ん中の部分が円だと合ってるけど、8の字だとダメって書いてあるページがあったので確認してみたけど、これ、アカンヤツやと思う...orz

今夜はRC用x0.75レデューサを使ったらどうなのか?をテストしてみたい。すごく相性いいか全然ダメかのどっちかだと思う(そもそも合焦するのかな?)。

台風の影響なのか強風。なので、いつもの西向階段の踊り場は諦めて、東向ベランダでやってみよう(熊本市中心方向に近いので、低空はむちゃくちゃ明るい)。

Dscn0740_2
ビクセンの 1.9kg バランスウェイトでバッチシ。ただ、カメラ側が重いので、ちょっとバランス悪い。

Dscn0742
親子亀は企画してるけど材料が揃わないので、当面は、並列配架。

Dscn0743
雲がなんとなく秋っぽい。今朝、結構涼しくて、季節を折り返して秋に向かい始めたんぢゃないか?と思う。

で、この3枚の写真で分かる通り、東向ベランダは屋根もあるし壁もあるので撮影範囲がめちゃくちゃ狭い... けど、そのおかげで防風はバッチシ。

で、やってみた。

New2_2
レデューサ無し

Ngc6960
RC用 x0.75 レデューサ・フラットナ使用

比較してみる... ほとんど同じ。同じようにダメ。

つー訳で、この鏡筒はハズレでした...orz 笠井さんに送って調整してもらう事も可能だろうけど、その場合、直接買った場合に比べて、ずっと割高... モトがモトなので、調整してもらうと、すげー高い鏡筒になってしまう... うむむむむ...


8月に入って季節が変わった。昼間は暑いままだが、明け方、涼しい。実際には気温もそんなに変わってないと思うけど、明らかに体感温度は下がった。湿度が下がったのだろう。猛暑日、確かに猛暑なのだけど、日陰は涼しい。で、汗が乾く。湿度が低くなったので、汗が気化して気化熱を奪うことで、体感温度が下がっているのかも知れない。

大袈裟に言えば、秋の入り口だ。


網状青雲を撮影した後で、電源は落としたけど、赤道儀はベランダに置きっパにしておいた。で、鏡筒を屈折からリッチークレチアンに置き換えておいた。
東から昇ってくる彗星を狙おうって魂胆。

気になっているのが、C/2017 O1(ASAS-SN1)。結構明るいようだけど、名前でモメてるらしい。All-Sky Automated Survey for Supernovae で ASAS-SN らしいのだがアサシンってのは不穏当...って事っぽい。ASAS とか ASASS とかって彗星名になるかも知れない。今見かける表記は'ASASSN1' とかになってるけど。

C2017o1_20170802crop
C/2017 O1 (ASAS-SN1), 2017/08/02.7438UT, 8*180s, GS200RC(20cm F8 Ritchey–Chrétien)+ x0.75reducer , ASI1600MC-Cool(Bin=1, Gain=300, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=14.6(SI7)

C2015er61_20170802crop
C/2015 ER61 (PanSTARRS), 2017/08/02.7717UT, 8*180s, GS200RC(20cm F8 Ritchey–Chrétien)+ x0.75reducer , ASI1600MC-Cool(Bin=1, Gain=300, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=16.2(SI7)

« これは何ですか?→ Advanced VX のファームウェア アップデート | トップページ | リニア彗星_20170803 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

オォッ!これはスッキリした空になるまでの時間潰しに持って来いの作業では?
三枚玉の屈折鏡筒なんて持っていないので想像が出来ませんが、光軸調整をじっくり楽しまれてみてはいかがでしょうか?(楽しいかどうかは個人差によるところが大きくどう感じるかは分かりませんが(^^;)
ちょっと見、片ボケしているように見えましたが、前オーナーが弄って戻せなくなっちゃった感じでしょうか?

調整を頼むと一般的にいくらぐらいかかるものなんでしょうか?
それはそれで興味がありますね。

コメントを書いている間にページを消されちゃいまして・・・ちょっとびっくりしました(^^;

結構スッキリ空になってます\(^^)/
コメント中にページ更新しちゃったようで申し訳ないです(^_^;
いっぱい追記してたもんで

で、屈折の光軸調整ですが、調整機構が見当たりません。
素人は手を出すなって事ではないかと。

望遠鏡の再調整ですが、この鏡筒の価格の1/2~1/3位でしょうか...
安い鏡筒は相対的に調整費用は大きいです。
GS200RCの場合は、1/40 くらいで済みました。

屈折でも光軸が狂うんですね。オーバーホールも一緒にしてしまえば末永く使えそうな気がしますよ。こちらは盆明けまで晴れないのではないかと思ってしまいます。

光軸のズレではなくて、接眼部のたわみの影響ではないか?との指摘を受けました

なかなか原因の切り分けが難しいですね。たわみとなるとvpowerの出番ですか?

EFWを外してみるとか、色々試してみたいと思います。まずは垂直での撮影とカメラの回転でしょうか...
アリガタを延長してカメラを支持するとか...
屈折って、もっと楽なものだと思ってたら (-_-;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/71312893

この記事へのトラックバック一覧です: 月は東に日は西に、AVXは直ったし:

« これは何ですか?→ Advanced VX のファームウェア アップデート | トップページ | リニア彗星_20170803 »