2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« これは何ですか? | トップページ | 月は東に日は西に、AVXは直ったし »

2017年8月 2日 (水)

これは何ですか?→ Advanced VX のファームウェア アップデート

Dscn0732
これは何ですか?

今回は、正しい(?)これは何ですか?できた気がする。

新しい鏡筒用のフラット用のアレを作成開始。まずは、周囲のワッカをアクリル板を丸めて作成中。エポキシ接着剤でくっ付けて、この状態でベタベタしなくなるまで放置。

で、ワッカが出来たら、内側に念のため、習字の下敷きを切ったワッカを張り付けて、トレーシングペーパーかコンビニの白いビニール袋を太鼓の皮的な感じで張り付ける予定。


夜中起きたら晴れてる。透明度もちょっと改善してるっぽい。平日だけど、これはちょっとだけファーストライトするしかないべさ?
ついでに、最近発見されたらしい C/2017 O1(ASAS-SN)も撮影しちゃう?みたいなノリで汗だくで設置。

準備できて、AVXの電源投入... げ。

Dscn0738
'BOOTLOADER Invalid Pkg:0080' だそうな...
怖いメッセージを表示したまま、ウンともスンとも言わない。原因不明だけど、ファームが死んだ予感。

しょうがないので、北極星付近を固定でファーストライト....(-_-;

New2
固定撮影なので、ちょっとグルグルになてってるけど、位置合わせして回転させてコンポジット。中心部はいいけど、周辺は流れてますなぁ...
BLANCA-70EDT、このくらいの性能なのかな...
ニュートンみたいに、色々といじれる訳でもないので、まぁ、こんなものか...とするしかないですねぇ。

で、問題はAVX。ファームアップすれば復活する気がするけど、どうしようかな...


AdvancedVXの保証期間は2年間らしく、ファームウェアのアップデートを有償で頼む気にはならなかったので、自己責任で実行。
保証期間内の良い子は真似しないように。どうなっても構わんッ!と言えるオトナは自己責任で。

セレストロンのハンドコントーラのファームウェアの更新は、CFM (Celestron Firmware Manager) で実行。
CFMは 'Celestron CFM Download' でググると出てくるはず。
http://software.celestron.com/updates/CFM/CFM/

CFM 2.3.7111.zip とかをダウンロードする。

c:\work とかのフォルダに放り込んで解凍すると、CFM_2.3.7111 とかって名前でフォルダができる。

2_2

中身は、↑みたいの。

この CFM.jar を実行したいけど、実行には、 JavaVM が必要なので、 'Java ダウンロード' とかでググって、あらかじめインストールしておく。

DOS プロンプトで、CFMを配置したフォルダにcd して、 'java -jar CFM.jar' を実行すると、CFM画面が起動する。

あ、実行前にパソコンとハンドコントローラをUSB->RS-232C変換ケーブルで接続し、ハンドコントローラのMENUキー(7)とセレストロン・ロゴキー(7の下)を押しながら、AVXの電源を入れておく。

Photo

勝手にUpdate資源をチェックしてくれて、しばらくすると、'Update' ボタンのEnable が Trueになる(チェック中はFalseで操作できない)。

押せるようになったら、 'Update' ボタンをクリックすると、(1/12)とかの表示がカウントアップされて更新される。

アップデートが全部終わると、ハンドコントローラは勝手に再起動する。初期化されているようで、言語選択状態になるので、言語を選ぶ(日本語だったら、3(だったかな?)のボタンを押すだけ)。

AVXの起動シーケンスが開始されるけど、日時や場所も初期化されているので、日付、時刻、緯度・経度を設定する。

動作確認のためにアライメントしてみると、その星が見えているであろう方向へ動いていれば大丈夫。全然違う方だったら、日時か緯度・経度かタイムゾーンが違ってるはずなので見直す。

めでたし。

« これは何ですか? | トップページ | 月は東に日は西に、AVXは直ったし »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なるほど、こうやって輪っかを作る技があるんですね。私もフラット用のあれの準備はしているのですが、LEDライトの配置に悩んでいるので参考にさせていただきます!

結構面倒です、アクリル板でワッカ作るの... なかなか綺麗なワッカになりませんが、鏡筒にセットしたら、ちゃんとワッカになるので、それでヨシとしようと思います。
20cm用は強度を増す意味もあって、円の部分もでっかいアクリルを貼って、結構な強度を得てますが、こいつはベランダ専用なので、ワッカに直接トレーシングペーパーを貼ってしまおうと思ってます。

で、夜中にファーストライトしようとして事件ががが... を今から追記します。

何処かで見た気がしたけど、思い出せない。
・・・・・・・・
そうそう、秋田の弁当容器「曲げわっぱ」ですね。
あれは、力業で丸めて、蒸気で蒸すんでしたね。

ハンドコントローラーのファームウェアーのアップデート手順、勉強になります。
最新なので、やりませんけど。
でも、突然、ファームが死んでしまったのですね。
オヤジのCGEMとAVXは、暴走で、2台共、新品交換でしたが、タイミングで、ファームが壊れるのは勘弁して欲しいですね。

曲げわっぱいいですね、木製もいいかも

AVXのファームは突然発生しました (-_-;)
遠征で発生したら、大トホホです

購入ついでにこちらもどうぞ→http://www.kasai-trading.jp/edflattener.htm

レデューサの方がいいのかなぁ?

フラットナは考えたのですが、そのURLに、F8 リッチークレチアンにも効果ありって記述がありますよね?
となると、逆に、 x0.75 RC用レデューサ・フラットナがED屈折にも効くのでは?(もしくは逆効果)と考えてテストしてみようと思ってます。
ただ、どうも光軸が狂ってるようで、レデューサなどでは解決しないような気がしてます... orz

たしかに 光軸、少しズレてるようにも見えますね。
バックフォーカスが恐ろしく長生き機種なので、
接眼部が少したわんでたりもするかも。

ともあれ、リッチークレチアン用のレデューサ転用実験に興味津々です。

光軸ずれてるようです。
で、RC用レデューサ・フラットナを使っても結果は同じでした...orz

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/71303440

この記事へのトラックバック一覧です: これは何ですか?→ Advanced VX のファームウェア アップデート:

« これは何ですか? | トップページ | 月は東に日は西に、AVXは直ったし »