2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« レオパゲルふたたび | トップページ | ロケハンするの巻 »

2017年10月 7日 (土)

アイソン彗星を思い出す

アイソン彗星って話題になったよね。C/2012 S1(ISON)。大彗星になって肉眼でも見えるとかって話だったけど、残念ながら溶けて消えちゃった。

なんで、こんな話をするかって言うと

C2017s3
これ。 C/217 S3(PanSTARRS)。このパンスターズ彗星は、アイソン彗星ほどではないけれど太陽にかなり近づいて、2018年夏にマイナス等級と予想されてる。これって金星並み?!

彗星って期待が大きいと残念な事になる事も多いけど、こいつは期待できそうなので、撮影できるようになったら、追いかけてみたい。今のところ、20等級以下らしく、まだ無理。来春になったら撮影できそう。

ステラナビで調べてみた。

_20171007
今は撮影しやすい位置にいるけど、暗すぎ

_20180801
来年の8月、それなりに明るくなるけど、太陽に近いので苦しい。これ以降、どんどん明るくなるけど、薄明どころか青空での撮影になりそうで、期待したような姿は無理っぽい...orz

« レオパゲルふたたび | トップページ | ロケハンするの巻 »

彗星」カテゴリの記事

コメント

天体ショーの話題って、突然ですよね。
最初に、ニュースを見た方から広がって行くんでしょうけど。
ラブジョイ彗星は、天体観測を始めた2014年11月は、自宅の庭から一眼で撮れました。
天体blogを何時も見ていれば、話題には事欠きませんね。
昔、NHKが休業してる銭湯の煙突にカメラをセットして、昼の星を撮ってるの見たことがあります。
あの星は何だったのか?です。
昼間でも、この彗星は撮れるようになるんですかね。目が離せません。(笑)

薄明でもシッポは無理でしょうから、明るくなりつつある姿を狙うのが良さそうです

明るかったら撮ってみたいのですが、彗星の自動導入って、ハンドコントローラーからはできなさそうなので、CdCとかステナビから導入するのですか? そもそもデータの読み込みができてないですが(汗)

以前は、RA. DECを調べて正確なGOTOで指定してましたが、最近は、ステラナビとかで自動導入してます。
直接導入だと、精度悪いので、近くの星で合わせて同期して導入です

けむけむさん、ありがとうございます!

頑張ってください!

アイソン彗星はずっこけましたねえ(^^;)、ロクヨン担いで産山に通っていました・・・。

次はパンスターズですか、期待しちゃいますねえ(^_^)v
昔の彗星は何となく見ていたので写真を撮るなんか考えてもいませんでした、アイソン彗星の失墜をパンスターズが挽回してくれると良いですね、大きな楽しみが出来ました(^_^)v

過度な期待は…って感じもしました。
撮影出来る時期だと、9等級位かも?

久々のモンスター級の彗星なので期待してるんですが、
位置的に苦しいですかねぇ。
マイナス等級じゃなくても良いので、せめて2~3等級で尻尾が伸びてくれたら嬉しいんですけれど・・・。

6~7等でシッポ長ければヨシってところでしょうか....

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイソン彗星を思い出す:

« レオパゲルふたたび | トップページ | ロケハンするの巻 »