2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 久しぶりに体重測定 | トップページ | 犬 »

2017年12月10日 (日)

デジタルファインダー改良工事

デジタルファインダー、これまで、ファインダー台座に乗せてた。ファインダーだからファインダー台座って構成はとても正しいのだけど、困った事にBLANCA-70EDTにファインダー台座がない(つけろよ...と言われそうだけど)。

Dscn0860

なので、写真の真ん中にある「ファインダー台座=アルカスイス変換機構」(カッコつけてみました)を介してオートガイダーを付けるアルカスイスに乗せてた。

けど、この「ファインダー台座=アルカスイス変換機構」が地味に使い難くて、アライメントで難儀する事がしばしば。

なので、「ファインダー台座=アルカスイス変換機構」は廃止して、デジタルファインダーもアルカスイス接続に変更してみた(上の写真は変更後)。

デジタルファインダーで一番のネックは微調整。鏡筒3種類で1つのデジタルファインダーを共有するので、どの鏡筒に乗せても、ファインダーとして役に立つ精度で取り付ける必要がある。
微動雲台を使う手もあるけど、鏡筒を変える都度調整するのも面倒...

鏡筒それぞれに専用ファインダーがあれば、こんな悩みはないのだろうけど、そんな札束でホッペタを叩くようなマネをする財力もないので、チクチクと手動で鏡筒のアルカスイスを調整することにする。

Dscn0862
GS-200RCとデジタルファインダーを調整する。

Gs200rc
ファインダーの3点ネジを調整して合わせる。これを基準にする。

Dscn0867

BKP200

Bkp2001
GS-200RCで調整したファインダーをBKP200に付けると、このくらいズレてた。まぁ、これでもなんとかなるくらいのズレだけど、ちょっと調整してみる。

Bkp2002
このくらいまでしか寄らなかった。

Dscn0864
BKP200の鏡筒バンドに付けてあるアルミ(と思う)板の穴をちょっと広げないと、全然遊びがないので調整できず... アルミをヤスリで削ってみたけど、疲れたので諦める。
全然削れないので硬い合金かと思ってカッタナイフでひっかいたらクッキリ傷がついたのでアルミで間違いなさそう...

BKP200はちょっと誤差のある状態になるけど、地上の対象物を使ってSharpCapの×位置をクリックして調整する事にしよう。

Bkp2003

夜中にヤスリでギコギコやって再調整。まぁ、このくらいならアライメントには問題なさそうな精度になったので、ヨシとしよう。

Dscn0866
これまで、BLANCA-70EDTにデジタルファインダーを付けるのが面倒だったので、アルカスイス接続にしたんだけど、確かに、スッキリして、この方がずっと簡単なのは確認できた。

Blanca
BLANCA-70EDTは、アルカスイスのクランプを背中合わせでくっつけた部分があるので、そこにスペーサ入れて、方向を修正したら、バッチシ。

BKP200の時に少し誤差があるけど、実用上問題ないと思うので、コレでやってみよう。

« 久しぶりに体重測定 | トップページ | 犬 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

確かに、ファインダー台座は、付け外しが面倒ですね。
止ネジが一個の台座も有りますし。(笑)
アルカスイス、確り固定出来るのはM-GENで初めて知りました。
鏡筒に標準で、付けて欲しいです。
電子ファインダーのレンズの倍率を許容範囲で短くするのも有りでしょうね。

ファインダーの使い方はそれぞれですが、けむけむさんのこの記事を拝見してて、閃きました。
昼間、鏡筒の中心に見える景色のポイントと、ファインダーの中心の景色のポイントを決めておけば、昼間、ファインダーを取付て軸を合わせ、夜にはそのまま星を探せますね。
暇人電子ファインダー調整機構!

以前、眼でみるファインダー使ってた頃は組み立てた後、地上の灯りで調整する事が多かったです。
アルカスイスで再組立てしても、ズレる事が少なくなったので、今後はこれでうまく出来そう。
35mmは見える範囲がやや狭いので25mmくらいにしようかと思ってますが、なかなか安価なレンズが見つかりません(今使ってるのが激安なので、お高いレンズ使う気になれず...)

オヤジも、50mmは、KOWAのレンズ高いと思いながら買いましたが、その後、アマゾンに2千~3千円の25mmとか35mmとか、出ていて、慌てて買いました。ファインダーなので光っていれば。(爆)
25mm良いですよね、EdgeHD800(f:2032mm)、ばっちりです。

Amazonの25mm激安ですねぇ
極軸合わせが35mmでうまく行くので、25mmに変えるか悶々

けむけむさんのおかげで、ベランダでは光学ファインダーを使わずに電子ファインダー一本で行けそうな雰囲気です。天体導入したあと、そのままガイドとして使えるというのが便利で気に入りました。

デジタルファインダーをそのままオートガイダーにしてるんですか?
それ出来たら最高ですね

けむけむさん、SharpCap x2にはせずに、SharpCapとPHD2を建てて、PHD2に電子ファインダーをつないでおくですよ。すると導入終了後に即オートガイダーになります。M-GENの方がいいはいいのですが、載せ替えたり、2台乗せよりはお気軽です。

M-egn は100mmのレンズでガイドしてます。対して、デジタルファインダーは35mm。
見えてる範囲が全然違うので、デジタルファインダーのままでガイドするのはちょっと...
BLANCAにレデューサ付けたら、300mmくらいだから行けそうな気もしますが、
1600mmのガイドを考えたら、素直にM-genに交換って感じです。
撮影用のなんちゃってパソコンが非力なので、
撮影とオートガイドを共存させるのは怖いって困った事情もあります (^o^;

たしかに、撮影している鏡筒の焦点距離はありますよね。私の場合、200mmなんで、さして問題になっていないのかもしれないです。

オートガイドは主鏡筒の1/2~1/3と以前聞きましたが、1/10くらいでもOkって感じみたいです。
デジタルファインダーをズームにしちゃうって荒技もありそうですが、暗くなったら本末転倒ですし...

けむけむ流デジタルファインダーは汎用性が高いですねぇ。
ようやく私もデジタルファインダー術を始めましたが、所詮8mmF1レンズ転用の広角仕様なので、多少のズレは気にしないことにしています。

それにしても、GS-200RCは上下にアリガタがあって素敵すぎ!
長大なバックフォーカスを有していたり、カーボンだったり、ミラーシフトが無かったり、
最近GS-200RCがうらやましくてしょうがありません。

宝くじ当たらないかなぁ・・・・。

GS200RC使いやすいですよ、取っ手をつければ(^_^;
デジタルファインダーでアライメントしちゃうと目視には戻れないですねぇ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジタルファインダー改良工事:

« 久しぶりに体重測定 | トップページ | 犬 »