2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« ASOの色 | トップページ | ウィークリーしちゃる »

2018年1月 9日 (火)

続々々・デジタルファインダー改良工事

デジタルファインダーをAPTで使って、見えてる場所をPlateSolveして星図ソフトと連携するのがうまく出来た。

これは結構感動モノで、望遠鏡を動かすと、星図ソフト上でどこを見てるかがリアルタイムで分かる。

となると、飛び石導入に活用したくなって、そのためには、ファインダーと主鏡の位置合わせ精度をもう少し上げたいと思った。飛び石導入したいのは、南中越えで長時間追尾したいから。

Dscn0893
あぷらなーとさん推薦のSLIKの微動雲台にアルカスイス・クランプ付けて

Dscn0891
デジタルファインダーを乗せただけ。

Dscn0895
追加パーツは300gくらい。

« ASOの色 | トップページ | ウィークリーしちゃる »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

暮れのニワトリで、南中を越えるって、こういうことか。と、やっと理解しましたよ。
けむけむさんのこの方法と、ステラナビゲータ10で、赤道儀が居る場所のマークと、自動導入したい場所のマークが見え、自動導入させると、マークが動き出しますよね、あれとは違うんですか。
ちょっと、オヤジの脳味噌では、良く解りません。

自動導入させると赤道儀が勝手にぐるりんと回るので、それを避けるために、手動でチマチマと飛び石のように恒星をたどって目標を導入する技です

>手動でチマチマと飛び石のように恒星をたどって目標を導入する技です
そんな方法があったのですか。ちょっと、勉強しよう。(汗)

この微動雲台ってファインダーに使う方が用途に合ってるのかも。主鏡筒用にはちょっと頼りなさそうと思っていたところでした。

オヤジさん

 赤道儀ぐるりんが、結構面倒なんすよ

にゃあさん

 そんなに強くないと思うので、細い屈折でも厳しいかも。
 ファインダーには良さそうな感じ。バネが仕込んである訳では無いので、押したり弾いたりを2つのネジで調整する仕様みたいです。

あ、私のお気に入りアイテム、ゲットされましたかー。

一応、片方のネジには押しバネが入っているので、コレを回してテンション調整すれば、回転マークのついてるネジだけの操作で動かせますよ~

おおお、あれ、バネ入りでしたか?(^_^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続々々・デジタルファインダー改良工事:

« ASOの色 | トップページ | ウィークリーしちゃる »