2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 続々・これは何故ですか? | トップページ | 濃霧 »

2018年2月15日 (木)

ちょっとだけ、楽する

久し振りにアライメントしようとしたら、デジタル・ファインダーで全然目的の星が入らない。はてな?と思ってチェックしたら、観測地の緯度、経度がダメになってる...

久し振りに動かしたからかな?と思ってたけど、実は、ステラナビを接続した時に、初期値で東京あたりに設定されちゃってたっぽい。

面倒くさいな... と思いつつ、思い出した。 (激安)GPSレシーバー持ってた。

Dscn0924
パソコンにUSB接続する(実際には、屋外でないと受信しない)。U-blox7 でググるとドライバがダウンロードできる。

Hp3
u-blox GNSS Sensor Device Driver for Windows, v2.40 と  u-blox GNSS VCP Device Driver for Windows, v3.10 をインストールする。

Hp0
ステラナビの設定からGPSを選んで通信設定で、シリアルポートの何番に割当たってるかを確認して指定する(この例では COM5)

Hp1
しばらくすると、下の方に、捕捉衛星数が表示されるので、観測地ボタンで、緯度と経度と標高を取得する。

Hp2
場所がバッチシ設定される。

Hp4_2
APTのLocationは、 Use only か Import にしておく。メデタシ。


Photo_2
バッテリ消費は、省電力設定して、フタを閉じても何もしない(動作を継続する)設定にして、ASI1600MCとQHY5Lを接続して、APTで撮影しながら測定してみたら、20%/1Hr くらいの減り方なので、本体バッテリだけで4~5時間はいけそう(Windowsは残り7.5H表示だけど)。

こんな感じなら、例の小さい方のAC付を使えば、一晩持ちそう。
Suoakiは、赤道儀やオートガイダーに12V供給専用で贅沢に使える。
つか、小さいAC付が空になったら、Suoakiにつなげばいいだけなんだけど。

« 続々・これは何故ですか? | トップページ | 濃霧 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

便利な小物があるものですね。タフブックがますますアウトドア指向になりましたね。ファインダー脚の件、まねっこさせていただきました。ありがとうございます!

スマホ使って、青歯接続でGPSレシーバーとして使うって手もあるみたいですが、コレ使った方がかっこいいでしょ(?)w

あれ、GoogleMapsの地図ポイントで位置データをコピーするのが、一番、手順が少ないと思いますけどね。
と、言うか、2県位ズレていても、誤差の範囲で気にしないでくださいとか、ビクセン埼玉さんに言われた事思い出しました。100km弱のズレですね。
何時も、自分が住んでる県(横浜)を選んでます。

先日のプチ遠征ですが、105A/h 30kgの車載バッテリーですが、HP-PCノートは、蓋を閉じたまま約7時間で、13.0V満充電が、11.5Vまで落ちて、真冬は半分くらいにパワーが落ちるんだなーと思いました。
ホッカイロ持ち込んで、ペタペタ貼ったら、素晴らしい結果になったと思います。(爆)
リモートデスクトップで使ったVivobookは、仕様通り20%残位で、特段バッテリー給電はしませんでした。
冬は、バッテリーを冷やさないように使わないとですね。

多分、100km位なら問題無いと思います。
1000km位だと導入出来ないです(-_-;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとだけ、楽する:

« 続々・これは何故ですか? | トップページ | 濃霧 »