2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« NGC2392 で比較してみる | トップページ | APT 日本語ユーザーズガイド »

2018年3月 4日 (日)

惑星状星雲を AutoStackert してみる

らっぱさんからチクチク処理するのはアレなので、なにか手はないか?って事で AutoStacker!2 で処理してみたら、モノクロになっちゃったって追記したら、あぷらなーとさんから、ちゃんとカラー設定してる?ってコメント頂いたので、確認してみたら、'Auto Detected' になってて、これだとダメだったので、備忘録として書いておきます。

で、悩んでた事、1.5年くらい前にあぷらなーとさん記事にされてたんですね (^o^; 完全に忘れ去ってました... orz

As2_1
AS!2 を起動後、メニューの Color を確認。ASI1600MC-Cool は、'Force bayer BGGR' を選択(これを選択しないと出力結果がモノクロ&鏡像になっちゃうようです)

As2_2
Open して、SharpCapやAPTで撮影した fits ファイルを一括して指定。

As2_3
ちゃんとカラーで表示されるので、

As2_4
Place AP grid した後、Analize, Stack する。

すると・・・
ででん!! ©あぷらなーとさん
23_21_g4_ap58
ちゃんとカラーで出力されました!
Ngc3242__3
25%がシャープだけど、入力が130ファイルなので、30枚くらいのコンポジット。滑らかさがちょっと足りないような感じ
Ngc3242_rs
50% を使って、RegiStax6 で処理してみると、簡単に綺麗な画像が出来ました。けど、やっぱ鏡像
Ngc3242_rs_2
これが正解と思う。
調子に乗って、NGC2392 も処理してみたけど...
21_21_g4_ap33
SharpCap で撮影した 435枚を読みこんで25%出力したら、ディテールはいいけど、またもモノクロ。今度は撮影範囲の一部しか読みこまれていない... むむむ
Ngc2_g4_ap28
APTで出力した約50枚は処理できたけど、いまいち...
SharpCap と APT で出力されるfitsの仕様を比較してみなきゃ (-_-; 面倒くさいなぁ~
Capture Areaによって、うまく読めたり読めなかったりするのかと思ったけど、両方とも 1280x1024 だな~
露出5~10秒くらいで、SERファイルとして、500枚くらい作って処理してみようかな。どのくらいの明るさで撮っておけばいいか... あ、ダークって処理できるんだっけ?SharpCap側でダークを引いておけばいいか。

« NGC2392 で比較してみる | トップページ | APT 日本語ユーザーズガイド »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

あらあ出来るんですね(^_-)-☆
今度撮影したら遊んでみたいことが出来たみたいです(笑)
リチウム買いましたよ、X5のバローも・・どう使うかはまだ分かりませんが夜になると薬のせいで眠ってしまいます(-_-)zzz
彗星だともう少し気合が入るとは思いますがなかなか・・・朝方の木星まで起きれているかが問題??
今まで火星など考えもしなかったけど撮ってみたくなるかもしれないです、あぷらなーとさんの記事を見ても
チンプンカンプンな事が多くてケムケムさんが噛み砕いてくれるので「へーそうなんだ・・」ですよ(^^♪

x5 バローですかぁ。火星撮る気満々ですね (^o^)
大きくなる時期は早い時間に昇るので大丈夫ですね

惑星状星雲の明るいヤツ。普通に撮るとサチって潰れる系は、短時間露出して AutoStackertすると面白そうです。
今夜、晴れてるので、エスキモー星雲とか面白そうです。

Fitsは、うまく読みこめる場合と、ダメな場合があるようなので、次回は、SERでやってみようかと思ってます。

リチウムバッテリ、あまりの軽量小型に呆れちゃいますでしょ?w

バローはエッこんなに安いの?って、天体機材は高いと思っていたのでつい「ポチッ」(笑)
まだ撮った事ないので楽しみが増えたかなあ(^^♪

バッテリーはハッキシ言ってビックリ(^_^)v、しばらくはノート専用で使って見ようかと・・、説明書の変な日本語も(笑)ですね(^^;)
今外に出たらびっしりと曇ってます、少し我慢かも・・・(^^♪

画像データーが無いと遊ぶに遊べません・・もう少し幅広く撮影対象を広げないとと思ったり・・(笑)

上手くいったようですね。
良かった良かった♪
しかし、鏡像になる(当然ベイヤー配列も)のは、仕様なんですかねぇ。
ここでつまづく人多いような気がします。
AS3ではどうなんだろ?

To らっぱさん

 夜中、雷で起きました。快晴だったのが曇になって、その後嵐になったようで、天候激変な日ですね...

バロー安かったんですか?POWERMATEは、ものすごく高かったです...
バッテリはびっくりでしょ?大丈夫か、これ?と思いますが、普通に使えちゃうんですよ

To あぷらなーとさん

 配列が鏡像なんて、なんのこっちゃ...ですよ
うまく読めるfitsとダメなのがあるので、まだ悶々してます...

追記です。
ダークファイルをベイヤーのままコンポジットしたものを「16bit整数型」に変換してFITS保存しておけば、AutoStackert!でダーク減算しながらスタッキングできますよー。
ぜひぜひ♪

・・・こちらは、応援団絡みの怪我がマズいことになってまして、下手すると半年ほど左手しか使えなくなる可能性が・・・・・。うーむ。本業は左手で板書する練習して、天体は片手で扱える機材を組むか・・・・・(泣)。

なんかヤバい事になってますね
要介護ぢゃないすか

いやー、応援部の活動中には生傷が絶えないのですが、今回のはいつもと違って1ヶ月経っても痛みが引かないし、右腕が上がらないし、肩も腫れたままだなぁと思ってMRI撮ってもらったら、筋が切れて肩に水がたまってました。

そろそろ応援部の指導も引退ですかねー。筋肉は鍛えられても筋は無理だと実感。近日中に手術+リハビリの説明受けに行きます(泣)。

げげげ。骨折かと思ってたら、すごい怖そうな事に
アスリートですねぇ

つか、キーボードなんか触ってちゃダメでしょ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 惑星状星雲を AutoStackert してみる:

« NGC2392 で比較してみる | トップページ | APT 日本語ユーザーズガイド »