2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« これは何故ですか? | トップページ | 惑星状星雲を AutoStackert してみる »

2018年3月 3日 (土)

NGC2392 で比較してみる

GPVも星空指数もダメな値だけど、晴れてる。もちろん、丸い月がいるので、対象は限られるけど、とりあえず撮影してみよう。

って訳で、NGC2392 を撮影してみた。

Ngc2392_all_rgbcrop
48*60s

Cap_all
300*5s

ディテールは短時間多枚数の勝ち。処理時に、450枚撮影したものから目視で約300枚を選んでコンポジットしたので、シャープになったのだろう。

鏡筒は、 GS-200RC。x2 TelePlus で 3200mm F16 相当にして撮影。Capture Area=1280x1024 (SharpCap)

60s 露出した方は、APTで1/2 ROI したので、2322*1754 だったものから合成後にCropした。

Photo
5秒露出の各コマはこんな感じ。これらを、ディベイヤーする前の画像を目視で選別するのは、結構しんどかった。中心星に芯があるような感じのものが良さそうだった。

Ngc2392_all_rgbcroplrgb
300*5s をモノクロ化して L画像にしたものに、48*60s をRGB画像としてL+RGB合成してみた。

Ngc3242
NGC3242,  Capture Area=1280x1024, Exp=130*30s, Gain=300

月の近くにあった惑星状星雲。なんか、ぬるんとしてる

Ngc2440
NGC2440,  Exp=26*120s, Gain=300 APTでティザリングして撮影

Ngc2440crop
サイズ比較用に、1274x1020 でCropしてみた。シリウスの近くにある面白い対象。月が無ければ、淡い部分がもっと出ると思う。


機材はベランダに置きっパにして仮眠。明け方、惑星も撮ってみた。

Jup_comp
GS200RC + x2PowerMate + x2TelePlus(6400mm F32), Capture Area=1280x1024, Exp=2000*0.025s(15%), Gain=300

Mars_comp
GS200RC + x2PowerMate + x2TelePlus(6400mm F32), Capture Area=1280x1024, Exp=2000*0.020s(15%), Gain=300

Photo_2
ステラナビって惑星の模様(地形)もシミュレートできるって知らなかった。で、実際に撮影したものと比べてみても、ココはドコ?状態。一番暗い部分が、大シルチスってやつだろう(木星の大赤斑的にメジャー地名と思う...)

薄曇りだったけど、惑星はなんとか。空の状態は春になってきてるっぽい。

04_57_52_f00010020

05_06_38_f00010050
こんなグニグニ動いてるのが、上みたいになるって、ほぼ魔法


らっぱさんから AutoStakkert でコンポジットできないの?ってコメント頂いたので、やってみました。

W_g4_ap13
どーみても、モノクロ... 180度回転してる??

W_g4_ap13lrgb
左右ひっくり返して90度回転させたものを L画像にして、RGBと合成してみた。


FM福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島横浜っつー謎の放送エリアのキラキララジオって番組発見

« これは何故ですか? | トップページ | 惑星状星雲を AutoStackert してみる »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

450枚から300枚ですかあ・・さすがに根性ありますね(^_^)v
現役の戦士だとこの位は楽々なんだろうなと変な事で感心しています、すんません(^^;)

データーをいかに大事に扱うかで仕上がりに大きな違いが出る事の証明かなと感心しています、
この300枚はAS2でもコンポジット出来ますか?、エリアを小さくしてできるんだろうかと気になりました?

昨夜は月見で終わりでした、赤道儀を持ったらいやに重く感じて体力が落ちてます(T_T)

全然、楽々ぢゃなくて、四苦八苦してやりました... AS!2とかAS!3を使えば楽に出来そうな気もしたんですが、出力がベイヤー fits だったので、地味に SI7 でチクチク家内制手工業しました...

で、SI7 のワークフロー使って、130枚を一気にベイヤー・RGB変換とオートストレッチして別フォルダに吐き出してみました。
このディベイヤー済fitsファイル群を AS!2 のopenから一気に指定して読みこんで、place AP glid して analize, stack してみたら、tiff が出力されましたが、モノクロっぽいです...
モノクロになっちゃった AS!2 でコンポジットしたのを追記しておきます

あらら?
AutoStakkertでスタックするとモノクロになっちゃいました?

念のため、メインメニューの「カラー」タブを見てみてくださいな。
ASI1600MCのFITSファイルでしたら、ここで「BGGR」型のディベイヤーを指定する必要があります。(GRBG型の天地を反転させた配置)

以下ご参考まで♪
https://apranat.exblog.jp/27718105/

おおお、そうなんですか‼
やってみます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NGC2392 で比較してみる:

« これは何故ですか? | トップページ | 惑星状星雲を AutoStackert してみる »