2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
フォト
無料ブログはココログ

« これは、アレですね | トップページ | これは何ですか? »

2018年4月28日 (土)

木星、撮ってみたけれど

快晴だったので、木星撮ってみたんだけど...

00_57_33_g4_ap557
IR 850nm pass で撮ってみたけど、Gain=300 でも Exp=0.5 にしないとダメな位暗くなってしまう。うむむむ...

01_01_13_g4_ap1328
こちらは、フィルター無し。いつも UV/IR cut は使ってたけど、それも無し。Gain=300, Exp=0.02 IR pass。目測でピント合わせた。

01_15_49_g4_ap2134_2
ピントが怪しかったので、アンタレスを導入してバーティノフで合わせてみたら、玉砕。勘で合わせた方が良かったっつー、まさかの展開。風やトラックの影響だったってのが真相だと思うけど。

01_23_46_g4_ap14
1200mm を 1280x1024 にROIしても、こんなサイズ...

で、画像処理しながら、火星の出待ちなう。

03_15_43_g4_ap76

03_28_09_g4_ap9
土星と火星、撮ってみたけど、これまたトホホ。やっぱ、UV/IR cut は使った方が良さそう。

04_01_58_g4_ap112

04_07_57_g4_ap23
UV/IR を使ってみた。やっぱ、こっちの方が良さそう。ピントは勘に頼らずに調整しやすい方法を考えなきゃ...
(ベランダ狭くて、惑星用にPowermate付けちゃうと、怖くてあちこち導入できなくなるもので (-_-;

« これは、アレですね | トップページ | これは何ですか? »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

やっぱり、惑星でしたか。
恒星でピント合わせても駄目って、何時もそれでやってますが、何ででしょう?
それにしても火星、まだ、ちっこいですね。(汗)
この夜空が24時間後には我が家にやって来るので、お隣の屋根と相談しながら頑張ります。

恒星使ってバーティノフでOkと思います。
この時は、風かトラックでグダグダだったんぢゃないかな?と。
木星の右側に微かに写ってる衛星が、すっごい形になっちゃってるので...

良かったです。
月までの距離は、南万キロメートルで、木星は、そのん十倍なので、恒星でピント合わせてもダメです。
とか、言われたら、どうしようと思いました。(爆)

さて、今夜の支度を少しづつ。
先ずは、練炭と七輪と蚊取グルグル線香・・・・(爆)

今夜の支度は止めて、早く寝るのをオススメ。
で、1時頃起きればいいです (^o^)
今、火星撮らずに、接近してから撮ろうなんて横着な考えはないと思いますが、惑星は(惑星も)場数ですぜ。

けむけむさんご指摘の方法だと、横に成っても寝られないんですよ。
以外に神経質。(キリッ)
プチ遠征の車もそうです、寝られないのですよ。(汗)
何も予定が無い昨晩は、20時就寝04時起床でした。(爆)

庭は360度、どこからでも入れるので、機材を昼間セットしてビニール掛けて夜中に起きるのもちょっと心配。
マンションだと、安心ですね。
まあ、今夜は、一夜干のイカを炙りながら、00時前後からニワトリでしょうか。GPVも良さそう。
場数>その通りですよね。
ましてや、オヤジのようにすっとぼけおやじだと、体で慣れないとです。(笑)

徹夜や早起きが苦手で車で寝るのも厳しいとなると遠征は堪えますねぇ…
ベランダって、やっぱ色々問題あってニワトリは憧れですが、確かにパソコンとか無くなってたら嫌ですねぇ

土星の大きさくらいにまで大きくなるっていうんですから、楽しみですね。火星、はっきりしてきましたね。うちはベランダから観測できるのは6月下旬になりそうです。

昔、父が50代の頃、庭木の剪定がし易いように、軽トラックにアルミ梯子を取り付けて手入れしてました。
翌日、6mのアルミ梯子2本、植木手入れのハサミや、軽トラックまで盗まれて。
親父は、頭をボリボリかいてました。
警察に届けたら、逆に、保管責任で、怒られたんですよ。(爆)
3日後、軽トラは横浜の港の某国の船の乗る所でした。
そんな庭なので、居ないと。(爆)
今は、赤外線も出る防犯カメラをつけて、変化があるとメールが来る仕組みにしてます。(汗)

To にゃあさん

 土星くらいとなると、あと2回りくらい大きくなりそうですねぇ~
既に明るさは土星より明るいようで、露出時間は短くできるので、期待出来そう

To オヤジさん

 そうなると、原寸大オヤジ・マネキン作って、たまに動くギミック仕込まないとですねぇ

はははは
今は、観測のPCテーブルにラジオを吊り下げてます。(笑)

素晴らしい画像ですね🤗
だんだん気流も落ち着いてきましたか?
自分は惑星撮影のときは
衛星で光軸とピント合わせてますよ

木星は衛星が使えますが、火星が (^_^;

こんにちは。
恒星を使ってパーティノフマスクでピント合わせでいいのですよね。
始めは惑星の映像で合わせていて悩みました(^^;
火星は明るくなりましたね。確かに土星より明るいです。
火星の模様が映ってますね。いい感じじゃないですか。
小生は小さいので後ずさりしていますが、
大接近までちゃんと撮らないといけませんね。

To ヤマボウシさん

 恒星でバーティノフマスクで大丈夫ですよ
ベランダが狭くて、カメラを壁にぶつけそうになるので、怖くて恒星が導入できないんですよ... orz

確かに‼️w
火星は衛星ではムリですね🤗
ジャスピンを探ぐりますw
何度かピントを行ったり来たりしてたら
だいたいわかってきますが
シーイング悪いとなかなか
難しいですね‼️
バーティノフマスクで合わせるときは
惑星を撮影するときと
同じ条件であわせますか?
バーティノフマスクも万能では
無いような事をどっかのサイトで
見ましたが
理論的には行けそうな気がしますが
3倍バローとかで極軸合わせますが
さすがにユラユラで
点にはなかなかならないですw

ゆらゆらしてると、ピント分からないですよね~
木星の衛星は分かりやすいけど、火星は厳しいです
バーティノフ使う時は、近くの明るい恒星で普通に合わせて、そのまま惑星撮ってます。
ただ、これが拡大率を大きくすると、うまく導入できずに、拡大率を下げて導入して、
再度拡大すると使えない技なので、結局、導入した撮影対象でピント合わせる技を習得するのが良さそう...

なかなか見事な惑星像♪

惑星のピント合わせは難儀しますね。
私の感覚だと、シーイングによって「ゆれる」以外に「ピントが前後する」ような挙動も見受けられるので、バーティノフマスクでは無く、惑星面そのものでピントを合わせています。

まあ、このあたりは個人差が大きいような気もしますね。

ピントは前後してます。バーティノフで見てると、*のエンターが動きますもんね。
なるべく平均的にセンターにいるように合わせるしかないですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木星、撮ってみたけれど:

« これは、アレですね | トップページ | これは何ですか? »