2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
フォト
無料ブログはココログ

« これは何ですか? またかよ... | トップページ | これは何ですか?三連荘ッ!?の続き »

2018年4月 4日 (水)

これは何ですか?三連荘ッ!?

R0010021
これは何ですか?
笠井トレーディングの 60mmØ F4 ファインダーに M-gen のカメラ付けてみた。足元は、アルカスイスに換装済。
ってのも、GS-200RCの1600mmをガイドする時、流石に100mmレンズでは厳しいような気がしたので、240mmにしてみたら、どうよ?と思ったから。

R0010024
M-gen 100mm のCマウントレンズで運用してるけど、カメラは M42 なので、 M42-1.25インチアダプタでファインダーに付けてみただけ。
合焦するかどうか不明。ものすごく大きくなる事だけは分かった。

R0010023
例の最強(?)デジタル・ファインダーと比べてみると、いい勝負のサイズ感。

夜、合焦するのか?&星は見えるのか?を確認。

R0010026
地上を見てたら、何か見えた。

R0010027
アイピースで覗いてみたら、1kmくらい先のマンションだった。とりあえず合焦しそう。

R0010025
この位置だった。

R0010029
北極星見てみた。感度上げるとノイズ出て厳しい。

R0010030_2
いつも使ってる100mmレンズに交換してみたら、同じくらいの見え方。周囲が明るすぎて、感度上げるとノイズだらけになるって事みたい。
近くに見えてるのは、6.5等星と思うので、100mmに比べて、2.5倍くらい拡大されて写ってるっぽい。100mmを240mmにしたのだから、そうならなきゃ悩むけど、悩まずに済んだ (^o^;
感度は同じくらいっぽい。

ファインダー使った時の写真手ブレでアレだけど、北極星の近くの 7.6 等星、8.1等星も見えてるような気もする。どのくらい星が見えるかは、撮影地で確認してみないと、よく分からない。これまでの100mmと同じくらいの明るさの星は見えるけど、視野が狭くなるので、星が見つからない場合があるかも...

« これは何ですか? またかよ... | トップページ | これは何ですか?三連荘ッ!?の続き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

MGENの画面に表示された光群に「えっ?」と思ったら、なるほど、マンションでしたか-。
メインスコープにサブ鏡三連同架したお姿も拝見したいです♪

ホントは放送局のアンテナ狙ってたんですが、マンション写ってました (^o^;

三連同架にはならないんですよ。アライメント終わるとファインダーは(惑星導入時以外は)不要になるので、ガイドスコープと交換する運用です(なので、これらはアルカスイス・インタフェースで統一してます)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これは何ですか?三連荘ッ!?:

« これは何ですか? またかよ... | トップページ | これは何ですか?三連荘ッ!?の続き »