2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« RegiStax 謎の直線 | トップページ | Road to off-axis BLANCA70EDT実写編 »

2018年5月 4日 (金)

Road to off-axis レデューサ編

のりきゅう先生から、オフアキはガイド星が見つからないのが宿命って、正し過ぎて過酷な現実を突きつけられたけど、諦めの悪い爺は、もう少し悩んでみますわ。ほぇほぇほぇ。

ってな事で、オフアキにレデューサしてみる。

R0010145
ASI1600MC-Cool をメイン・カメラ、ASI385MC をガイド・カメラにして、GS-200RC直焦点(1600mm F8) だと、こんな感じで同時に合焦する(レデューサ無し、既出)。

R0010146
ASI385MC にレデューサを仕込んでみる。

R0010147
この状態で、オフアキのヘリコイドに装着。

_no_rd
レデューサ無しで撮影した風景

_rd
オフアキを付けて撮影した風景。この時、合焦位置が短くなって合焦しないって危惧してたけど、やってみたら、ほとんど同じ位置で合焦した。
って事は、レデューサがほとんど機能してないって事では?

Photo
風景に写っている白い建物と思われるもののサイズ比較。レデューサ無しでパワポ上の大きさが 0.98、対してレデューサ有だと、0.60。x0.6 のレデューサとして機能しているっぽい。

コンデジで上の写真に写っている部分を写して、メイン・カメラ、ガイド・カメラでそれぞれ、どこをどんなサイズで写しているのか確認してみよう。

__
1600mm してるので、普通に写したって、まったく写ってない。赤枠部分をコンデジの望遠端で写してみる。

R0010148
この写真にGS-200RCで写した部分を重ねてみる。

_
それぞれの写っている範囲と位置を確認してみた。ASI385MCは180度回転してある。赤枠と黄色枠がメイン・カメラとガイド・カメラの撮影位置・サイズの関係を示している。
メイン・カメラで1000msec露出で10個くらい星が見えればガイド・カメラにも見えるだろう... くらいの面積比と思われる。ASI385MCの感度に期待...

晴れたら、実写してみたいけど、雲が多いなぁ...


GWの予定は特にないので、パンにチリコンカンを付けて食べながら、Amazon Prime Videoで まどか☆マギカでも見て過ごそう。

« RegiStax 謎の直線 | トップページ | Road to off-axis BLANCA70EDT実写編 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

なるほど!!
意外にガイドカメラってメインカメラより被写体がずれているんですね。
自分のC11の2800mmオフアキ10分露出では点に写ってくれます。
ただコマ収差でガイド星は伸びてます(笑)
ガイド星が見つからないときはぐるっと一周回転させると
だいたいどこかにガイド星は見つかります!
自分の場合ですが(笑)

こんばんは~。今更ながら、まどか☆マギカにハマっているあぷらなーとです。

このレデューサ、私も持っていますが、オフアキ用に使おうとして一度挫折してます。
でも、けむけむさんのシステムだと、上手く行きそうな気配。
がんばってください!

To ひでさん

 オフアキは地上の景色で色々確認できないと辛いです...
ASI385MCにして正解だったと思います (^o^) 惑星も撮れるし (^o^)

To あぷらなーとさん

 今更ながら、まみさんカッケーと、ちょっとエッチィ目線でニヤニヤしてます。
さっきまで雲に蹂躙されながら、オフアキのテストしてました。あとで記事にしておきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Road to off-axis レデューサ編:

« RegiStax 謎の直線 | トップページ | Road to off-axis BLANCA70EDT実写編 »