2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« レモン彗星_20180601 | トップページ | 朝になったら »

2018年6月 2日 (土)

ニュートン惑星撮影実験してみた

21_21_26_f00010030
彗星を撮影した後、月が昇るので、惑星撮影。BKP200(20cm F4) に ASI385MCを直で付けて撮ってみたけど、まぁ、小さいですねぇ。1024x768にROIしても、このサイズ

21_21_26_e11111111_ap6
処理してみたけど、ぱっとしない...

21_39_43_f00010030
x1.4 と x2 のテレプラス2段

21_39_43_e11111111_ap19
やっぱ、ぱっとしませんなぁ

21_41_48_f00010030
Gain=150まで下げてみた(通常300で撮影している)

21_41_48_e11111111_ap19
これまた、ぱっとしませんなぁ。

ベランダで大きいニュートンを振り回すのは怖かったけど、やってみたら、カメラが赤道儀の中心方向に突き出してるような状態なので、意外にもリッチークレチアンより安心して振り回す事ができた。
けど、木星撮ってみてもいまいち。22時頃だったので、まだ低かったってのもあるだろうけど。

23_40_18_f00010030
23時頃、リッチー・クレチアンに戻して、いつもの、パワーメイトとテレプラスで撮ってみた。すごいお尻が長くなるので、別の対象を導入する時は、カメラ交換しないと怖くて動かせない(それに導入できないのでASI1600使って導入してASI385に交換してる)

23_40_18_e11111111_ap19
意外とニュートンいけるやん... って話にしたかったけど、残念ながら焦点距離が足りないみたいで、リッチー・クレチアン(20cm F8)に4倍の方が全然良く写る。ニュートンの方が明るいからExpはずっと短くできるのだけど。

23_39_02_f0130
ピントは衛星で合わせた。右側が衛星で、衛星の横に出てるのはバーティノフのヒゲ

23_25_50_e11111111_ap30

23_32_36_e11111111_ap30

23_35_46_e11111111_ap30
Expを変えながら何度か撮ってみたけど、大差なし...

01_48_58_f00010030
火星は、極冠を睨みながら、脂汗垂らしてピント合わせた

01_48_58_e11111111_ap9_org_2

01_48_58_e11111111_ap9
火星の模様は相変わらずだけど、極の白いの(氷かドライアイスか知らないけど)がハッキリしてきた。

Photo
ASで処理した時のクオリティグラフと結果を比較してみると、今夜(上)より、50%ラインと緑色の線が半分くらいで交差した時(下)の方がずっと綺麗な結果を得られている。

Jpg
クオリティグラフを重ねて比較してみた(パワーポイント最強)。

上の方が品質が良いらしい。良かった時の方が全体に上にあるし、50%を超えるのが全体の35%くらいありそう。
対して昨夜のは50%超えは20%くらいしかない。
50%超えの比率をコンポジット時の比率として採用するようにしている。

« レモン彗星_20180601 | トップページ | 朝になったら »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

やっぱ20センチF4じゃ難しいんですね、私はもう諦めていますので(25Cmも)月明かりだけで機材を出す気も無くなっちゃいました(^^;)
月明かりが無くなったら彗星だけですね、M1などすっごく明るい彗星になって欲しいです(^^♪

惑星は焦点距離効くようです。F4ニュートンだと8倍バロー使うと同じ位になるはずで、ニュートンの方がシャープになると思うのですが、バロー使えなかったので残念な結果でした

個人的にニュートン反射って、結構惑星にも使える印象だったのですが、リッチーの方が良いですかー。
ことによると、F値の違いが主に効くのかもしれませんね。
私は今回の火星祭りには参戦出来そうにないですが・・・いや、にせBORG+スカイメモで参戦するかも。その際は、暖かく笑ってやって下さい。

ニュートンがダメって訳ではなくて、元がF4と明るい(短い)のが良くなかったんだと思います。
F11.2 VS F32 って比較になっちゃったので、リッチークレチアンが良いって結果だと思います。

なるほど、納得♪
電子機器が発達した今日に昔ながらのF8ニュートンとかがあったら(斜鏡も小さくできるし)すんごい木星とか撮れるんでしょうねぇ。
でも20cmF8だと鏡筒の長さが1.5m以上になって赤道儀が持ちませんね、たぶん。

さて、今日は特別授業があるので、今から休日出勤してきます(涙)。
お仕事が終わったら、次の『へんてこ企画』を発動予定♪
なんかもう「作品作り」が趣味なのか、「メソッド開発」が趣味なのか分からなくなってきましたが、良しとします。
うひひ・・・。

F8ニュートン、10cmなら、いいでしょうが20cmだと振り回せないですねぇ(^_^;
休日出勤やる気ゼロなう

「50%ラインと緑色の線が半分くらいで交差」というのは良い目安になりそうですね。火星もディテールが分かりだして面白いです。うちはまだ死角にありますが、そのうち参戦します!

まだ経験値が低いので、ウソ書いてるかも知れませんが、
なんとなく、状態の良し悪しの目安にはなりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/73603486

この記事へのトラックバック一覧です: ニュートン惑星撮影実験してみた:

« レモン彗星_20180601 | トップページ | 朝になったら »